薬局薬剤師を辞めたい!そして病院薬剤師として働きたい

病院薬剤師として勉強したい薬局薬剤師Oさん

【年齢】26歳
【職場】薬局
【年収】450万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】向上心高め

大学を卒業してから地元の薬局に就職した。大した理由はなく強いて言えば給料が高めと言うのが理由。仕事は当初覚える事が多く慣れるまで大変だったが徐々に慣れていった。しかし自分の薬剤師としての理想像と薬局の仕事は知れば知るほど溝が大きくなっている。何をするにも医者の許可が必要。軟膏の本数1本ですら疑義照会せねばならず、むしろその様な雑務での疑義照会が大半を占める。
自分は薬剤師国家試験に合格した時に、せっかく6年間も勉強したのだからその専門的な知識を使って人の役に立つような薬剤師になろうと決めた。しかしこのままではただルーティンをこなすだけの薬剤師で終わりそうだ。いっその事今の薬局薬剤師を辞めて、病院薬剤師へ転職して自分の追い求めていた薬剤師を目指そうか考えている。

病院薬剤師への転職を考える薬剤師の解決策

病院・薬局薬剤師の悩み

病院薬剤師は専門的な知識が学べる一方で給料が安いというジレンマを抱えている人がいる中、逆に薬局でも専門的な薬剤師としての仕事が十分に発揮できて、給料も十分に貰えている現状に満足していると言う人も多く見られます。
一見矛盾しているかのように思えますが、やはりその薬局の体質や近くの医者との関係性なども大きく影響していると言えるでしょう。

しかしあなたにとって薬剤師として活躍するには場所を薬局から病院に移す事がベストと考えているのであれば、まず選択肢として

今の薬局を辞めて他の薬局に移ると言うのは絶対に辞めましょう。

下手をすると「総合病院前でしっかり勉強できます」という薬剤師求人業者のキャッチフレーズに騙されて、ただ黙々と調剤をこなすだけの薬局になってしまう可能性も決して低くはありません。そして何よりあなたが病院を経験してみない事には病院薬剤師の現状を把握できないと言うのが大きいです。

 

理想の病院薬剤師

薬剤師が薬剤師としての専門性を発揮すると言うのは職場に関係なく1人で発揮できる場合もたくさんあります。

例えばあなたのおかげで患者のQOLが劇的ではないにしても、ほんの少し良くなるケースは重々にあり得るでしょう。

 

それに薬局薬剤師は医師の顔色を重視する必要があり全ての権限が医師にあると言うのも事実でしょうが、病院薬剤師もまた個人だけでは専門性を発揮する事は難しく、医師を含めた周りの医療スタッフとの連携や、巨大な組織の下で薬局以上に多くの制約に縛られる事もあります。

もちろん給料も安くなるのが一般的ですが、その反面勉強会が続いて帰りが遅くなったり、拘束時間が長くなるケースも十分考えられるでしょう。

初めは「自分が選んだ道だから」といって理不尽な事も受け入れる事が出来るかもしれませんが、それが邪魔をして自分を追い込んでしまう可能性すらでてきます。

 

病院薬剤師に転職すべし

だからこそあなたは薬局薬剤師を今すぐ辞めて病院薬剤師へ転職しましょう。

あなたはまだ20代です。薬局薬剤師に魅力を感じないその新鮮な気持ち、もっと自分の視野を広げたいと思う感情は今しか起きません。

おそらく年を重ねるごとに今以上に環境を変える事に重みを感じてしまい、しかもそれが他の薬局ではなく初めての病院となると余計に足かせになってしまいます。すると現状に満足したり、動けない立場になったりとあなたのその新鮮な気持ちを劣化させる要素はいくらでも湧いてきます。

 

あなたが今すぐに薬局を辞める必要性はないかもしれません。しかしそれは同時に何か辞めるきっかけがないと動く事ができないという事です。そしてそのきっかけと言うのはいつまで経ってもやってこない。ずっとモヤモヤした気持ちのまま今の仕事を続ける事になります。

ですから1日でも早く病院薬剤師へ転職を考えましょう。

仕事についていけないのではないか、自分の理想とする薬剤師が病院でも叶わないのではないかなどのデメリットを心配するのは後。

今の一番のデメリットはあなたが何もしない事以上のものはありません。

 

最終結論

自分の見聞を広げるために今の環境を捨てる。どう考えても悪い事ではありませんし、あなたの考えに対して反対する人はほぼいないでしょう。

しかしそんなケースですらも仕事を辞める事に抵抗を感じるのは仕方がない事だと思います。

初めの一歩を踏み出すのは凄くエネルギーが必要です

あなたと同じ様に悩んでいる人も実際はかなり存在する事でしょう。
ですから多くの人が何かの「きっかけ待ち」をしていて結局仕事を辞めれなかったり、時間が経つに連れて諦めがついたりする事も多いです。

もちろんそれも1つの答えです。

必ずしも転職を考えなかったら悪という話しではありません。しかし、ただ一度他の職場を経験するだけの話しです。それも同じ薬剤師として。

ですから仕事についていけないという事も心配ありませんし、給料も今は求人サイトで病院薬剤師でもそこそこの給料を提示する所も出ていますから、一度門戸を叩いてみるべきではないでしょうか。
その結果やはり病院薬剤師でも理想とする薬剤師としての仕事が出来なかったという場合は、再度自分の理想的な薬剤師の働き方を模索しましょう。また違った見方になっているはずです。

スポンサードリンク