新人・新卒薬剤師はいつ辞めても良い。職場選びは自己責任ではない。

 

無事に薬剤師国家試験に受かりほっと一安心したのも束の間、今度は晴れて薬剤師として仕事をスタートし始めて慌ただしい毎日を送っている新米薬剤師も多いかと思います。

 

しかし中には

「先輩薬剤師からいじめられて仕事に行きたくない」

「自分が理想としていた職場とは違う。こんなの薬剤師の職場じゃない」

「まだ仕事に就いたばかりだけど毎日が憂鬱でもう薬剤師辞めたい」

と疲れ果てている新人薬剤師も多いのではないでしょうか。

 

しかし新人は最低でも3年は続けないといけないと言う事が頭にあるため、ひたすら我慢している新人薬剤師も多いと思います。

 

ただあなたはその様な事にとらわれる必要はありません。

 

新人薬剤師が辞めるべきタイミングや時期などはありません。いつ辞めてもいいんです。辞めたい時が辞め時です。

 

そこで今回は、新人薬剤師が最初の職場を辞めたいと思っても良いと言える重要な理由を紹介します。すでに仕事で悩んでいる、薬剤師を辞めたいと思っている新人薬剤師は参考にしてみてください。

 

新人薬剤師が今の職場を辞めれない理由

まず新人薬剤師が今の職場を辞めれない理由は大きく2つ。

1つは辞め癖がついてしまうのではないかと言う不安

1つは転職に不利になるのではないかと言う不安

この2つになります。

 

ではこの2つの不安が解消できれば、あなたは気兼ねなく転職できるのかと言えばきっとそう簡単な話しではないと思います。

その理由はなぜか?

それは今の職場を選んだの誰のせいでもない

「自分で選んだ職場だから」

「もし次の職場も嫌な職場だったらどうしよう」

と言う自己責任を感じているためです。

 

しかし安心してください。はっきり言いますと

あなたの最初の職場は完全に運です。

運しだいで良い職場、悪い職場が決まります。

 

そしてあなたが今悩んでいるのは運が悪かったと言えるでしょう。

 

これを自己責任として我慢するのか、運として割り切ることが出来るのかによって後のあなたの薬剤師人生にまで大きく影響する可能性があります。

 

自由と言う縛り

あなたは薬局・病院実習の場所は自分で選ぶことができましたか?

おそらく多くの人が大学が振り分けた薬局・病院での実習を行ったかと思います。そして実習でいじめられたり、実習をしっかり行わない実習先でもあなたは我慢して受け入れるしか手段はなかったはずです。

 

しかしいざ自分が薬剤師の免許を持ち、薬剤師としてはたらく時にはすべてあなたの自由です。

どこで働くのかもいつ辞めるのかもあなたの自由。ただこれはかなり大きな決断を要することになります。

 

しかしまだ薬剤師の免許も持っていない、さらに言えば国家試験に受かるかどうかも分からない段階で選んだ職場です。そんなあなたが選んだ職場の理由はせいぜい「大手だから」「給料がいいから」「何となく調剤薬局・病院」と言う理由の人がほとんどでしょう。

 

おまけに就職先の状況などは運しだいとなりますので、確かにあなたが自己責任で選んだ職場ですが、実際はあなたはそこまで責任を負う必要はありません。

 

考えてみてください。

あなたが

「自分でこの職場で働きたい!絶対にこの職場でないとダメだ!」

「この職場ならば例え多少の理不尽な事があっても我慢する」

と言う意気込みで決めた職場であればいいでしょうが、きっとそんな事はないでしょう。

 

新人薬剤師はいつ辞めても良い

しかし新人薬剤師なのにすぐ職場を辞めると言うのは良くない事だと決めつけて、大した理由もない最初の職場選びに自己責任を感じ、結果憂鬱な毎日を過ごして、最悪の場合取り返しの付かない事になる可能性すらゼロではない状況。

これで本当にいいですか?

悪いのはあなたではなく周りの人間関係や職場の方針ですよね。

 

もし中途採用で職場を吟味し、しっかり見学や現場の薬剤師の話しを聞いて、それでも悪い職場に入社してしまったのであればそれは自己責任と言えるでしょう。もしすぐに辞めた場合、辞め癖が付いてしまうのではないか、また次の職場が嫌な職場だとどうしようという不安もあるかもしれません。

しかし新人、特に最初に薬剤師として働く職場は運まかせ。

こんな理不尽な事であなたが精神的に追い詰められる必要は全くありません。

 

ですからあなたが新人薬剤師で、今の職場を辞めたいと考えていても無理に我慢する必要はありません。

下手に自己責任を感じて、辛い状況を我慢し続けて身体や心に影響が出てしまうのであればさっさと辞める事をおすすめします。

要は次の職場を間違いのない様にしっかり選べば良い話しです。

その際はぜひこちらも参考にしてみてください。

薬剤師が人間関係で悩まない職場に転職するたった1つの方法

スポンサードリンク