薬局や病院を辞めたい新人薬剤師に伝える大切な将来のこと

新人薬剤師の方も半年間が経ちそろそろ

「もう薬剤師辞めたい」

「今の仕事は続けられない」

と思っている頃ではないでしょうか。

 

しかしほとんどの薬剤師が今の職場を辞めることはありません。

大多数の薬剤師はそのまま仕事を続けます。もちろん最悪な環境は一切変わっていないとしてもです。

 

仮に新卒薬剤師として入社して間もない頃から

「今すぐ辞めたい」「半年経ったら絶対に辞める」

と思っていた人ですら、いざ半年経ってみてその気持ちが大して変わっていなくてもおそらく辞めることはありません。

ではどうして新人薬剤師が半年経っても仕事を辞めることができないのか?

今回はその理由について紹介したいと思います。

 

薬剤師を辞めたくても辞めれない理由

あなたが新卒薬剤師として入社して半年程度経ちました。

そして今は仕事を辞めたいと考えています。

しかしあなたは今仕事を辞めるという選択肢を選ぶことはしません。その理由は

仕事を辞めるメリット以上にデメリットを感じてしまうからです。

 

薬剤師の仕事を始めた半年というのは、仮にあなたが地獄の様な経験をしていようが鬱になろうが

世間の目からすれば社会人が始まったばかり。

 

もしそのタイミングで仕事を辞めるという選択肢を選んでしまったのであれば、家族や周りの親戚・大学の同期などからも

「あいつは根性がない」「もう仕事辞めたの?」

というネガティブな印象を与えてしまうと考えてしまいます。

そして周りからの目線だけでなくあなた自身も自分に対して自信を失ってしまうことでしょう。

 

また転職活をするとしても「すぐにまた仕事を辞めると思われる」と危惧してしまい、いくら売り手市場の薬剤師で引く手あまたの職業だとしても二の足を踏んでしまうのは必然になります。

さらに言えばあなたが今抱えている問題を果たして解決できるのかという不安もあります。

 

つまり薬剤師は仕事の選択肢が広い一方で、新卒薬剤師に関しては自由度が低い職業なんです。

 

一方、半年で仕事を辞める事のメリットですが

「もしかしたら」今の職場より楽ができるかもしれない

「もしかしたら」今の職場よりいじめられないかもしれない

と言った「もしかしたら」という不確定的な要素が多く、確実なメリットを挙げる事が難しい点になります。

 

かたや仕事を辞めるデメリットはその不確定要素が全てデメリットとして挙げられますので「仕事を辞める」という選択肢を選ぶのはかなり困難。

毎日何もせずに自動的にやってくる明日を待つ方が、辞めるといった行動に移すよりもはるかに楽になってしまいます。

 

薬剤師が辞めたいと思ったら辞めるメリットを本気で考えるべし

ではあなたはどう考え、行動すればいいのでしょうか。

その解決策の1つとして今仕事を辞めることのメリットに関して本気で考えてみることが挙げられます。

 

「職場でいじめられているけれど、仮に転職すれば今より悪くなることはない」

「今は単科門前薬局だからやりがいがないけれど、他には勉強になって給料も高い職場があるはずだ」

と、メリットを真剣に考えてみましょう。

 

そしてそのメリットは転職することのでのデメリットと比較すると必ずメリットの方が大きいものになるはずですから、それに身をゆだねるのも1つの手段になります。

 

ただ、それでもあなたは絶対に仕事を辞めることはありません。

 

今薬剤師で仕事を辞めないことのデメリット

どれだけあなたに辞めるべきだと言っても、それが響くのは心に余裕がある場合であり、なお且つ辞めるべきと言うアドバイスが心の真ん中に突き刺さるような言葉である場合でしか行動を移すまでには発展しません。

 

つまり極端なことを言うと何を言っても無駄だということです。

 

しかしあなたが一番最初に考えなければならないことがあります。

それは仕事を辞めないデメリットを考えることです。

 

例えば

20代のうちに転職を5回繰り返した人

20・30代は転職経験ゼロだが40代で5回転職を繰り返した人

 

問題なのはどちらでしょうか?言うまでもなく後者ですよね。

ただ今の薬剤師売り手市場の中ではそこまで問題にならないかもしれません。

しかし今20代の薬剤師が40代になった頃、おそらく薬剤師の需要は下がっています。

それに40代で転職を繰り返す事がどれだけ肩身が狭くなるのか想像もできません。

 

一方で20代に転職を5回繰り返したとしても、もし30・40代でほとんど転職をしなかったのであれば、転職回数はそこまで悪い評価にはなりません。

 

すると薬剤師が仕事を辞めて転職できるのはまさに「今」よりベストなタイミングはありません。

時間が経つにつれてそのデメリットはもはや想像以上のデメリットに成長してしまいます。

 

薬剤師を辞めるなら将来を考える

今仕事で悩んでいる薬剤師は「もし仕事を辞めてしまったら」という事に関し

下手に将来のことを考えて行動に移す事を躊躇してしまいます

 

しかし本当に将来のことを考えているのであれば今のうちに行動に移す以上のタイミングはありません。

 

現在職場で肩身の狭い思いをしている新人薬剤師、仕事が全くつまらない新人薬剤師の方、そして仕事が今とても楽しい新人薬剤師。

いずれにしてもあなた方は絶対に最低1回は転職します。絶対です。

すると今仕事を辞めるのを我慢するのも1つの選択肢ですが、そのタイミングを見誤っては将来後悔すること必至です。

ですから今薬剤師を辞めるべきか否かは、辞めることで得られるメリット以上に今辞めないことのデメリットを考えてみてください。

スポンサードリンク