薬剤師がやりがいを求めて転職すると99%失敗する理由

毎日の仕事に不満を感じて、やりがいを求めて転職する薬剤師も多いです。

しかし薬剤師がやりがいを求めて転職すると99%失敗します。

今回はそんな「やりがいを求めて転職を考える薬剤師」について触れていきたいと思います。

 

薬剤師のやりがいって何?

そもそも薬剤師にとってやりがいとは何でしょうか?

 

大病院で専門的な知識を発揮しチーム医療に貢献できる職場

患者からの信頼が厚く多くの人に感謝される職場

職場仲間からも頼りにされてバリバリ仕事をこなせる職場

年収が800万円の職場

 

いずれにしても薬剤師冥利に尽きることばかりです。

確かにやりがいもあることでしょう。

 

では、やりがいを追求しない薬剤師はダメかと言えばそんなことは決してありません。

むしろ大多数の薬剤師が特段やりがいを感じていないでしょう。

しかしどうしてこんなにも薬剤師はやりがいを求めて転職してしまうのでしょうか。

 

薬剤師はやりがいを求めて転職をする理由

薬剤師がやりがいを求めて転職する理由は2つあります。それは

 

他人からの評価を得たい

そして

ないものねだり

 

この2つの裏返しになるためです。

 

やりがいを感じる瞬間は人それぞれです。それは薬剤師にとっても同じこと。

それでも漠然としたやりがいを求めて転職をする理由は他人からの評価を得たいために転職をします。

 

しかしここでの「他人からの評価」というのは

患者や上司や周りのスタッフから自分がどの様に評価されるか

という点よりも

自分で自分を評価できないために、他人からの評価を求めてしまうため起こる結果になります。

 

もしあなたが自分で自分の仕事にやりがいを見出だす事ができるのであれば他人からの評価など一切気にしないはずです。

 

ここで2つのパターンの人物を紹介します。

 

Aさんは地域でも有名な大病院に就職し、自分の薬剤師としてのスキルを高めるため毎日遅くまで論文を読みふけり日々の薬学的な勉強を欠かしません。

Bさんは都市部のドラッグストアの店長を目指すため薬の知識よりもマネジメント・セールススキルを重視しています。

年収はAさんは350万円、Bさんは700万円です。

 

この2人は互いに同じ薬剤師であっても、その働き方に対するスタンスはほぼ真逆のものと言っていいでしょう。

しかしこの2人は自分の絶対的な価値観で仕事をしています。そこに他人からの評価はありません。

もちろん他人からの評価を一切気にしないはずはありませんが、少なくとも自分の価値観がそれを上回っているために、やりがいを求めて転職しようなどとは考えないでしょう。

 

あなたを満たせてくれる職場に出会う確率

もしあなたを常に満たしてくれるやりがいのある職場、つまり常にあなたを評価してくれる職場など世の中にはありません。

そもそもあなたを評価するために会社は存在していません。

 

そしてやりがいという「他人からの評価」そして「ないものねだり」で仕事をしていると、転職してもすぐにまた新たなやりがいを見つけ出してしまいます。

そしてあなたは「もっと評価されたい」「もっと違う事がやりたい」という視点から転職を考えているため、あなたを評価し続ける職場に転職できる可能性はほぼゼロに等しいです。

すると数年後、もしくは数か月で「自分が本当にやりたかったのはこんなことではなかった」と再び転職を考える羽目になってしまいます。

ではこの負のサイクルを断ち切るために必要なものは

あなた自身が他人からの評価を求めないやりがいを探す方がベストになります。

 

先程AさんとBさんの例を出しましたが、Aさんは薬剤師としてのスキルアップに絶対的な評価を見出だし、Bさんは役職としてのスキルアップを絶対的な評価としています。

では2人はそれぞれ互いのことを羨ましいと思うかと言えば、おそらく2人とも「興味がない」と答えるでしょう。

なぜならば2人はそれぞれ自分が他人から評価されなくても正しい評価を自分で下しているから

そして全てが手に入らないことを分かっているからです。

 

間違った転職の概念

転職する際にやりがちな事が総合評価を上げたいという願望です。

例えば年収・休み・労働時間の長さ・勉強になる職場など、総合的な評価のアップを求めて転職を考えがちです。

しかし現状ではそれを可能にする職場はほぼありません。もちろん元々平均点が低かった職場ならば話しは別でしょうが、基本的には総合評価が全てアップする職場など見つけることはできません。

そしてもし総合評価がアップした職場を見つけ、転職したとしてもあなたはやはり「ないものねだり病」が発症してしまう可能性も非常に高いです。

詳しくはこちらでも紹介していますのでここでは詳しくは触れませんが、全てが手に入らないと理解するのは大切なことになります。

 

 

しかし他人の評価から解放されるのは言ってみれば「これまでの自分を否定する」事になりますので、中々そう簡単に変われるものではありません。

ではそんな人はどの様な職場に転職するのがベストなのでしょうか。

 

それはお金を重視する職場です。

 

やりがい重視でもお金を重視すべき理由

お金とやりがいのバランスは必須です。

つまり他人から評価を求めるにしてもお金は絶対に重視しなければならないポイントになります。

 

例えば「湿布を出すだけ、ルーティンの毎日、やりがいがあるかどうかは分からないけれど毎月60万円もらっています」という人は言ってみれば高い年収がやりがいに繋がっています。

お金の力は偉大であり、世間一般の価値観で言えばあなたの評価は年収で判断されます。

すると他人からの評価を気にする人こそ、最低限の条件としてお金を重視する必要があるんです。

 

ここが守られている限り、あなたのお金に対するコンプレックスは絶対に安全です。

かたやお金を重視しない場合にはこのコンプレックスからは永遠に逃れられることはありません。

 

例えば「毎日勉強になる職場で働いています。だけど年収350万円です」となるといつか絶対に限界がきて転職します。

「お金は気にしない職場を選んだ」という人でも、ずっとお金のことに悩まされている人も少なくありません。

 

やりがいを求めて転職を希望する薬剤師へ

やりがいを見つけて転職を考えるのはナンセンスです。

それならば他人からの評価を考えない、絶対的な自分の価値観を持った方が薬剤師として良い人生を送ることができるでしょう。

そして転職で全てが手に入るとは考えずに、仮に転職するとしても最低限お金の面に着目して転職を考えましょう。

 

例えば具体的な例を挙げると、健康サポート薬局でおまけに高額年収の職場の求人なども出ています。

 

薬剤師の転職

※こちらは薬キャリからの求人になります。

 

ですからお金とのバランスを考慮できる職場も絶対に存在しますので、まずは自分を評価してあげられる職場を探し、なおかつお金を重視した職場をみつけてみましょう。

 

スポンサードリンク