一般的な転職理論について

薬剤師の転職が楽な理由は「狭い職場」だから

 

薬剤師の中には転職する事に抵抗がある人も多いです。

「辞め癖がついたらどうしよう」「3年は続けろと言われているし」など理由は様々。

 

中には職場の人間関係で悩み苦しんでいる薬剤師でも

転職だけはしたくない

と大きな理由もなく転職を嫌がる人も決して少なくありません。

 

しかし薬剤師という職業は他の職種と比較しても断トツに転職しやすい職業なんです。

そんな中であなたが我慢して今の職場に居続けるのは薬剤師の最大のメリットを放棄している様なもの。

 

しかしそう言われても納得がいかない人も多いと思いますので今回はどうして薬剤師は他の看護師や医師よりも転職に有利なのかについて紹介していきます。

こんなに転職に有利な職業は他にはありませんので、もし今の職場からの転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

「薬剤師は転職しやすい」の本当の意味

「薬剤師は転職しやすい」と一言で言いましたが、ただ転職するだけならばはっきり言って今の人手不足の時代そこまで難しい話しではありません。

 

特に看護師や介護士などの資格を持っている専門職の職業ならばそのハードルはさらに下がります。

しかし転職する人が考えるのは「前の職場よりもいい条件」での転職を考える人がほとんどではないでしょうか。

 

例えば給料。転職する目的の多くはお金が関係するのではないでしょうか。

また人間関係を含めた働きやすさ。こちらも転職する理由として重要になります。

 

ただこれらの条件をすべて満たして転職をする事ははっきり言って難しいです。

そして薬剤師にとってもそれは例外とは言えません。もちろん給料も人間関係も良好な職場に転職する事は可能でしょうが、他の医療従事者と比較しても転職に断トツで有利とは言い難いでしょう。

 

薬剤師が医師や看護師よりも転職しやすい理由

ではどうして薬剤師が転職に医師や看護師よりも向いていると言えるのか?

その1番の理由は

薬剤師の職場と言うのが大変狭い空間での仕事になるからです。

 

しかし一般的に薬剤師の狭い職場と言うのはデメリットとして良く取り上げられますよね。

ただ実は転職に関して言えばこれほどメリットが大きい事はありません。

 

薬剤師の狭い空間がメリットの理由

例えば薬剤師とよく比較される看護師について考えてみましょう。

 

看護師の職場は多くが病院や診療所になります。すると必須になってくるのが言わずもがな職場の人間関係になります。

職場の派閥や問題のあるスタッフとの人間関係。またその職場独特のルールやスタッフの暗黙の上下関係を覚えるなど、本来の業務以上にそれだけで頭がいっぱいになるケースも後を絶ちません。

そしてスタッフが多い職場の看護師にとっては避けて通れないものになります。

 

またそれは医師も同様。もちろん給料は医師の方が遥かに高給ですが、医師の場合は職場のスタッフはもちろん、看護師との連携や患者との人間関係も必要になります。

 

しかし薬剤師の場合はこれが狭い空間であるために最小限に抑える事が可能です。

つまり薬剤師は多数の人に合わす必要がない、最小限の人間関係の問題だけがクリアできればいいことになるんです。そして最悪1人薬剤師の職場でも働くことができます。

 

人間関係に耐えられない薬剤師は転職すべし

薬剤師において最大のメリットはトータルバランスを考えての転職がしやすい。

そして薬局に関しては狭い空間で仕事が完結する点になります。

 

一般的にデメリットと呼ばれる狭い空間での仕事というのは大きなメリットになるんです。

ですからこのメリットを活かさない手はありません。人間関係に悩んだり人間関係に疲れた人はぜひ薬剤師の特権である狭い環境を有効活用しましょう。

 

ただしあなたが「年収」「休み」に力を入れて転職を考えてしまうと、同じ失敗を繰り返してしまうことにも繋がりかねませんので、次は必ず人間関係で悩まないで済む職場で働くようにしましょう。

あわせて読みたい
薬剤師転職
二度と人間関係で悩みたくない薬剤師必見!究極の転職方法を教えます 薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。 そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えてい...