薬剤師の恋愛・婚活

女性薬剤師がモテるために投資するべき2つのもの

 

女性薬剤師が自分磨き・自己投資として自分にお金をかけている場合もありますが、今回は

女性薬剤師が本当にモテるための正しい投資の2つ

を紹介したいと思います。

 

女性がモテるために良く言われるのが「自己投資にお金をかけましょう」「自分磨きにお金をかけましょう」と言われます。するとお金に余裕のある女性薬剤師ですからそれを実践するために美容に良い高めの化粧品を買ったり、高い服を買ったり、何か習い事を始めたりする人も多いのではないでしょうか。

はたまた友人同士でちょっと高級なイタリアンのお店で写メを撮ってインスタグラムに投稿し、健康的で心のバランスを保つと言ったお金の使い方もあるでしょう。

 

しかしこれらをそのまま鵜呑みにしても絶対にモテることはありません。それよりも遥かに重要なことは

女性薬剤師は真にモテるために正しい投資を行う必要があるからです。

 

では今回は女性薬剤師がモテるためには一体何にお金をかけるべきか紹介します。

モテたい・結婚したいと思っている女性薬剤師はぜひ参考にしてみてください。

 

女性薬剤師の平均年収はかなり高い

2015年 国税庁発表の「民間給与実態統計調査」によると

20代後半の平均年収は352万円となっています。ちなみに20代前半ならば252万円です。

 

そしてこれは男女含めた数字になっており、もし女性のみを算出したデータであれば

20代後半の女性の平均年収は306万円となっています。

これを女性薬剤師の方はどう思うでしょうか?

 

おそらく安いと思うのではありませんか?

 

「20代だからそんなものでしょ」と思う方もいるかもしれませんが、平均年収が右肩上がりの男性と違い、女性の年収の場合はなんと30代前半の307万円をピークに頭打ちの状態になるんです。

 

一方の女性薬剤師の新卒で考えると、決して年収が高いわけではない大手調剤薬局チェーンでも年収で400万円は貰える所がほとんどですから、いくら昇給が低いと言われる薬剤師でも平均よりもかなり高めの給料をもらっている事が分かります。

だからと言って女性薬剤師の仕事が激務かと言えば年収に対しては十分ホワイトの職場が多いと思います。ですから女性薬剤師の場合はこの年収が高い事はかなりの強みになります。

 

女性薬剤師がモテるために投資すべきもの

では次は具体的に女性薬剤師がモテるために投資すべきものを紹介していきたいと思います。

時間をお金で買う

女性薬剤師がモテるためにお金を投資するものそれは

時間です

その理由を紹介します。

 

薬剤師の20~30代は周りと比べて給料が高めになりますが多くの女性薬剤師が陥りがちな事が「休みが取れない」という仕事中心の生活になってしまうことです。

 

薬剤師の職場は常に最少人数で構成されている所も多く、いつでも自由に有休が取れたり残業がほとんどない職場の方が少数派と言えるでしょう。そうなると必然的に自分の時間よりも働くことを優先しなければならないため、お金はあっても時間がなくなるケースが多くなります。

 

その結果あっという間に20・30代が過ぎてしまいます。美容にお金をかけてもそれを披露する絶対的な時間がありません。

 

ですから本気でモテたい女性薬剤師が真っ先に投資するものは時間

特に20代30代の時間はむしろお金で買い戻したい程大切なものですが、時間を戻す事はできません。ですからまずは時間に投資するようにしましょう。

 

「時間に投資」とは具体的に休みがしっかり取れる職場に転職したり、正社員でも初めから休みが多めに設定できる職場を選んだりする事になります。週休2日だけが正社員ではありませんので注意しましょう。

休み重視の生活を考える際にはこちらも参考にしてみてください。

http://newpharmacist.net/zangyou-zero

 

出会いにお金をかける

しかし時間を確保したはいいものを、薬剤師にとっては大きな欠点が1つあります。

それは多くの女性が職場としている調剤薬局では圧倒的に出会いの場が少ないと言う事です。これは今さら言う事ではありませんが疑いようのない事実です。

 

するとせっかく時間にも余裕ができたとしてもその時間を無駄にする事になります。

そこで次に女性薬剤師がモテるために投資するものは

「人が集まる所に参加する」です。

 

具体的には何でも構いません。習い事でも趣味のサークルでもいいです。ただし男性も集まる様な場所である事を必須にしましょう。また今の時代ならば実際に足を運んで人が集まる場所に参加する必要もありません。例えば好きな音楽などをきっかけとしてSNSを通じて仲良くなったり、マッチングアプリを利用するのもいいでしょう。

 

特に有料のマッチングアプリは「わざわざお金を払う」というフィルターがかかりますのでより詳細なプロフィールであったり、安全性も確保する事ができます。

中でもwithなどのマッチングアプリはfacebookを利用して登録するのでより安全です。実際に医療従事者の利用者も多く、また飲み会1回分の値段で利用できるため遥かに効率の良い投資になります。そして男性の利用者が多いのもメリット。

(アプリ上では実名非公開で、すでにfacebook上で友達の場合は検索結果に表示されないため知り合いにバレることはありません)

安心安全「with」恋愛婚活マッチ

 

女性薬剤師に限らず、社会に出ると自分の時間も少なくなり出会いの場も減ります。

そんな時にも数カ月、数年に一度の出会いの場のチャンスがおそらく誰にでもあるはずです。しかしその貴重な場に全てをかけようとするのはあまりにも効率が悪いです。

それならばまず重要なのが「いかに打席に立つか」と言うこと

これ以上の事はありません。

そうなると必然的に自己投資に関しても大変効率の良いものを求める必要性が出てきますから、まずはお金と出会いの場に投資し環境を変えることから始めてください。

 

そして考え方によっては職場を変えてみるというのもアリです。

女性薬剤師
女性薬剤師が結婚するには理学・作業療法士の多い病院に転職すべし!女性薬剤師が本気で結婚したいと考えているのであれば はっきり言って調剤薬局はかなり厳しいです。 その理由を今さら一か...

 

女性薬剤師がモテるために絶対に言ってはいけない言葉

モテない女性薬剤師と対照的に、モテる女性薬剤師が言わない言葉があります。

それは「時間がない」「仕事が忙しい」という言葉です。

この言葉は自分に言い寄って来るけれど全く気がない男性を拒否するため以外には使ってはいけません。

 

モテようとする女性薬剤師は積極的に時間を捻出するために様々な努力をしています。例えば自分の時間を確保するための働き方を選択するのもその努力の1つと言えるでしょう。

しかしモテない女性薬剤師は仕事が忙しい事を盾にして守りに入ってしまう人が多いです。ただしこれでは誰も得をすることはありません。唯一得をするのはクリスマスも誕生日も文句を言わずに働いてくれると考えている職場の経営者くらいでしょう。

 

しかしあなたが大事な時間を職場に捧げる義務などは一切ありません。時間がない選択をしているのはあなた自身です。そしてあなたの貴重な時間は仕事によって切り売りされています。

 

時間は巻き戻す事ができませんし、後悔する事しかできません。ですからまさに今この瞬間からまずは「時間」に投資してみてはいかがでしょうか。