一般的な転職理論について

給料重視で転職した薬剤師だけどきつくて辞めたい!

薬剤師が転職する際に最も重視することの1つが給料になります。

むしろ給料を度外視して転職先を決める薬剤師はほぼゼロと言えるでしょう。

 

しかしそんな高額な給料につられて、結果きつすぎて辞めたくなっている薬剤師も多いのではないでしょうか。

今回はそんな給料重視で転職した薬剤師の悩みを見て行きたいと思います。

給料優先主義で転職した薬剤師Uさん

【年齢】30歳
【職場】薬局
【年収】700万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】残業多い

薬剤師U
薬剤師U
薬学部を卒業してからずっと調剤薬局で仕事をしていた。

しかし半年前に一度転職をしている。その理由は給料が安かったからだ。

薬剤師1~2年目の時は多少給料が安くても不満なく仕事をしていたが、昇給も思った以上に見込めず同じ大学の薬剤師と比較しても給料が安い事を気にしていた。

もちろん給料は相対的な金額で見るものではないと分かっていても、同じ薬局の仕事をしていて数十万も差が開くのはどうにも我慢できない。

そこで思いきって給料を重視して転職した。

しかしそこは確かに給料は良いものの、1日数時間の残業は当たり前で当然残業代も無し。おまけに休日出勤を求められる事もしばしば。そして毎日が超ハード。

自分から選んで給料を重視したが本音は今の薬局を辞めたい

 

薬剤師がお金重視で考慮すべきこと

薬剤師の求人の中には他の求人と比べて頭一つ抜けて高い求人があります。

しかしながらそれなりの弊害も覚悟しなくてはなりません。

 

例えば今回の様に労働時間が長いケース

このケースは自分の労働時間を時給換算してみると結果たいして高くない給料である場合があるので注意が必要です。

 

あと高い給料の薬剤師の求人はほぼ昇給が見込めません

昇給分を最初の年収に組み込んでありますので、その時点がベストと考える方が良いでしょう。

そして管理薬剤師を無条件にやらされる場合もあります。

 

また不幸な事に2年に1度行われる診療報酬改定では事実上のマイナス改定が既定路線です。

すると企業としての収入は業務内容が現状維持でも自動的にマイナスの収入になります。

そしてそのマイナス分を補填するために、薬局ではより多くの処方箋枚数をさばく必要があったり、かかりつけ薬剤師の算定を行ったり、営業時間を延ばしたりとこれまで以上の労働が求められます。

 

また、薬剤師に高い給料を提示する企業は薬局としての利益を追求する所も多いですから、算定できるものは算定しようと加算をベタどりするスタンスの所が多いです。

時には理不尽な算定を行う事もあるでしょう。

 

例えば不要な患者にかかりつけ薬剤師の同意書を書いてもらうケースも多いです。

他にも本来薬局・薬剤師として容認できない部分も目を瞑る必要が出てくるケースも少なくありません。

 

ですから今あなたがお金重視で薬剤師の仕事を選んだとしても、これからさらに下り坂になっていきます。

単純に薬剤師の仕事としては今後さらに厳しい状態になる事はほぼ間違いありません。

 

薬剤師がお金を重視することは避けるべきか

ではあなたが将来的な事を見越してお金を重視する働き方はどうなのかと言えば間違いではありません。

むしろ正しい選択です。

 

仮にあなたがお金重視でハードな毎日を送っていたとしてもその経験はこれからの薬剤師人生において何かしらの糧になる事は間違いないでしょう。

もし管理薬剤師をやらされたとしてもきっとあなたの薬剤師人生においてトータルで考えてもプラスに働きます。

再度転職を考える際に最高の武器になるため、下手に認定薬剤師の資格を取るよりも就職には有利です。

 

それにお金の不満はお金でしか解決できません

あなたがお金を求めて転職したとするならば、あなたの悩みを解決させてくれる最適な手段である事は間違いないため、どんどんお金を求めましょう。

世の中には給料が高くても全くハードではない薬剤師の職場が存在します。

しかしあなたがその職場で働けないのは探し方を間違っているからです。

ですから今の職場に見切りをつけましょう。

これからあなたの理想とする職場の見つけ方を紹介します。

 

薬剤師が給料が高く楽な職場を選ぶ方法

しかし「給料が高いとストレスが溜まる事が多いのだろう」と思っている薬剤師も多いですが、ここで勘違いしてはいけないことが

給料が安い=ストレスが少ない

は必ずしも正解ではありません。

 

もちろん「給料がよくてストレスを溜め込んでしまっている人」もいますがそれも「結果論」でしかありません。

 

残念ながらお金の多寡にかかわらずストレスは抱えるものです

 

ですから目指すべき職場はお金を重視しながらストレスが少ない職場ですが、この条件を満たすためにも「給料のいい所で働く」選択肢は必須条件になってきます。

ただ「ストレスが少ない薬剤師の職場」を見つけるには不透明な部分も多く、明確な判断基準が存在しません。

つまりストレスの少ない職場とは探しようがないんです。

 

ただ色んな方法でストレスを最小限にできる薬剤師の職場があるので紹介していきます。

 

労働時間が短い職場を探す

労働時間が短いと相対的にストレスを受ける時間が少ないため、理論上はストレスの度合いを下げる事が可能です。

 

しかし多くの人は「労働時間が短いと給料は安い」と考えてしまい、この選択肢を取ろうとしません。

ただ、選び方次第によっては労働時間が短くても給料が高い職場を探せるので紹介します。

 

パート薬剤師として働く

正社員として働く事は言わば「定額働かせ放題」の面もありますが、パート薬剤師ならばその様な事はありません。

時間に応じた給料が貰えますので、パート薬剤師の選択肢もアリでしょう。

中には社会保険に加入したい人も多いと思いますので、正社員の4分の3以上の勤務時間を目安に働くようにしてください。

(正社員が週に40時間勤務なら30時間以上の勤務)

 

正社員薬剤師で勤務時間短め

正社員勤務として働きながらも労働時間が短い薬剤師としての働きもおすすめです。

例えば週休2.5日であったり、32時間勤務である職場も存在します。

時短薬剤師

 

これはほんの一例ですが水曜と日曜が休みで土曜日が半日の勤務です。

おそらく多くの人が週休2日なので、プラス0.5日と言うのはかなり楽に感じるはずでしょう。

 

ただこの場合は残業代が出るのか、残業は週にどのくらいあるのかなどをしっかり確認する必要があります。

毎日サービス残業を1時間以上しているのであれば週休2.5日は実質週休2日みたいなもんですからね。

 

では実際にどのようにしてこれらの求人を探すのかという問題ですが、時短で給料が高い働き方をするならばファルマスタッフが断然おすすめです。

探し方は簡単。以下にチェックを入れて検索するだけです。

ファルマスタッフ

※上の求人もファルマスタッフを利用して検索しました

 

そして「薬剤師求人サイトに登録しましょう」とよく言われますが、まずは手軽にネット検索する事をおすすめします。

もしネットで検索しても良い職場がなかった時や逐一探すのが面倒な人は登録も可です。


「ファルマスタッフ」

 

単純に楽な薬剤師の職場を探す

週に40時間勤務で調剤薬局での楽で高額な給料の職場を探す方法もあります。

実は「給料が高いから忙しいとは限らない」のが薬剤師の世界です。

 

例えば1日あたりの処方箋枚数を薬剤師転職サイトを利用して情報収集する。

そして診療科を把握したり年収の交渉を行ったりする事で、一般薬剤師で高額な給料で楽な職場を探す事が可能となります。

詳しくはこちらを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
楽な薬剤師の職場
薬剤師が給料が高くて楽な職場を探す方法 今回は薬剤師が楽な職場でおまけに給料の高い職場を見つける方法を紹介したいと思います。 薬剤師の中には 「バリ...

薬剤師がお金を選ぶ事の注意点

このご時世、薬剤師の職場は事前にある程度の表面的な情報収集が可能です。

しかし実際に働いてみると表面上の契約と異なる部分が多々ある場合もあります。

 

ですから実際に面接などを行って残業状況や残業手当、休日出勤や昇給などに関してはしっかり確認しておく事が大前提。

途中から契約時と話しが変わってきたのであれば辞める事も視野にいれましょう。

契約条件が実際と異なって辞めた場合、あなたは正当な理由で辞めたわけですからあなたの経歴に傷がつく事はありません。

 

そしてあなたが次の職場に求めるのはおそらく「休みがしっかりしている職場」になるかもしれませんが、最重要視すべき事は「バランス」です

給料・休み・人間関係等。しかしこのバランスは実際に体感してみない事には分かりません。

 

ですからどの項目も100点とまではいかないでもわかる範囲で75点を目指す様な職場を探してみてください。

そしてその際は給料と労働時間を特に重視して職場を探してみましょう。