薬剤師が自分の「市場価値」を簡単に知る方法

 

あなたは自分の薬剤師としての価値をどのように判断していますか?

 

豊富な知識がある、年収800万円をもらっていた、管理者経験があるなど薬剤師としての価値を図るものは沢山あります。

一方で「薬剤師の価値など不要。自分の仕事をこなすだけ」と言う方も決して少なくないでしょう。

確かにあなたの価値は周りに評価されるものではなく自分で決めるものと考える事も間違いではありません。

 

ただあなたがもし転職を考えた時に、あなたの市場価値はかなり大切なものになってきます。

現在、転職など1ミリも考えられない人でもおそらく多くの人がいずれ転職を経験します。生涯で1度も薬剤師として転職をしない人はほとんどいません。

ですからあなたもいずれは必ず自分の市場価値を知るべき時がやってきます。

 

ではそんな転職の時に大切な薬剤師の市場価値とは端的に言うと年収になります。

 

しかし自分に相応しい年収、つまり市場価値と言うのは実は誰も分かりません。

※もし「自分の年収は最低でも○○万円は然るべき」と思っている人は自分の市場価値を勘違いしている可能性が高いので注意してください

 

具体的な例を挙げましょう。

今の時代は薬剤師不足により「薬剤師免許があればどこでも働ける」と言ったことを鵜吞みにする人も多いです。

しかし残念ながら薬剤師免許は簡単にお金が手に入るプラチナチケットではありません。

例えばメーカー勤務でそれなりのポストにいた人間がいたとします。年収も高く社内の評価も高い人物。おまけにプライドも高い。そんな人物がいざ転職して調剤薬局での仕事を希望したとします。

そしてこれまでの自分の年収を考慮すると最低でも年収600万円は欲しいと思い、調剤未経験で600万円の職場を希望したは良いものの、全く使い物にならずにおまけに自分のキャリアのプライドが邪魔をして他の薬剤師と馴染むことができずに結局辞めてしまった、こんなケースは珍しい話しではありません。

 

つまり自分の市場価値をこれまでの自分の年収で語ったり、これまでの社内評価を誇るのは大きな間違いになるんです。

しかし自分の適正な市場価値を知るというのは大変難しく、客観的に把握するのは困難と言えます。

※これまでの職場での経歴や薬剤師としての能力、薬剤師免許以外の薬学的な資格などが必ずしも市場価格と比例しないのが薬剤師の仕事と言っても過言ではありません。

 

するともし転職を考えている際にネットの求人情報を眺めていると

「提示されている年収は○○円だが、果たして自分はそれに相応しいのか?」

はたまた

「それ以上を要求してもいいのではないのか?」

と疑問に思う人も多いと思います。

 

そして誰しもが自分の価値を高く認めて欲しい、つまり「高い年収が欲しい」と考えます。

 

 

薬剤師としての市場価値を知る方法

ではあなたが市場価値を知る唯一の方法をお教えします。

それは薬剤師の求人サイトを利用する事で自分の価値を把握する事が可能となります。

 

ただ多くの人は「転職をする気はないのにどうして求人サイトを使うんだ!!」と思われるかもしれません。

確かにひと昔前は、企業にあなたが応募するスタイルが主流でしたが、今では薬剤師の求人サイトが企業とあなたの仲介に入ってマッチングしてくれるシステムになっているんです。

 

すると転職仲介のプロがこれまでのあなたの経歴を客観的に見て、それを企業求人と照らし合わせて最もベストと思われる企業を複数あなたに紹介してくれる流れになります。

つまりあなたの経歴を投げかけることによって、あなたの現在の市場価値がどれ程なのか一目瞭然で把握する事ができるんです。

 

今すぐ転職しなくても問題なし

ただ中には「今すぐ転職しないのに求人サイトを使うのは気が引ける」と言う人もいるかもしれませんが、全く心配する必要はありませんので安心してください。

その際には求人サイトの担当の人に「長期で転職を考えているので今すぐの転職は考えていません。良い職場があり次第転職を考えます」とはっきり言えば、相手もあなたのペースに合わせて企業を紹介してくれます。

実際に自分の市場価値を知りたい人は、少なからず転職を考えている人になるとは思いますので、決して嘘を言っているわけではありませんから安心して利用しましょう。

そしてその際には「最も高い年収の職場を上から3つ程提示してください」と伝えてください。

 

お金を貰って自分の市場価値を知る方法

では実際にどの求人サイトを利用するかという話しですが、これが弱小の名の知れない求人サイトだとあなたの市場価値などは一切無視して適当に条件に合いそうな職場を紹介されるリスクが高まります

これは弱小サイトだけでなく大手でも担当によってはハズレをひく可能性もありますが、その可能性はやはり大手の方が極端に低いです。

ではそれらを考えて最もおすすめな求人サイトは「お仕事ラボ」です。

 

こちらは全国チェーンの調剤薬局が母体である薬剤師の求人サイトになっており信頼性も高いです。

そして何よりこのお仕事ラボの利点は「登録するだけで1万円がもらえる」という点になります。(ただし規定の人数に達すると終了みたいなので早めの登録をおすすめします)

 

自分の市場価値を知るのが目的であり、どうせ同じ登録する手間を考えるのであればお金を貰えるに越したことはありませんよね。

またお仕事ラボは仮に面接⇒採用と進んだ場合にはさらにお金が貰えるシステムになっています。



登録1万円キャンペーン他♪各種キャンペーン実施中!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)

 

中には登録する時に何を聞かれるのか不安な人もいるかと思いますが、その様な人はこちらも参考にしてみてください。

薬剤師求人・転職サイトの登録時に電話で聞かれる事まとめ!!

 

薬剤師が市場価値を上げる方法

あなたがいくら専門的な知識を持っていたとしても管理者をやった経験があるかないかで大きく評価は異なります。

例えば多くの人が転職先として選ぶ転職先が調剤薬局になりますが、管理薬剤師の経験があるか否かであなたの市場価値は格段に上がります。

ただここで重要な点は、あくまでも管理薬剤師としての責任を果たし他でも自信を持って管理者が務まるかという点です。

 

もしあなたがお飾り管理薬剤師で、本部が1から10までテンプレートを作成してくれる様な職場であったならば、もしあなたが他の職場で管理者となった際に困るのはあなた自身になります。いくら高い年収を貰う事になったとしても、今度はあなたの社内評価は最低なものとなるでしょう。

ですからもし手っ取り早く市場価値を高めたいのであれば、まずは率先して管理者の立場を目指すべきです。そして管理者としてのノウハウを直に身に付ける事が非常に大切になってきます。

もし先輩薬剤師が複数いるため、自分が管理者になるのは相当先だと言う人は転職するのも1つの手段と言えるでしょう。

薬剤師経験だけは長くて管理者経験がない薬剤師よりも、管理者経験のある薬剤師が重宝されるのが今の薬剤師業界では自然なことです。

 


にほんブログ村

スポンサードリンク