おすすめの転職先

薬剤師を辞めたい人の最後の砦!超意外な「あの職場」の理由

 

仕事が辛く人間関係も良くない。おまけに給料も高くない。今すぐ仕事を辞めたいと思っていてもなかなか薬剤師の仕事を辞める事は難しいですよね。

そして多くの薬剤師が大なり小なり悩みを抱えて1日1日を乗り切って過ごしているのではないでしょうか。

 

ただ中には限界がきてしまい、もう本当に薬剤師としてやっていく自信がない人も決して少なくありません。

 

そんな薬剤師を辞めたくて鬱になった、もしくは鬱になりそうな人で、薬剤師の仕事に限界を感じている人におすすめな職場があります。

それは「病院薬剤師」です。おまけに1人薬剤師をおすすめします。

 

「えっ!それは絶対にないよ!どうして病院なの?おまけに1人薬剤師は大変でしょ?」と思われた方。

その理由を詳しく紹介していきます。

どうしてあなたはいいように使われる薬剤師なのか

現在辛い状況で頭を悩ませている薬剤師の方も、今の職場に入職する当初は非常に歓迎されたことでしょう。

「よくぞうちの薬局に来てくれた」「これから頑張っていこう」などの前向きな言葉をかけられたと思います。

 

しかし釣った魚に餌をやらないではありませんが、あなたがもてはやされるのも入社して一時のみ。

その後は薬剤師免許を持った社員の一人でしかありません。

 

それもそのはず。残念ながら薬剤師の職場においてなくてはならない存在の人物と言うのは波風を立てずに粛々と仕事をこなす人物であり、そもそも薬剤師が1人でさばく処方箋枚数には限りがあり、客観的な評価を下すのは非常に難しいからです。

 

またあなたが会社の経営者や人事担当の人からいくら歓迎されても、現場の他の薬剤師から必要と思われるのかどうかはまた別問題だからです。

詳しくはこちらでも紹介しています。

あわせて読みたい
薬剤師転職
二度と人間関係で悩みたくない薬剤師必見!究極の転職方法を教えます 薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。 そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えてい...

薬剤師の悩みは結局人間関係

しかし仮に会社からの扱いが不当であったとしても、職場内の人間関係が良好であるのならばおそらく不満もそこまで募る事もありませんし、あなたが鬱になる寸前まで病む事もないでしょう。

 

ではどうしてあなたがひどく悩んでしまうのかはやはり人間関係のこじれに優るものはないと思います。

これは色んな業種で言われる事ですが薬剤師も同じです。

 

はじめは人間関係の問題に始まりそこで不満がつのり、その後もそれが劇的に改善する事は残念ながら難しいです。

人間関係の悩みが解決されれば、仕事上の悩みの9割は改善されたも同然です。

つまりはそれほど人間関係の問題は重要になってきます。

そして人間関係で悩んだ時点ですでに元に戻る事は難しいです。

 

それでも薬剤師を辞めれない理由

しかしあなたは中々薬剤師の仕事を辞める事はできないと思います。

やはり仕事を辞める事は大きなエネルギーを要しますし、何より環境を変えても果たして次が上手く良くか不安になるからです。

 

「転職して人生が変わった」と言う広告も良く目にしますが、あなたにそれが当てはまるかは別問題。

もちろん転職することでよりいい環境になる可能性もありますが、変わらないリスクを考えたり、新しい職場での様々な不安を考えると薬剤師を辞めると言う一歩が中々踏み出せないのではないでしょうか。

不安な時こそ正しい判断ができないものです。

頭で分かっていてもきっとあなたは行動できません。

 

もう薬剤師を辞めたいと思った時は転職

そしてそんなあなたもいつかは今の職場を辞める事になるはずです。

すると次の職場を決める前に「もう薬剤師という働き方自体を辞めたい」と考えてしまう人もいるはずです。

しかし薬剤師を辞める前に一度チャレンジして欲しい薬剤師の職場があります。

 

それは一人病院薬剤師を経験する事です。

 

では具体的になぜ一人病院薬剤師がおすすめか紹介していきます。

 

一人病院薬剤師がおすすめな理由

まず言わずもがなですが、病院にしても薬局にしても本来ならば薬剤師が常駐していなければならない職場です。

例えば調剤薬局に薬剤師が存在していない事はありえませんし、世の中にそんな薬局はありません。

しかし病院の場合、薬剤師が在籍していない所は実は少なくないんです。

 

特に地方であるならば薬剤師がいない状態の病院は意外と多く存在します。

薬剤師がいない理由は単純明快、薬剤師が集まらないからですね。

 

しかし病院としても薬剤師に薬の管理をしてもらう事は大変重要な事だと考えている病院がほとんど。

ただ調剤薬局の方が気軽で給料も高いイメージがあり、一方病院は難しそうで給料も安いイメージがあることでしょう。

 

そしてそんな状況であなたがもし病院で働いてくれるとなれば、これ程助かる話しはありません。

あなたは「病院の薬を管理する薬剤師として働いて欲しい」と期待される。

いち薬剤師としてこれほど喜ばしい事はないでしょう。

処方箋をさばくための数合わせで雇われるのではなく、本当に必要とされて働く。

この様な薬剤師としての働き方もアリではないでしょうか。

 

一人薬剤師が優遇されるもの

では働き始めた後のことを考えてみましょう。

もしやっと病院に薬剤師がきてくれた場合、おそらくあなたに辞めてもらっては困ります。

次はいつ薬剤師が来てくれるか分かったものではありません。

 

すると必然的にあなたに無理を強いる事はできません。

そもそもこれまで薬剤師不在でやってきたわけですから、もし薬剤師免許を持ったあなたが来てくれたのであれば、言ってみればあなたは薬剤師として最低限のことを行うだけで十分な可能性が非常に高いです。

薬剤師がこれまで不在だった歴史があなたに求めるハードルを極限まで下げてくれています。

 

それに一人薬剤師であるならば最大の問題となる他の薬剤師との衝突はゼロ

気兼ねなくあなたの思うままに仕事ができます。

 

もしこれが調剤薬局ならば例え1人薬剤師と言えどもやる事は決まっており、自由にする事はできないでしょう。むしろ一人薬剤師ではハードな職場が多いです。

 

必要とされる薬剤師の働き方

あなたが薬剤師として必要とされる。これ程嬉しいことはありません。

実際に一人薬剤師の病院を希望する薬剤師は決して珍しいケースではないんです。

ですからもし薬剤師なんか辞めたいと本気で悩んでいる人は、ぜひ一度一人病院薬剤師を体験してみてはいかがでしょうか。

 

もしそれでもやはり「自分は薬剤師に向いていない」と考えるのであれば、いっそ薬剤師を捨ててしまいましょう。

あわせて読みたい
薬剤師辞めたい
薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません薬剤師免許を取得すると薬剤師として働くことが当たり前です。 もちろんMRや大学に残り研究職として働く人もいますが、それらの職業を生...

薬剤師免許があるから薬剤師として働かないといけない「常識」などは決して存在しません。

あくまでも薬剤師免許は働く手段の1つですので、世の中のありとあらゆる仕事にまで目を向けてください。