女性薬剤師がモテるための料理に関する話し

 

女性薬剤師の皆さん、料理する事は好きですか?

料理は苦手だという人も、料理は得意という人も大勢いらっしゃるでしょうが、女性薬剤師は職業柄料理が上手というイメージを持たれている人も多いのではないでしょうか。

そしてそれに便乗して

料理が上手い=モテる

と思っている女性薬剤師の方も少なくないと思いますがそれは大きな間違いです。

 

そこで今回は女性薬剤師がモテるための「料理」に関して紹介していきたいと思います。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

男性は取りあえず料理を褒める生き物

まず最初に確認する必要があるのが、どんな料理を出されても男性は料理を褒める生き物です。

おそらくあなたの作る料理の美味しさは、おそらく極端に美味しい事もなく極端に不味い事もなく「普通」です。

しかし男性は十中八九美味しいと褒めてくれるでしょう。これは言ってみれば当然のこと。むしろ褒めない男性は社会人として失格です。はなから相手にしないようにしましょう。

 

料理上手な女性薬剤師がモテない理由

では仮にあなたが本当に料理上手で男性のハートを掴んだと思ったのであればそれは大きな間違いです。

と言うのも長い目で見れば確かに料理が上手・下手というのは大きな有意差が見られるでしょうが、今まさに恋愛をしようとしている男女においては無関係です。

好きな人が作る料理は美味しい。

好きじゃない人が作る料理も美味しい。

それ以上でも以下でもありません。

 

仮にも「料理が下手な美人はモテない」という事を聞いた事がある人はいるでしょうか。おそらくいませんよね。それゆえに「料理が上手だからモテる」のは間違いなんです。

 

薬剤師は料理に関しては圧倒的に不利

薬剤師と言えば衛生的で教養もある。おまけに理系女子は何だか料理が上手そう。

という印象を受けます。

つまり料理をする前にハードルを上げることに繋がっているんです。

おまけに致命的なことを女性薬剤師はおかしがちです。それは

「私、料理が得意」

と公言してしまうことです。

 

これは薬剤師に限った事ではありませんが、20代以上の女性は料理して当たり前と思っていること、そして料理が出来ればモテると思っているため、執拗に料理できるとアピールしてしまうことになります。

するとただでさえ料理ができそうな薬剤師が料理ができると自負しているのであれば、そのハードルはどんな踏切台を使っても越えられない高さにまで引き上げられてしまいます。

 

料理が出来ると言うデメリット

そもそも男性は

「料理ができる女性はウケがいい」と考えている事を知っています。

今どきの男性を侮ってはいけません。

それがアピール材料に使わている事は百も承知です

 

つまり料理ができるとモテると思っている女性が「自分料理できます」とアピールする事以上にあざとい事はありません。

 

女性薬剤師が料理に関して公言するべきこと

では女性薬剤師はどうすればいいのでしょうか。

その答えは「自分が料理が苦手」と公言してください。

 

「えっ、そんなこと言ったら嫌われるんじゃ・・・」

と思う必要はありません。先に述べたように料理どうこうで大きな影響はありません。

 

料理が苦手と言う事の利点

社会人の女性はほとんど「料理ができる」もしくは「人並みにできる」と主張します。

しかしこれはハードルを上げているだけに過ぎません。

ではあなたは料理が苦手とアピールしましょう。自分でハードルを下げてください。

 

「でも料理ができるのとモテるのは関係ないって言ってたじゃん」

と思われた方もいるかと思いますがズバリその通りです。素人が作る料理1つで人間の感情が大きく揺れ動くことはありません。

 

ただ料理ができると自負する女性で溢れかえっている世の中において、モテアピールにも使える(と思っている)料理を捨ててまで「料理が苦手」と言う女性の評価は、料理ができるという女性の数倍評価が高いです。おまけに本当は料理が出来たとしたらさらに評価は高いでしょう。

 

料理が「できない」ではなく「苦手」とすべき

料理をしない女性が最も恐れるのが「料理もしないだらしない女」とレッテルを貼られること。

そこで料理が上手・下手関係なく、女性薬剤師は料理が「苦手」としましょう

 

料理を「しない」ではなく「苦手」とするのであればあなたの料理に関するハードルはより一層下がり、料理をしないわけではありませんから、あなたがだらしないとの評価される事もありません。

 

最後に

いかがでしょうか。

料理だけで大きく影響はありませんが、料理を取り巻く発言等に関しては大きな意味を持つことが分かって頂けたかと思います。

ぜひ今後モテたいと思う女性薬剤師は料理に対して「苦手」と公言するようにしてください。

そしてそれに伴って最低限の料理はできるに越した事はありませんから、基本的な料理は練習しておくべきでしょう。

 

スポンサードリンク