おすすめの転職先

一人薬剤師は激務でキツイ!この考え方が180度変わる裏ワザ

 

あなたは今の職場環境に満足していますか?

 

どうしようもない先輩薬剤師

何度言っても言う事を守れない後輩薬剤師

何をしても文句をつけてくる薬剤師

 

この様な不満いっぱいの環境で悩んでいる薬剤師の方は決して少なくないでしょう。

ただ、もしあなたに薬剤師としてスキルが高めであるならば、そのような環境に身を置いていることは百害あって一利なしです。

 

ではそんな薬剤師の方におすすめするのが1人薬剤師という働き方です。

しかし1人薬剤師と聞いて不安なのが「1人薬剤師って大変じゃないの?」という不安ではないでしょうか。

 

「周りの薬剤師に干渉されず、すべて自分の判断で仕事を回せる。おまけに給料も良い」

しかしそれは十分知っている。

 

ただ1人薬剤師という未知の恐怖に今ひとつ一歩を踏み出せない薬剤師も少なくないと思います。

 

そこで今回は1人薬剤師でありながら、激務を避けてのんびり働きたい薬剤師におすすめな職場の見つけ方を紹介します。

 

周りの薬剤師に干渉されずに自由気ままに薬剤師として働きたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

1人薬剤師の薬局は決して少なくない

全国に58000件あると言われている日本の薬局ですが、近年は大手調剤チェーンやドラッグストアがM&Aを行い寡占化が進んでいます。

すると薬局はもはや大手が独占しているかと思いきや、実は大手10社が占める薬局の割合というのはたった15.8%しかありません。

 

つまり残りの約85%を占める、全国の多くを占める薬局は中小の薬局ということになります。

薬局業界の最新動向

 

すると1人薬剤師で薬局を回す中小の薬局の数は想像以上に多く、さらに大手ドラッグストアも調剤薬局併設の店舗数が増えており、その様な店舗は薬剤師が1人で勤務する所も多いです。

 

そうなると一人薬剤師の職場と言うのは少ない所かむしろ全国に多く存在するんです。

 

1人薬剤師が敬遠される理由

「1人薬剤師だけはやめておけ」

という意見を人伝に聞いたり、ネットで見たことがある人も多いと思います。

 

その理由として最も多い理由が

一人薬剤師は休憩時間が取れないほど激務である

という理由です。

この激務を経験したことがある人ならば、仮に給料が多少高くても絶対に他人に1人薬剤師を勧めたりしないでしょう。

 

しかしこれには注意が必要です。と言うのも

どうしてその薬局が1人薬剤師の体制をとっているのか?

という根本的な理由を知る必要があるからです。

 

つまり本来は1人薬剤師では全然足りないのに薬剤師がいないため1人薬剤師の体制をとっている場合。この場合はかなり危険です。

絶対に避けた方がいいでしょう。

また今回の話しには直接関係しませんが、少人数の薬剤師で高額の年収を提示してある求人もかなり危険です。将来的に1人でそれを回す可能性が出てきます。

 

しかし中には薬剤師の数が1人で足りる・薬剤師1人が適正な人数であるため、一人薬剤師という形式をとっている場合もあるんです。

ですから1人薬剤師を探すのであればそもそも薬剤師の人数が1人で足りる職場を念頭において探す必要があります。

 

楽で高額な1人薬剤師を探す方法

ではここから激務でなく1人薬剤師の職場を探すにはどうすれば良いのか紹介していきます。

そして1人薬剤師をするのであれば「高い年収」もセットであって欲しい人も多いと思いますので今回は

1人薬剤師でありながら仕事が楽で年収が高い職場

を探す方法を紹介していきたいと思います。

 

まずは多くの薬剤師求人サイトの中から1人薬剤師の検索に優れているエムスリーキャリを利用します。

(エムスリーキャリアにこだわる必要はありませんが断トツでおすすめです。その理由は一番最後に記載しています)

これを利用して検索条件を絞っていきます。

 

では最初にエムスリーキャリアの検索の欄にある

「高年収(年収600万円以上)」にチェックをいれます。

そして次に右下にある「条件を追加」という所をクリックしましょう。

 

すると「こだわり条件を選ぶ」というポップアップが出てきますので、その中から「一人薬剤師」「1人当たり処方枚数30枚/日以下」の2つにチェックを入れましょう。

 

 

これで「一人薬剤師」「高額年収」「楽な職場」の3つをカバーする事ができます。

そしてこの方法を取ると実際の1日当たりの処方箋枚数も明記されている所がほとんどになりますので、あとは処方箋枚数やメインとしている診療科などを参考に選べばOKです。

 

では実際に今回検索した中でおすすめな求人を軽く紹介していきます。

 

一人薬剤師で高額求人の職場

 

こちらは東京都港区の求人。

年収は650~700万円の調剤薬局の求人になります。

処方箋枚数は1日あたり20枚であり、皮膚科門前という事なので程よくのんびり仕事ができるのではないでしょうか。

 

こちらは神奈川県横須賀市の求人。

年収650~700万円の調剤薬局の求人になります。

処方箋枚数は20~30枚/日という事で、さらに内科や外科などの処方箋も取り扱っているため、薬剤師としてのスキルを持ちつつ1人薬剤師が良い人にはおすすめです。

 

 

こちらは福島県南会津郡の求人です。

年収はなんと850万円の調剤薬局の求人になります。

これだけ年収が高いので少し不安ですが、処方箋枚数は30枚/日で休みもしっかりあり、さらに残業も少な目なのでメリハリのある超高額求人を探している人にはかなりおすすめです。

 

1人薬剤師を探すのが難しいと言われる理由

一人薬剤師を探そうと思っても中々見つけられない人も多いですが、それは求人サイトが適切でない可能性が高いです

 

例えば薬剤師求人サイトは多くありますが、今回紹介したエムスリーキャリアのように「一人薬剤師」をこだわり条件として検索できるサイトはほぼありません。

 

そうなるとキーワード検索で「一人薬剤師」と入力して見つけるしかないんですね。

(ちなみに「1人薬剤師」よりも「一人薬剤師」の方が多くヒットするので、もし検索するならば一人薬剤師で検索しましょう)

 

ただそうなると元々検索装備が整っているエムスリーキャリアなどに比べて他のサイトは圧倒的にヒットする求人数が減ってしまいます。

実際に今回は「一人薬剤師」「高額求人」「楽な職場」の3つのかなりワガママ求人を探しましたがエムスリーキャリアでは100件以上は容易にヒットしたので、やはりネットを使って一人薬剤師を探すのであれば求人サイトをしっかり選ぶ必要性があるでしょう。



薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

もちろんいきなり薬剤師転職サイトに登録して「1人薬剤師で高額年収で処方箋枚数が少ない職場を紹介してください」と申し出るのも良いですが、それはいきなりハードルが高いという人はまずはネットで検索してみてはいかがでしょうか。

 

また今回検索して紹介した求人がなくなっている可能性も存分にありますので、タイムリーな求人を探したい人はぜひ実際にご自身で検索してみてください。