薬局だけど給料安くて薬剤師辞めたい

薬局なのに給料安くて辞めたい薬剤師Iさん

【年齢】27歳
【職場】薬局
【年収】350万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】転職なし

薬剤師になってからずっと同じ薬局で働いている。なぜ今の職場を決めたかと言うと深い理由はない。特に病院で働く程のモチベーションもないし、ドラッグストアではつまらなそうだから無難に薬局を選んだと言う程度の理由だ。
そして3年間働いてはっきりした事がある。それは給料が異様に安いという事だ。薬局は一般的に給料が平均より高いと聞いていたのだが、これだとあまりにも安すぎる。会社としては昇給をしっかり行う代わりにスタートラインの給料を低めに設定してあるという事だ。それに管理薬剤師になればさらに給料も上がると言う。しかしそれでも大学の同期と比べてもあまりにも安い。下手をすると給料が低いと言われている病院薬剤師の友人よりも安いのではないだろうか。このままの給料では不満が募るばかり。今の薬局を辞めたい。

給料が安い薬剤師の解決策

給料が安い薬剤師

一般的に薬局は新卒を確保するために周りの職場と比べて高めの求人を提示しています。他の大卒の初任給においてもかなり薬剤師は高めの給与設定です。一般的な大卒の初任給が20万円程度なのに対し、薬局薬剤師でまず20万円スタートの薬局はほぼ皆無でしょう。30万円は当たり前で中には40万円からそれ以上の初任給を貰う薬局も決して珍しいものではありません。ではなぜそんなスキルもない新人薬剤師でも高い給料を提示するのかと言うのは言わずもがな、昇給がほとんど見込めないからです。

特に薬局は厳しい時代に突入しています。そんな中で、仮に従来通りの右肩上がりの昇給が見込めるかと言えば決してそんな事はありません。スタートを低めに設定している薬局でも、昇給の上げ幅はこれから先縮小傾向にあるでしょう。

 

昇給メインの薬局の是非

しかしそれでも「長く勤め上げる事でメリットがあるのならば会社を信じる」と考える人もいるでしょうが、正直先の事は分かりません。それは薬局の経営的な面もそうですが、それ以上にあなた自身がその薬局で一生を終えるつもりがあるのかと言う事です。

薬剤師人生において、転職を1度もしない人はかなりレアなケース。おそらく人間関係の拗れや給与や休みへの不満から転職を考える薬剤師がむしろ多数を占めます。

そしてここで大事な点は薬剤師の最大のメリットとして、薬剤師が転職する事は他職種に比べてかなり有利だと言う点です。

しかも積んだキャリアをある程度考慮して転職する事が可能。現在、薬剤師の質を図る絶対的な指標と言うものは存在しませんので、要は薬剤師として働いていただけの事が経験とみなされ比較的優遇された年収を提示されたりします。

と言う事は同じ薬局で低い給料で昇給を重視して働き続けると言う事は、薬剤師のメリットを全く活かせていない働き方。おまけに10年後に、胃に穴が開くくらいのストレスを抱えたとしても、自らそれを手放す選択ができるでしょうか。せっかく昇給があるからと耐えて働いてきた職場です。おそらく我慢し続ける選択肢を選ぶでしょう。それならば初めから公務員の薬剤師を目指した方が、間違いない昇給・福利厚生・退職金であることは間違いありません。

 

あなたの会社への思い

しかし客観的な数字を見て「給与の未来がないから辞める」と言う訳でもないと思います。やはり最終的な部分はあなたが今の職場を好きか嫌いかと言う点に尽きるでしょう。好きならばある程度の不合理な事も受け入れられるかと思いますし、嫌いならば色んな不満な面が蓄積していくのではないでしょうか。これはあなたの主観が大きい判断材料になりますので、率直な今のあなたの気持ちを優先させる事がベストです。

 

最終結論

仮に今の職場が好きでも給料だけは納得いかないと言う場合は、一度給料の高い職場に転職してみましょう。あなた自身が納得する唯一の方法はそれしかありません。

今の職場が好きでも嫌いでもない人はそのままでも良いと思います。もし急にお金が必要になったり、結婚したり環境が変わったりした際は転職を考えるのもアリでしょう。

今の職場に不満が多い人は末期症状です。おそらく何をするにしても不満を感じるのではないでしょうか。それならば下手に不満を募らせる必要性はありませんから、一刻も早く退職しましょう。あなたが感じている不満は職場として改善して欲しい点でしょうが、それを良くしていく労力及び割に合わない給料を考えたら大人しく身を引くのが賢明です。

スポンサードリンク