薬剤師高額年収について

冬のボーナス直後!薬剤師の超高額求人は900万円!!

薬剤師の方も多くの企業で2017年冬のボーナスの支給が終わった頃ではないでしょうか。

薬剤師業界においては「転職のタイミングはボーナス後がベスト」と言われており、実際に高額年収の求人も多く存在します。

 

そこで今回はボーナス支給直後の薬剤師の高額求人を紹介していきたいと思います。

 

本当にボーナス支給後は薬剤師が辞めるタイミングでベストなのか?

普通の時期よりもおすすめなのか?

一体いくらの年収で募集されているのか?

 

気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

ボーナス支給後最高額の薬剤師求人はこちら

多くの薬剤師求人サイトを利用して検索した結果、2017年の冬のボーナス後の求人で最も高額だった求人はこちらになります。

年収はなんと

900万円です。

 

 

「年収600万円程度からはじまって将来的には900万円」といった類のものではなく、正真正銘年収900万円の給料を貰える求人になります。

場所は愛知県で調剤薬局での仕事になります。

ただ管理薬剤師の募集(調剤経験が3年以上)で残業代込みなので、細かい条件は確認が必要ですね。

こちらの求人はファルマスタッフでヒットした求人になります。



薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ

その他高額薬局の求人は多数

いきなり年収900万円は以上の1件だけでしたが、年収700~800万円スタートの求人は全国に多くありました

ここに羅列するスペースが足りない程多くありましたので実際に検索してみる事をおすすめします。

薬剤師の高額年収の探し方はこちら

薬剤師の高額年収を探すには「年収900万」が1番おすすめな理由

 

しかしその多くが東京や大阪以外の大都市を除いた地域での求人になり、やはり都市圏で超高額の求人を求めるのは少し難しいのかもしれません。

 

病院薬剤師の高額求人

では次は病院薬剤師の高額求人を紹介していきたいと思います。

今回最も高額だった病院薬剤師の求人は

年収600万円~1000万円です。

 

こちらは鹿児島県の求人になりますが、夜勤もなく17:30までの勤務となります。

鹿児島県の求人は比較的高額な求人を提示してある事が多いですが、この求人の様にはっきり年収1000万円までと提示してある病院薬剤師の求人はそうそうみる事が出来ません。

 

こちらは薬キャリでヒットした求人になります。



薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

東京の高額病院薬剤師の求人

しかし中には鹿児島で働く事が難しい都心の人も多いと思います。

そんな人は東京でも高額求人がありますので検索してみましょう。例えば

 

こちらは大田区の病院で年収700万円の求人です。

 

ただ東京薬剤師の求人は高くて年収700万円が限界です。多くが高くても600~700万円前後となっています。

調剤薬局ならばさらにプラス50~100万円といった所でしょう。

こちらはリクナビ薬剤師の求人でヒットしたものになります。

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

ボーナス直後の薬剤師の求人についてのまとめ

ボーナス直後は多くの薬剤師が退職するため求人が活性化すると言われていますが、実際にボーナス直前と比較してもやはり高めの求人が多くありました。

しかし全体が底上げされていると言った感じではなく、通常よりも50~100万円ほど高い求人が若干多めにある印象を受けました。

具体的に言えば年収700万円前後の求人の数が増えています。

 

そして実際に前回のボーナス直前で検索した結果では青森県の年収850万円~がもっとも高額だったことを考えると、今回の最高額の求人も通常よりも50万円アップされていることから、それらの印象はあながち間違いではないと言えるでしょう。

冬のボーナス直前!最高額の薬剤師求人は一体いくら?

 

ただあらゆるサイト上の情報で「薬剤師が辞めるならばボーナス後がベスト」とされていますが、もし本当に仕事が嫌で仕方がなく今すぐに仕事を辞めたいと考えている人にとってはさほどメリットがあるとは言えません。

それよりも今の環境を今すぐ抜け出す方が精神衛生上間違いなくメリットの方が多いと言えます。

ですから最終結論としては薬剤師が辞めるタイミングはボーナスに関わらずに辞めたい時にスパッと辞めるのが最もおすすめと言っても過言ではないでしょう。