年収高い薬局薬剤師だけど辞めたい~給料重視で転職したけど仕事がきつい~

給料優先主義で転職した薬剤師Uさん

【年齢】30歳
【職場】薬局
【年収】650万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】残業多い

薬学部を卒業してからずっと調剤薬局で仕事をしていた。しかし半年前に一度転職をしている。その理由は給料が安かったからだ。薬剤師1~2年目の時は多少給料が安くても不満なく仕事をしていたが、昇給も思った以上に見込めず同じ大学の薬剤師と比較しても給料が安い事を気にしていた。もちろん給料は相対的な金額で見るものではないと分かっていても、同じ薬局の仕事をしていて数十万も差が開くのはどうにも我慢できない。そこで思いきって給料を重視して転職した。しかしそこは確かに給料は良いものの、1日数時間の残業は当たり前で当然残業代も無し。おまけに休日出勤を求められる事もしばしば。自分から選んで給料を重視したが本音はもう今の薬局を辞めたい。

給料重視で転職した薬剤師の解決策

お金重視で考慮すべきこと

薬剤師の求人の中には他の求人と比べて頭一つ抜けて高い求人があります。しかしながらそれなりの弊害も覚悟しなくてはなりません。

例えば今回のあなたの様に労働時間が長いケース。このケースは自分の労働時間を時給換算してみると結果たいして高くない給料である場合があるので注意が必要です。

あと高い給料の求人はほぼ昇給が見込めません。昇給分を最初の年収に組み込んでありますので、その時点がベストと考える方が良いでしょう。また不幸な事に2年に1度行われる診療報酬改定では事実上のマイナス改定が既定路線です。すると企業としての収入は業務内容が現状維持でも自動的にマイナスになります。するとそのマイナス分を補填するために、薬局ではより多くの処方箋枚数をさばく必要があったり、かかりつけ薬剤師の算定を行ったり、営業時間を延ばしたりとこれまで以上の労働が求められます。

また、薬剤師に高い給料を提示する企業はそれなりの貢献を求めますから、算定できるものは算定しようと加算をベタどりするスタンスの所が多いです。

時には理不尽な算定を行う事もあるでしょう。

不要な患者にかかりつけ薬剤師の同意書を書いてもらう事もあるはずです。他にも本来薬局・薬剤師として容認できない部分も目を瞑る必要が出てくるケースも少なくありません。

ですから今あなたがお金重視で薬剤師の仕事を選んだとしてもそこが諸々のピークと考えるのがベストであり、単純に薬剤師の仕事としては今後さらに厳しい状態になる事はほぼ間違いありません。

 

お金重視は避けるべきか

では将来的な事を見越してお金を重視する働き方はおすすめ出来ないかと言えば必ずしもそうとは言えません。仮にあなたが今どうしてもお金が必要な状況であるならばお金重視でも構いませんし、ハードな仕事を体験する事もこれからの薬剤師人生において何かしらの糧になる事は間違いないでしょう。

また、年収を上げるために一番手っ取り早い管理薬剤師を目指す事は、トータルで考えてもプラスに働きます。給料重視の転職を考えた際にも、これまであなたが年収に対して不満があったのであれば、その不満を解消するには同じ職場で働き続ける限り不可能です。

ですから一度自分が納得がいくように年収の高い所へと就職を希望する事をむしろおすすめします

それに「給料が高いとストレスが溜まる事が多いのだろう」と思っている人も多いですが、残念ながらお金を重視していなくてもストレスを抱える事はよくある話しです。ですから給料が高い=ストレス度が高いとするのは間違いであり、給料が安い上にストレス度が高い職場も往々にしてありますので、それならば保険としてある程度の給料も加味する事に越したことはありません。

 

お金を選ぶ事の注意点

ただ漫然と給料を重視して職場を選んだ結果、仕事へのモチベーションが続くかと言われれば、残業や業務内容に対してのストレスの方が遥かに優ってしまう可能性があります。

仮に借金があったり、家族を養わないといけない状況であったりするのであればモチベーションを保ち続ける事が可能となりますが、今のあなたの置かれている現状の様に、特に目的がなくお金だけを優先して後悔しているのであれば身を引くのもアリだと思います。

そもそもあなたがその職場が好きで本気で貢献していきたいと考えた場合、多少の理不尽な事も許せるはずです。しかしその様な感情が一切湧く事がなく、ただただストレス・不満・愚痴が溜まってしまう場合には無理に続ける必要はないでしょう。

 

最終結論

このご時世、事前にある程度の表面的な情報収集が可能です。年収が高い職場には何かがあると疑ってかかったとしてもネット上の求人を見れば大体腑に落ちる所が多いのではないでしょうか。しかし実際に働いてみると表面上の契約と異なる部分が多々ある場合もあります。ですから実際に面接などを行って残業状況残業手当、休日出勤昇給などに関してはしっかり確認しておく事が大前提。途中から契約時と話しが変わってきたのであれば辞める事も視野にいれましょう。正当な理由ですからあなたの経歴に傷がつく事はありません。

そして次の職場に求めるのはおそらく「休みがしっかりしている職場」になるかもしれませんが、最重要視すべき事は「バランス」です。給料・休み・人間関係等。しかしこのバランスは実際に体感してみない事には分かりません。ですからどの項目も100点とまではいかないでもわかる範囲で75点を目指す様な職場を探してみてください。

スポンサードリンク