新人薬剤師に告ぐ

新人薬剤師がツラくても辞めれない理由とその解決法

 

薬剤師として働いている中で、辞めたい程ツライ状況におちいる事が1度や2度あるかもしれません。

そして中には本当は辞めたいとしても中々辞めれずツライ状況が持続し、最悪の場合薬剤師として働く事だけでなく、日常生活にまで支障をきたす場合もあります。

 

またこの問題は薬剤師免許を取得してそこまで時間の経っていない新人薬剤師に陥りがちになります

おそらく、やっと薬剤師国家試験に受かり、希望を胸に社会に出た新人薬剤師の方は、まさか自分がその様な状況におちいるなんて夢にも思わないでしょう。

また現時点でその様な問題を抱えていない人でも、その問題に直面する可能性は決してゼロではありません。

 

そこで今回はそんな新人薬剤師がどうして自分に限界に気付くことができないのか

その限界の一歩手前で線を引くことができないのかについて紹介していきたいと思います。

 

そしてその解決方法も併せて紹介しますので、現在仕事がツラくて辞めたい薬剤師・しかし辞める事ができないと考えている薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

新人薬剤師がツラくても辞めれない理由

新人の薬剤師が仕事を辞めれない理由はさまざまです。

例えば「辞め癖がついたらどうしよう」と考えたり「新人なんだからツラくて当たり前」と自分をだましているなど。

しかしその程度の理由ならば、限界がきた時に辞めることに対してまでそれまで躊躇しないのではないでしょうか。

 

では新人薬剤師が仕事を辞めれない大きな理由の1つは何か。それは

他の同年代の薬剤師と比べてしまうからです。

 

ツラい新卒薬剤師は自分だけではないと考えてしまう

同じ職場の同期や大学時代の友人、さらにはネット上の他の新人薬剤師の情報は今の時代容易に収集できます。むしろあなたが望んでいなくても目に付くこともあるでしょう。

するとあなたは無意識的に他の薬剤師を自分と比較して見てしまうはずです。

 

人が少ないので休みがない薬剤師

膨大な仕事をこなし毎日残業をしている薬剤師

先輩にいじめられてツラくて仕方ない薬剤師

 

多くの新人薬剤師がツライ状況の中で頑張っていることでしょう。

 

しかしそんな他の薬剤師を見ると「自分も頑張らないと」と思ってしまいます。

例え自分が休みがなく毎日残業で先輩薬剤師からいじめられていようとも

ツラいのは自分だけではない

新人はツライことがあって当たり前

周りの新人薬剤師もツラいのは同じと考えてしまいます。

 

また、自分と同じようなツライ状況でも黙々と努力している他の薬剤師を見ると余計に頑張らなければと思ってしまいます。

 

しかしあなたが他の薬剤師と不幸我慢大会を行うメリットはなにひとつありません。

 

 

他人の薬剤師と比較して他人の限界を生きてしまう

あなたがツラい時に考えてしまう大きな間違い

他の薬剤師と自分を比べても何のメリットもない

ということを詳しく紹介していきたいと思います。

 

例えば他の薬剤師とツラい状況を比較することで以下の様に考える薬剤師の人もいるかもしれません。

「他の新人薬剤師が頑張っているのを見ると自分も頑張れる。勇気が湧く」

という人もいるでしょう。確かにその通りかもしれません。

 

しかし絶対に忘れてはいけないことがあります。

それは我慢や悩みの問題は100人いれば100通りの問題が存在します。

そしてそれに対応する耐性の強い・弱いも同じ様に100通り存在するんです。

 

すると他人がいくら自分よりもツラい状況で頑張っていたとしても、それであなたが今現在我慢し続けられるのかと言えば、これは全く別問題になるということです。

「あの人はこんなに頑張っているから自分も頑張る」

そう考えることは決して悪いことではありません。その向上心で高め合うことができればそれは大変素晴らしいことでしょう。

ただこれがどう考えてもマイナスな面における我慢比べになってしまっている場合、この場合はあなたはいち早くこの我慢比べ大会から離脱する必要があります。

あなたは自分の限界だけを考えてください。他の薬剤師の限界を生きる必要はありません。

 

自分はダメな薬剤師と思い込んで限界を見誤る

さらに他の薬剤師と比較して生じる最も大きいデメリットは

自分はダメなやつだ

と引け目を感じてしまう事です。

 

自分に引け目を感じてしまうと、どれだけあなたがツライ状況でもそこから抜け出そうとする気が起きなくなってしまいます。

なぜならあなたはツライ状況から逃げることは悪い事だと無意識のうちに自分にすりこんでいるからです。

 

「今の状況を抜け出したい。だけどそれは甘えであり自分が悪いんだ」

 

と思っているのであれば、ツライ仕事だとしてもそれに耐え続け、自分の限界をいつの間にか超えてしまうことでしょう。

 

ツラくて辞めたい新人薬剤師は自分の基準を持つべし

ではそんな新人薬剤師に伝えるべきことは1つ。

 

ツラくて辞めたい時は自分基準で判断しましょう。

 

自分の判断が正しいのか自分では分からない。だから他人にも肯定して欲しい。

この気持ちが強いため他の薬剤師の状況を見たり、誰かに相談したりしてしまいがちですが自分を基準にして判断するようにしましょう。

絶対に周りの状況を見て空気を読んだりしてはいけません。

 

ですからあなたがツライと感じた時であれば、仮に入社して1か月だろうと半年だろうと関係ありません。どんな理由で辞めたいと思っても関係ありません。

他人と比較する事なく自分の尺度で意志をはっきりしましょう。

 

そして実際に「仕事を辞める自分」と「仕事を続ける自分」を細かくイメージして、それでもこのままの状態で将来が見えない時はキッパリ仕事を辞めてください

 

では問題なことが次の職場はどうするのか?と言う問題ですが、これは必ず「あなたのことを必要としている職場」を選ぶ必要があります。

 

おそらくあなたは入社する前は「ぜひうちで働いて欲しい」と言うビップな待遇を受けたかもしれませんが、本当にあなたのことを必要としている人間は現場の薬剤師となります。

ですからあなたがもし次の職場を人間関係で失敗したくないのであれば、あなたのことを必要としている職場で働くようにしましょう。

あわせて読みたい
薬剤師転職
二度と人間関係で悩みたくない薬剤師必見!究極の転職方法を教えます 薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。 そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えてい...

 

もしくは仕事が毎日忙しく、休みも満足に取れないような職場である場合は今度は「休みを重視する職場」を探す必要があります。

あわせて読みたい
薬剤師の転職
薬剤師でも沢山休みたい!3日に1日休める職場を探す方法はこれ! 薬剤師の仕事を探す時に重視してしまうものが「年収」です。 しかし実は年収と同じくらい大切な事が「休み」になります。 ...

実際に薬剤師の職場では3日に1日休みの職場もゼロではありません。

 

毎日が憂鬱な場合でも、あなたの考え方ひとつでその毎日は変えることができます。

しかしその場合「いつ辞めるのか」「どの職場に転職するのか」この2つは非常に大切なことになりますので、自分の限界を越える前にあなたの理想とする職場への転職をおすすめします。