人間関係が悪くて薬剤師辞めたい

薬剤師が抱える人間関係の悩みとは具体的に何?

 

薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由の1位が

「人間関係の悩み」となります。

しかし一口に人間関係の悩みと言っても非常に多くのケースがあると思います。

そこで今回は薬剤師が考える人間関係の悩みの具体的な例を紹介したいと思います。

 

職場に嫌いな先輩・上司がいる

薬剤師に良くあるのがこちらの「職場に嫌いな先輩がいる」状態。

一般的には先に入職している薬剤師を苦手とする事が多いです。

しかし場合によっては

 

調剤薬局ならば事務の方

ドラッグストアならば非薬剤師の店長

病院薬剤師ならば他の医療スタッフ

 

などとの人間トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

特に新人薬剤師の場合は出会う人ほとんどが目上の人になりますから、嫌いな上司や先輩が出来やすいものです。

 

また、薬局などの職場では狭い空間に少人数で仕事を行っているため「嫌いならば関わらなければいい」と言ったことも現実的ではありません。

それに相手は自分より立場上は上の人間ですからあなたが一方的に攻撃される場合が多く、そのストレスに耐えきれないで仕事を辞める人も非常に多いです。

 

仕事をしない上司、仕事ができない上司

薬剤師の職場は常に最低限の人数しか確保していない場合が多いです。

1人あたりの人件費が他の職種よりも高い事を考えると、やはり豊富に薬剤師をそろえることは難しいでしょう。

すると問題になってくるのが1人あたりの仕事の量

 

もし仕事が出来ない上司がいた場合には、その分のしわ寄せをまるまるあなたが被る必要が出てきます。

しかも薬剤師の評価とは難しいもので、未だに年功序列を重んじる所がほとんどのことを考えると、あなたは仕事量では上司のフォローを行い、その上司はぬくぬくと自分より高い給料をもらっている事になります。

かと言って抗議する事も難しいのではないでしょうか。

 

仕事を教えてくれない

入社したばかりの薬剤師は右も左も分からないことだらけです。

特に薬剤師免許を取ったばかりの新米薬剤師の方は何をしていいのか分からないことも多いでしょう。

「勝手な判断をして怒られたら困る、かと言って自分で判断して動かないといけない」この葛藤に悩まされます。

しかし薬剤師の中には仕事を全然教えてくれない人もいます。

人の命に関わる大事な仕事であるのに「見て学べ」というスタンスの方も一定数存在します。

また疑問に思った事を質問しても毎回虫の居所が悪そうに接される場合もあるでしょう。

 

どんな些細なミスも激怒する

薬剤師の仕事上ミスがあってはならないために、薬剤師同士のダブルチェックは基本です。もしあなたがミスを連発する方ならば多少お説教されても仕方がないかもしれません。

しかしほんの些細な間違えすらも指摘してきて怒り散らす人もいます

例えば共通のハサミの置く場所が違っただけで激怒する人や、自分のミスのせいなのに他人のせいにして周りにあたり散らす人など。

 

これは薬剤師の職場はメンバーが固定されていることが多く、これまで行われてきたことが「当たり前」になり過ぎてしまい、よそ者であったあなたが場を荒らすのが気に食わない人が多いため、あるいはあなたに怒りをぶつけやすいためです。

そして最大の理由は、もともとその人の性格が偏屈なのが大きな理由と言えます。

 

話しがかみ合わない

もともとの人間性が問題なのか、全く話がかみ合わない人もいる場合があります。

AかBの選択肢があれば自分と絶対に違う方を選択する人です。

 

あなたに対して悪気があるのかないのか分かりませんが、些細な意見の対立も積み重なれば

「あの人は自分を否定しかしない」と捉えられて関係が上手くいきません。

 

薬剤師の人間関係を円滑にするには

薬剤師の多くが悩んでいる人間関係の悩みですが、よく言われる解決法が

「自分を変えてみましょう」

という解決法になります。

人間関係の悩みは人と人との間でしか生まれませんから、まずはあなたが変わることで相手が変わるのを待つのも1つの手段として有効です。

 

しかし問題は

あなたが変ろうと思う理由の裏返しには「相手も変わって欲しい」という願望があることになります。

すると2つの問題が生じます。

 

1つはあなたは変わろうと努力しますが

自分を変えようと努力するにも相当の労力・忍耐が必要となります。

はっきり言って今のあなたの「変わろう」という感情はただの気まぐれに過ぎません。これを持続するのは大変難しいと思います。

 

そしてもう1つの問題は、あなたが変わっても相手が変わるとは限らないということ。

むしろあなたは努力しているのに相手がいつまでも同じ態度であるならば、それこそ根気強く気持ちを持ち続けるのは難しいのではないでしょうか。

 

もちろん、あなたの努力で相手が変わってくれたのであればそれに越したことはないでしょう。

しかし、あなたがいくらボールを投げても変わらない、変わる様子がない場合は無理に続ける必要はありません。

あなたがそう簡単に変われない様に、相手もそう簡単には変わってくれない事を念頭におく必要があります。

 

薬剤師が抱える人間関係の悩みのまとめ

職場に嫌いな先輩・上司がいる

仕事をしない上司、仕事ができない上司

仕事を教えてくれない

どんな些細なミスも激怒する

話しがかみ合わない

 

以上5つの薬剤師が抱える人間関係の悩みを紹介しました。

もしこれらの1つだけならば我慢できるかもしれませんが、問題はこれらの中のいくつかが複合しているケース。

このケースは地獄と言えます。

もし「もう限界かも」と思った時はこちらの方法を一度試してみてください。

悩んだ薬剤師が真っ先にやるべき1つのこと

 

そしてそんな職場を選ばないようにするためにはたった1つの方法しかありません。

ぜひこちらも参考にしてみてください。

薬剤師が人間関係で悩まない職場に転職するたった1つの方法