薬剤師が辞めたいパターン

利益優先!なんでもアリ!の薬局で悩む管理薬剤師へ

 

おそらくですが完全にクリーンな調剤薬局はほとんどありません。

大なり小なりグレーな事を行っているのが今の調剤薬局の世界です。

 

もちろんそこに「大も小もないのが当たり前」であり、もしあなたが管理薬剤師の立場であるならば、その薬局を適正に管理するのが大きな仕事です。

しかし長年の体質からなかなかそれを改善できずに悩んでいる現場の薬剤師も決して少なくありません。

 

そこで今回は利益を優先して会社の方針に納得がいかない葛藤を抱えている管理薬剤師の悩みを見ていきたいと思います。

 

会社の方針に不信感のある薬剤師Kさん

【年齢】32歳
【職場】チェーン薬局
【年収】550万円
【休み】普通
【人間関係】普通
【備考】管理薬剤師

薬剤師K
薬剤師K

今の薬局に転職して2年目、管理薬剤師をやらしてもらっている。

日々の業務に関しては大きなトラブルはなく、周りのスタッフとの人間関係も良好。

自分も薬剤師としてはまだまだな点も多いがある程度の事ならば対応できる自信もついている。

しかし問題な点がある。それは会社の体質だ。

会社は「患者第一」などと言っているが実際は利益優先。

不正請求や期限が切れた在庫の薬を使用したり無資格調剤、最近ではかかりつけ薬剤師の同意をろくに説明もせずに取らせる。

これまでの自分の薬剤師としての経験から言ってもグレーを過ぎて真っ黒な部分も多い。

この薬局を辞めるしかないのだろうか。

調剤薬局のグレーゾーン

昨今では無資格調剤や薬歴未記載が問題になりましたが、薬局において大なり小なりグレーゾーンな事を行っている薬局がほとんどではないでしょうか。

ただし問題は「グレーな事の程度」そして「なぜグレーなことをしないといけないのか」と言う2つになります。

 

もし一番の原因が求人をかけても薬剤師が入ってくれず、人材不足のために多少の御法度なことを仕方なくやっている状況がならば、もちろん良いことではありませんがまだ救いようがあると思います。

 

問題は最初から利益最優先で物事を考えている薬局、患者への健康被害が生じる可能性に直結する事も行っている薬局です。

 

この場合では薬局は次から次へと患者優先よりも利益優先で物事を考えていきます。

これは変わる事はありません。おそらく薬剤師の数が増える事もないでしょう。

利益優先の調剤薬局の罠

利益優先の薬局が一番お金がかかるのがそう人件費です。

つまりあなた方薬剤師のお給料になります。

 

しかしこのご時世では薬剤師の給料が安いと人を集めることができませんから、それなりの給料を提示する必要があります。

するとなるべく人件費を抑えるために調剤事務にグレーな事をさせる薬局も少なくありません。

 

ただいくら薬局に問題があったとしても残念ながら問題視されるのは会社ではなくあなたの正義感だと言う事。

 

会社としてあなたの様に真っ当な判断をする人間が会社の方針に反対する事は利益優先の面からして厄介な存在。

もちろん管理薬剤師をしてくれる薬剤師、売り手市場の薬剤師ですから、多少の反発くらいでは退職させる事はありません。

 

かと言って多少の反発で会社が何か変わるかと言われればそんな事はありません。

つまりあなたがそこで頑張っても意味がなく、何も改善されない可能性が非常に高いです

 

おそらくあなたはきっと正義感が強い人だと思います。

ただし全ての事を白と黒で片づける事が必ずしも正しい事ではないと知っている人。

「グレーな事は一切ダメだ」とも思っていないはずです。

 

ただそれを考慮しても目に余る薬局の体質に相容れないのではないでしょうか

おそらくこの溝は埋まる事はありません。埋まる時はあなたが利益優先の考えに染まってしまった時でしょう。

 

ですからあなたはなるべく早いうちに行動を起こすべきです。

あなたも利益優先な薬局の一員

では考え方は会社と全然違うあなたですが、会社と独立した存在かと言えばもちろんそんな事はありません。

あなたはその薬局の管理薬剤師なのですから、もし何か起きた時にはあなたの責任でもあります。

 

むしろその観点から言えば薬局内では最も加担した人物になっている状態です。

 

「自分はずっと悪い事だと思っていた」なんて事が聞き入れられるはずがありません。

あなたがその会社に属している限りあなたも共犯者でしかないのです。

 

最近ではハーボニーの偽薬を扱った管理薬剤師が管理業務を降ろされるなどの行政処分を受ける事態も発生しました。もちろん仕入れはその管理薬剤師の独断で行ったものではないでしょう。

しかし全国的にニュースにもなったこの事件に一番加担したとされるのはこの管理薬剤師である事は間違いありません。

内部事情がどうであろうと管理薬剤師はその薬局の管理者であることは変わりありません。

 

会社が罪に問われる可能性は低い

いくらグレーを通りこして真っ黒なことをしていても、おそらく薬局自体が社会的に制裁を受ける事はかなりレアなケースになると思います。

 

薬歴未記載問題でも無資格調剤でもあれだけ大きな問題だったにも関わらず、大きな行政罰は一切なし。返金程度で済まされる扱いでした。

あれだけ大きな事件になったハーボニー偽薬問題でも5日間の業務停止のみ。

 

それにあなたが保健所や厚生局に相談に行っても十分な対応をしてもらえない可能性もあります。

しかしあなたが行動する事で薬局は必ず対応を改めることになります。

 

おそらくグレーなことをやっている自覚はあると思いますので、もし簡単に監査が入るなどした場合はおそらく今の悪しき体制を見直すきっかけになる可能性も決して低くはありません。

 

ただしそれでも薬局内の体質が変わらない場合、あなたはもう一度深く一人の薬剤師として考え直すべきです。

1人の薬剤師としてどう考えるか

会社が制裁を下されたり、それにより薬局の管理者であるあなたも不都合な事が起きるかと言えば可能性で言えばそう高くありませんが、あなたは一人の薬剤師としてそれで満足でしょうか。

 

おそらくあなたは自分が罪に問われる問われない以上に、利益優先にして患者を第一に考えない腐り切った会社の考えを改めてもらい、薬剤師として当たり前の仕事だけに向き合いたいだけだと思います。

 

いくらあなたが自分が納得のいく薬剤師像を叶える事ができても、どこかで患者を利益を得るための手段として利用しているのであれば、それは社会的なモラル以上に1人の薬剤師としてもう一度自分を見つめ直す必要があります。

 

ですから結論から言えばその会社で働くのは一刻も早く止めた方がいいです。

 

もしあなたが今の職場で働き続ける上で一番怖いことはあなたがその環境に慣れてしまうことです。

 

ひょっとするとあれ程嫌だった利益優先という概念を自ら主張して、会社に貢献するようになるかもしれません。

ですからあなたの気持ちがそのままであるうちに転職を考えてみてください。

会社に何を求めてもおそらく変わる事はありません。会社はあなたが思っている以上に大きな存在です。

ですからそれに立ち向かう時は改善を求めずに退路を断って行きましょう。

自らが身を引く事が一番あなたのためになるでしょう。