理想の薬剤師像と違い薬剤師辞めたい!やりがいがない!!

やりがいがなくて薬局薬剤師を辞めたいFさん

【年齢】26歳
【職場】中小薬局
【年収】500万円
【休み】普通
【人間関係】普通
【家庭】なし

薬学部6年制を卒業し無事国家試験も受かり立派な薬剤師になろうと決意したのも束の間、さっそく壁にぶち当たっている。と言うのも仕事を初めてすぐは覚える事も多く、大変な毎日を過ごしていたのだが、仕事にも徐々に慣なれだして薬局は同じ事の繰り返しという事を感じている。それに先日は患者が理不尽な事で腹を立ててしまい、なぜかこちらが謝罪するはめに。「さっさと薬だけを渡しとけばいいんだよ」と罵られる始末。
自分は6年間必死に勉強し薬の知識を活かして患者に感謝される様な立派な薬剤師を目指していたのだが、もはやその理想とは大きく離れてしまっている気がする。
正直薬剤師のやりがいと言うのが分からない。

やりがいなくて薬剤師を辞めたい人の解決策

「やりがいは自分で見つけるもの」のウソ

「どんな仕事でもやりがいがある。他人の役に立っている。だから自分でやりがいを見つけましょう」

と言われる事が多いですが、その言葉でやりがいを見つけて納得できた人はかなり少数派ではないでしょうか。

そんな言葉でやりがいが発掘できるのであれば、あなたはこんなにも悩む事はなかったでしょう。仮にやりがいを見つけようと自分を鼓舞しても、数日経てばまたいつも通りの日常に戻るでしょう。

 

それにあなたは薬剤師になるために薬学部を受験して薬学部に入学し、国家試験を受けて薬剤師になった人間です。つまり、他の一般職とは違い大学入学の時点からあなたは将来薬剤師として働く事は決めていたはず。それ故に憧れや自分の理想の薬剤師像がある中で、いざ現実社会においてそのギャップに苦しんでいるのは、他の職種には分かってもらえない事ではないでしょうか。

しかもこのご時世「薬剤師は就職も簡単で給料も良いし羨ましい」と言われる事もあるでしょうから、あなたの悩みは贅沢とすら感じられてしまうかもしれません。

 

薬剤師が求めるやりがいとは?

あなたはやりがいがある薬剤師の仕事がしたいと言います。では具体的にやりがいのある仕事とは何でしょうか。

学んだ知識を活用して患者への説明やドクターとの議論に活かすことでしょうか?
できるだけ多くの患者さんに薬剤師として感謝されることでしょうか?
薬剤師として十分な報酬をいただくことでしょうか?
毎日何かしらの刺激がある仕事をすることでしょうか?

 

おそらくあなたはこのどれか1つではなく、おそらくバランスを求めると思います。

もし仮に給料も安くて良い、休みもそんなにいらない、その代わり薬の専門的な知識を活かしてカンファレンスや疑義照会で医師と徹底的に議論したいと言うのであれば話は簡単です。どれか1つでもあなたが望む薬剤師像で突き抜けているものがあるのならば、それを目指した職場で働けばいいだけの話しになります。

しかし上で挙げた事のおそらくどれかが極端に欠けていてもダメ。バランスの取れたものを望むはずです。

そのため、今まさにあなたは今の職場を辞める事に二の足を踏んでいるのではありませんか?

 

このままではいけないと思いつつも下手をすると今よりも環境が劣化するかもしれないと感じているはずです。

 

これまでと違った事をするべき

ではどこかに転職を考えるとしましょう。普通ならばあなたの悩みならば真っ先に病院薬剤師をすすめられるでしょうが、個人的には在宅を行っている薬局がいいのではないかと考えます。

その理由として病院も当たり外れがあるため、病院と言えばどこでも薬剤師の知識を活かせるかと言えばそんな事はありません。もちろん不確定要素なのであまり否定的な事は言えませんが、唯一言える事は給料の面はあまり期待できないという事でしょう。

それならば薬局、それも在宅に積極的に力を入れている薬局をおすすめします。

 

在宅薬剤師をすすめる理由

まず薬局ならばある程度は給料の補償がされているでしょうから過度な不満が出る事も少ないでしょう。

それに在宅に行くと言うのは狭い薬局を飛び出して患者とより密な関係を築けます。おそらくこれまでルーティンで行ってきた薬剤師業務とはまた違った体験ができるのは間違いありません。

それに患者さんの家庭での状況を把握する事は、薬局内での問診だけでは把握できない色んな情報や経験を得る事ができますから、それを咀嚼して医師と相談する事で患者がより安全に安心して薬を服用できるための自分の知識の糧にも繋がるでしょう。

もちろん良い事ばかりではありませんが、環境に変化を与えるのではあれば今のあなたに最もベストではないでしょうか?

 

やりがいがない薬剤師への最終結論

今回あなたに在宅の出来る調剤薬局をすすめましたが一番大切な事は「環境を変えてみる」という事に尽きます。

その中で自分が納得するやりがいを求める必要があり、画一的に「病院ならやりがいがある」「薬局ならやりがいがない」という話しではありません。最悪、あなたはどれもやりがいを感じれないかもしれません。

 

ただ間違いなく言える事は、今求めるやりがいと数年後のやりがいと言うのは変わってきているという事

 

あなたの置かれている環境にも絶対変化があるでしょうし、それに伴って心境の変化も必ずあります。

ですから今漠然とやりがいを感じられないのであれば、一旦外の環境を見てみる事をおすすめします。必ずいい経験になるはずです。そしてその都度自分の求める薬剤師像を模索してはいかがでしょうか。

スポンサードリンク