人間関係が悪くて薬剤師辞めたい

人間関係がいつも上手くいかず薬剤師を辞めたい

 

どんな職場に行っても人間関係が上手くいかない薬剤師の人も少なくありません。

ただし人間関係がうまくいかないからと言って薬剤師に向いていない事は絶対にありません。

今回は人間関係が苦手でいつも上手くいかない薬剤師の悩みを考えていきたいと思います。

 

毎回職場の人間関係に悩んでしまう薬剤師。

自分は薬剤師に向いていないと考える人は絶対に読んでください。

 

上手く周りとやっていけない薬剤師Mさん

 

【年齢】27歳
【職場】薬局
【年収】500万円
【休み】普通
【人間関係】問題あり
【家庭】アリ

薬剤師M
薬剤師M

薬剤師3年目。初めから調剤薬局に就職していたので薬局での仕事に関しては大分慣れてきた。

しかし大きな問題がある。

それは人間関係がうまくいかない事だ

しかも原因は周りではなく自分にあるみたいだ。

と言うのも薬局は3年目だが転職はすでに2回している。どちらも人間関係が拗れた結果退職したケースだ。

そして今の職場でもまた周りの薬剤師と揉めてしまった。

さすがに毎年のペースで転職するのは売り手市場の薬剤師業界と言えども気が引けてしまう。かと言って独立して開業する程の度胸はない。

もう薬剤師を辞めたい。

 

薬剤師は偏屈な人が多い

はっきり言って薬剤師は少し偏屈な人が多いです。

もちろん中には人間的にも薬剤師的にも立派な人は数多くいますが、相対的に見てどこか性格がねじ曲がっている人が多いのも事実。

そしてあなたもその1人かもしれません。

 

しかし人間関係が拗れた原因はあなたが100%悪いという訳ではないと思います。

争いは同じレベルでしか起きませんから、相手の方にも非がある場合も当然ありますし、あなたが正義の場合だって当然あったでしょう。

 

ただそれを考慮しても、あなた自身が自分に問題があると自覚しているのであれば、おそらくそれは間違いのない事実。

あなたは人間関係の構築がうまくできない人間なのでしょう

 

ただし仮にそうだとしても何の問題もありません。

 

人は簡単に変われないし変わらなくてもいい

よく人間関係で悩んだ時に言われるのが「相手のいい所を見つけましょう」や「相手が喜ぶ事をしてあげましょう」と言われたりしますが、ほぼ無意味です。

 

そもそもあなたがこれまで生きてきた20数年間の生き方や考え方が「たった1つや2つのアドバイス」で変わるのであればそれは奇跡、いやマインドコントロールの域に達する事態です。

 

そして人が簡単に変われないのは実践してみたあなた自身が一番良く分かっているはずです。

 

またあなたがいくら変わっても相手が変わらなければあなたのストレスは永久に続く事にあり、この問題は絶対に解決する事はありません。

そして相手はあなたの意識とは裏腹に、期待に応えてくれるとは限りません。

 

ですからあなたは自分の生き方や考え方を変えるよりも、もっとシンプルに自分が生きられる道を選んだ方がいいです。

自分も相手もあなたの意識で変える事は不可能。

それならば自分で自分らしく生きる道を選びましょう。

人間関係を捨てるのもアリ

「隣の芝生は青く見える」とはよく言ったもので、薬剤師の仕事においても他人の仕事環境や薬剤師としての働きぶりを見ると、うらやましく思う人も多いのではないでしょうか。

 

しかし薬剤師の仕事は決して輝かしいものではありませんし、みんながみんなやりがいがあるわけではありません。

 

ただ目にとまる他の薬剤師を見ると、薬剤師の仕事はやりがいもあって給料も高くイケてる仕事に見えてしまいます。

 

でもそれは間違いです。

薬剤師として働く事がつまらなくてもそれが本当は当たり前です。

仕事が楽しくない薬剤師が大半です。

世の中の労働者が仕事を楽しくないと考えるのは当たり前です。

それは薬剤師でも同じこと。

 

ですから職場の人間関係を捨てて、仕事は我慢するものとして割り切ってしまうのも1つの手段です。

薬剤師の仕事が楽しくなくても当たり前です。

仕事は仕事と人間関係を割り切るのもアリです。

 

しかしそれでも我慢できずに転職を繰り返す薬剤師も多いです。

その理由はなぜかと言えば漠然とした転職を繰り返しているからになります。

 

もちろんあなたはその様なつもりはないと主張するかもしれません。

ただしこれにはしっかりとした戦略が必要となるんです。

 

では具体的に人間関係で悩む薬剤師が選ぶ職場を紹介していきます。

 

薬剤師が人間関係で悩まないですむ職場

パターン①-1人薬剤師-

他に薬剤師がいない1人薬剤師の薬局や病院を見つけて就職しましょう。

1人であるならば周りの薬剤師と揉める事はありませんから、あなたの好きな様に仕事ができます。

 

ただ不安な点が、もし体調を崩したりした場合の代えの薬剤師がいるのか否か。

しかしこの点は、基本的に代えの薬剤師がいる所の募集が多いので、事前の面談の際にしっかり確認するようにしましょう。

 

そしてもう1つの問題が1人で仕事をまわせるのかと言うこと。

これが一番不安ではないでしょうか。

ただこれは全く問題ありません。

 

もちろん最初の内はバタバタする事もあるでしょうが、徐々に要領をつかんできますので絶対に慣れてきます。

もし仕事にも慣れたらその薬局を1人で自由にできるわけです。

 

はじめは大変に感じるかもしれませんが、あなたが最もネックである人間関係から解放されるのであれば、1人でやらなければならないプレッシャーはそうハードルが高いものではないはずです。

それに仕事を1人で回せるようになると言うのは一人の薬剤師としても大きなスキルアップに繋がります。

1人薬剤師は調剤薬局だけではありません。

もし探す場合は病院・ドラッグストアまで視野を広げてみてください。

 

パターン②-在宅中心の薬局-

こちらは在宅を中心にやっている薬局を選らんでください。

おそらくあなたは職場内では問題を起こすかもしれませんが、患者対応などは正しく行うのではないでしょうか。

ですから仕事のメインの時間を薬局内から患者宅に移すようにしましょう。

 

そうすれば職場内で揉める事も最小限に抑える事ができますし、スキルアップにも繋がります。

ただでさえ転職が多いあなたの武器としては必ず役に立つ時が来るはずです。

 

パターン③-独立開業-

あなたは自分で薬局をやる事はないと言っていました。

確かにこのご時世、薬局を開いてもジリ貧状態なのは間違いないでしょう。

 

しかしもしあなたが薬剤師と言う職業が本当に天職であり、職場内の人間関係は嫌だけれども薬剤師として人の役に立ちたいと考えるのであれば、初めから選択肢にない理由など1つもありません。

選択肢にないと決めつけているのはあなた自身です。

 

薬局は飽和すると言われながらも少しずつ増えています。

もちろんそれは大手だけではなく個人の開業のケースも多いです。

自分の職場を自分で作るわけですから他人の指示に従う必要などありません。

 

薬剤師として働かない

人間関係に悩んだら無理に薬剤師として働く必要はありません。

他職種の仕事をしてみるのもいい機会です。

 

それにそもそも「働かない」と言う選択を取るのもいいでしょう。

働きたくないのであれば一度ダラダラ過ごしてみるのもありです。

 

お金がなくなったら「短期の仕事をしてまた休むの繰り返し」と生活も悪くはありません。

これまで真剣に人間関係で悩んでいた分、一旦距離を置いてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
薬剤師辞めたい
薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません薬剤師免許を取得すると薬剤師として働くことが当たり前です。 もちろんMRや大学に残り研究職として働く人もいますが、それらの職業を生...

職場の人間関係で悩む事は当たり前

職場の人間関係が上手くいかないのは当然のことです。

むしろ人間関係で悩むことがない方がレアです。

大なり小なり人は人間関係の悩みを抱えながら仕事をしています。

 

でもそんな一般論はあなたには関係ありません。

大事な事は「あなたが悩まないで済むか」それだけです。

 

人間関係で悩む人は中途半端に考えてしまいます。

「次こそは新しい職場で人間関係を頑張ろう」と。

 

しかしこれは全く無意味です。

本当に大切なことはどれだけ自分のことを理解して、自分の身の置き所を選ぶかになります。

 

あなたは変わることはできません。そしてそれ以上に他人を変える事もできません。

 

もし自分に問題があると自覚しているのであれば、それを意識して正しい選択をしましょう。