薬剤師が辞めたいパターン

給料が安い病院薬剤師は子供ができたら転職するべきか?

 

もしお金が必要になった場合、あなたはどうしていますか?

お金を借りる、身の回りの物を売る、色んな選択肢がありますが、選択肢の1つとして給料の高い職場に転職するという人も案外多いのではないでしょうか。

 

特に薬剤師の場合は病院薬剤師と調剤薬局やドラッグストア薬剤師の年収は天と地ほどの差がありますので、もともと病院薬剤師の場合はより一層転職を考えると思います。

特に結婚・出産などのイベントの後は真剣に考える薬剤師が多いのではないでしょうか。

 

そこで今回はお金が必要になった時、転職を考える薬剤師について考えてみたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

家族が出来て給料が高めの職場に転職したい薬剤師M

【年齢】27歳
【職場】病院
【年収】380万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【家庭】アリ

薬剤師M
薬剤師M

社会人3年目の病院勤務の薬剤師。

最初は学生時代からの希望であった病院に就職した。

給料はそこまで高くないものの、しっかり勉強できる環境を求めて地元の中規模病院を選んだ。

病院の仕事は日々学ぶ事が多く、周りの薬剤師を始め様々な医療スタッフから薬だけでなく多くの事を学んでいる。

そしてなんとプライベートでは今年子供が生まれる予定だ。

仕事もプライベートも充実している中で満足と思っているが実は悩みがある。

それは収入に満足していないという点だ。

奥さんは薬剤師ではなく特に資格も有しておらず、今は仕事もしていない。

そうなると今後子供を育てていく中でやはり今の自分の収入では心もとない部分もある。

ただ、お金を優先して仕事を選んでいいのかという葛藤もあり真剣に悩んでいる。

薬剤師でもお金は超重要

お金を重視する事は今の日本において必ずしも肯定されない部分が多いでしょう。

「人と人との繋がりが大切」「仕事で一番大切な事はやりがいである」

などと言われますがはっきり言いましょう。

 

薬剤師でも一番大切な事はお金です

 

なぜならばお金は常にどの場面においても大きな選択の要素になってくるからです。

 

例えば給料も安い、人間関係も最悪、残業も多いが残業代も出ないという職場ならばおそらく悩んでまでその職場を続けようと考える人は少ないのではないでしょうか。

しかし仮に人間関係も悪い、残業も多いが給料は年収800万円という立場ならばおそらく悩む人も多いでしょう。

 

そんなあなたも今の職場環境でもし年収600万円程貰えていたのであれば、また悩む程度が違っていたはずです。

つまりお金はどの場面においても重要視されるもの。

つまりお金を軽視せずに自分の人生の中で最も高い優先順位に設定しても決して悪い事ではありません。

薬剤師がお金を重視する事は悪い事ではなくむしろ大切なことです。

それはトータルであなたが悩む要素を減らすためでもあります。

 

薬剤師の転職に不安はつきもの

とは言っても、これまでゼロから指導してくれた病院の薬剤師及び他の職種のスタッフに恩を非常に感じている中で、お金を優先して転職すると言うのは気持ちが良い事ではないのも納得できます。

 

ただあなたが今の職場を辞めて転職を考えるのに二の足を踏んでいる理由は、やはり転職する事への不安が大きいのではないでしょうか。

 

あなたは今病院薬剤師ですが仮に給料の高い調剤薬局に転職となると環境がガラリと変わります。

同じ薬剤師の仕事でも具体的な仕事内容は異なる面も多い事や、周りのスタッフとの人間関係なども不安です。

もしお金だけを考えて結果最悪な職場に就職する事になった場合は後悔する事になると考えるのではないでしょうか。

 

薬剤師の転職で悩む必要はない

しかしあなたはそれで悩む必要はありません。

まず人間関係がどうなるかという事は転職してみないと分からない話し。

もし仮に転職する事で今以上の良い環境に身を置く事になるかもしれませんし、仮に最悪な職場でも違う職場でやり直せばいいだけの話しです。

そこで一生を終える義務など一切存在しない訳で、転職してすぐにまた転職することは悪と考えないようにしましょう。

それでストレスを溜めてしまう方が問題です

 

それにあなたが転職しようとするきっかけはあなた自身の為ではありません。

家族の為の転職です

 

おそらくあなたが今の職場に継続的に働いても給料が満足がいくまで上がる見込みと言うのはほとんどないでしょう。仮にそこそこ貰えるようになったとしてもそれが20年先か30年先か分からない話しであり、将来の薬剤師の給料などは全く不透明。

 

それに言わずもがなお金の問題はあなたが転職すれば一気に解決する話しなので、本当はとてもシンプルな問題なんです。

ですから子供が生まれる事を機に、職場を変えると言うのは大変いいきっかけになるのではないでしょうか。

薬剤師が転職を成功させることで一番簡単な動機は実は「お金」になります。

お金の不安を取り除くにはお金で解決するしかありません。

 

そしてそんな不安なあなたも、正しい戦略をもって転職をすれば年収が今よりも確実に増え、なお且つ人間関係の不安なども最小限に留めることが可能となります。

あわせて読みたい
薬剤師転職
二度と人間関係で悩みたくない薬剤師必見!究極の転職方法を教えます 薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。 そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えてい...

詳しくはこちらも参考にしてみてください。

家族のためと分かっていても転職できない理由

人間「慣れ」が一番怖いもので、仮に給料がどれだけ安くてもそこにいる事が一番居心地よく感じてしまうものです。

ですからあなたの様に何か大きなきかっかけ、しかも自分のためではなく誰かのために動く動機があったとしても、実は行動に移す事は非常に難しかったりします。

 

しかしこの機会を絶対に逃してはいけません。

これを逃すと現状維持という「思考停止」を選択をし続ける可能性があります。

 

今回あなたに子供が出来てお金を重視する必要ができたのはいい機会です。

もちろん不安な要素もたくさんあるでしょうが、自分の為ではなく誰かのために行動に移す事ほど原動力になるものはありません。

それにもし仮に転職先が最悪な職場でも命を取られる訳でもなくそこで一生働く必要がある訳でもありません。

 

まずは第一歩を家族のために踏み出しましょう。

とにもかくにも100%お金の悩みは解決できます。