ムカつく薬剤師がいて辞めたい人は100%辞めた方がいい

ムカつく薬剤師がいても辞めれないGさん

【年齢】26歳
【職場】薬局
【年収】500万円
【休み】普通
【人間関係】最悪
【経歴】転職歴1回

以前働いていたドラッグストアを辞めて地元の調剤薬局に転職した。年収的にはそのままドラッグストアに残っていた方が良かったが、将来の事を考えて調剤経験も必要と思いこの度転職を決意した。

そしていざ入社した調剤薬局は自分を含めて薬剤師が4人(パートを含む)事務員が3人の薬局だ。

しかしそこで大きな問題を抱えている。

それは自分に主に仕事を教えてくれるのは常勤の薬剤師(管理薬剤師ではない方)なのだが、その人は自分が分からない事を質問しても「後にして!」と急に怒り出したり、些細なミスを鬼の様に指摘してくる。当然他の薬剤師が同じようなミスを起こしてもその様な扱いはしない。もちろん自分でミスを犯しても知らん顔。

おまけに自分が見えない所で影口を言っている様で、自分が近くに来たら急に話す事をやめる。管理薬剤師も見て見ぬふりだ。

自分が嫌われるような事をした心当たりは一切ない。ゆえに一方的に嫌われていることに対して怒りが込み上げて仕方がない。ただ自分の方が後から入り、仕事を教えてもらっている立場なのでグッと怒りを抑えている。

しかし毎日が憂鬱なため仕事にも行きたくない。早くこんな職場を辞めたい。

 

ムカつく薬剤師がいても辞めれない理由

今あなたは「辞めたいけど辞めたくない」状態にあります。そしてその理由のひとつに

「仕事を辞めるべきなのはトラブルを起こす人間である」という思いがあるためです。

 

あなたは自分に非がなくむしろ被害者であり、そんな自分が仕事を辞めるのはおかしいと思っているため、たとえ最悪な状況でも仕事を辞めれない・納得がいかないと考えているのではないでしょうか。

では前向きにその人との人間関係が修復できれば問題はありませんが、そもそもあなたは自分から問題を起こしたわけでもなく相手が一方的に自分に対して攻撃をしかけてくるためそれも難しそうです。

 

薬剤師の職場は年功序列の世界

薬剤師は狭い職場での仕事であると言われます。

そしてその中の序列は知識や経験が豊富といった点は一切関係ありません

 

最も重要視されるのはいかにその職場での勤務年数が長いか

言わばその職場での年功序列が影響してきます。

 

つまりあなたが気に食わないと思われた場合、後から入ったあなたは一方的に不利な状況です。

かと言って管理薬剤師にあれこれと頼むのも無駄でしょう。

社会は義務教育ではありませんから、あなたが明らかに理不尽な扱いを受けていてもその管理薬剤師が自らの立場を壊してまであなたの力になってくれない場合も多いです。

 

ムカつく薬剤師への反撃の仕方

薬剤師の職場は年功序列が絶対です。

後から入った新人が生意気そうにしていると格好の餌食になります。

そしてあなたに対してきっとこう思っているはずです。

「どれだけ文句を言っても大丈夫。自分が攻撃されることはない」と。

つまりあなたから攻撃されることはないと高を括っています。

 

ではあえて一度反撃しましょう。

「反撃」と言うと喧嘩になりそうなイメージがありますが、一度面と向かって

どうしてこんなにも自分に当たりが強いのか質問してみてください。

 

ただあなたの頭に血が上っている時に勢いで言ってしまうと単に「口ごたえしてきたな」と逆効果になりかねませんので、あなたと相手が冷静でじっくりと話しが出来そうな時に勇気をもって質問してみましょう。

 

「どうして自分の事をこんなにまで嫌うんですか」と。

 

辞める事は攻めること

しかし中にはそんな次元ではないくらい関係性の修復が困難な場合もあるでしょう。

そして最悪の場合風当たりがさらに強くなる場合もあります。

 

そんな時はもう辞めるしかありません。

 

「辞める」と聞くと何だか「逃げ」であったり「くやしい」というイメージが先行するかもしれませんが、もう一度よく考えてみてください。

 

確かに自分が辞めることに納得いかないかもしれません。そして相手が辞めるのを待つか徹底的に戦うのもアリかもしれません。

しかしひとつだけ言える事はあなたの薬剤師人生はまだまだ長いです。

長い目で見れば始まったばかり。

その中であなたが今の職場に固執する必要性は一切ありません。

 

もちろん嫌な思い出も振り返ると「ただの思い出」に過ぎない場合も多いです。

しかし今はその渦中にある状況です。そして今の影響が下手をすると将来にまで尾を引く可能性すら出てきます

 

今はただ運が悪くハズレをひいただけ。それを「納得がいかない」「自分は絶対に非はない」と思って抗い続けても結局損をしているのはあなた自身になりますから、その薬剤師に人生を狂わされる方が余程勿体ないです。

 

あなたが得られた大きなもの

そしてあなたは今回の経験から大きく2つの事を得られたはずです。

 

ひとつはあなたが薬剤師として働く環境の大切さ。

もうひとつはあなたに必要な薬剤師としてのスキルの大切さです。

 

あなたはじっくり職場を選んで今の職場に転職したかもしれませんが、それは表面上に見えるデータのみで選んだ職場だと思います。

例えば「年収はいくら」とか「休みはどのくらいあるのか」や「残業はあるのか」など。

しかし実際はその様な目に見えない情報こそが重要になってきます。ですから毎回話している通り、絶対に転職する際には面接だけではなく現場の見学を行うべきなんですね。

詳しくはこちらも参考にしてみてください。

薬剤師が人間関係で悩まない職場に転職するたった1つの方法

 

そしてあなたが薬剤師として働く上で大切な事は働く環境です。

「環境」とは何を指すのかと言えばストレスなく仕事をできる環境になるんですが、この環境は選ぶ際に「重視する」ものではなく「絶対に必須にのもの」になってきます。

例え給料が良くても、勉強になる職場でも、休みが多くても、ストレスに耐えてまで得られるもの失うものは決して等価ではありません。

間違いなく損の方が大きいです。

ここを軽く考えていると必ず同じ悩みを繰り返すことになってしまいます。

 

そしてあなたが職場で悩まない薬剤師になるために必須なものは自信です。

 

今回あなたはまだ経験が浅く、それ故にもし薬剤師一人になった時に不安になってしまった時はありませんか?

それはまだあなたに知識と経験がなく、それ故に自分に自信を持てないからです。

 

しかしあなたが学び続ける事はあなたにこの上ない自信を与えてくれます。

そうして蓄積したスキルはあなたにとって一生の薬剤師としての財産になります。これはどの職場であっても不変です。
もしあなたがどの職場で働く事になったとしてもです。

 

そして自分に薬剤師として自信がついた時に今の状況を思い返してみてください。

きっとくだらない事をやっていたと思い返すはずです。

 

本来ならば薬剤師として学んだ知識を最大限提供するのがあなたの仕事のはずです。悩むのはむしろそこだけでいいでしょう。

それを職場内のくだらない事にだけ浪費するのは本当に無駄な時間を過ごしたと思うはずです。

 

あなたに絶対に必要なこと

今回あなたは働く職場としては最悪だったかもしれません。

そしてどれだけ嫌でもきっとしばらくは今の職場を続けると思います。そして必ずいつか辞めます。

 

それならば今得られるものを最大限習得してから辞めていきましょう。

処方内容でも薬局独自の効率が良くなるような仕組みでも何でも結構です。得られるものが必ずあります。

くだらない人間関係はひとまず置いておいて得られるスキルを最大限学びましょう。

 

そして最後に忘れてはいけないのが辞める勇気について

 

何だかんだであなたが今の職場を辞めれないのは勇気が足りないからです。

転職する事はあなたにとっては大事かもしれませんが、世間にとっては何の影響もないほど微々たる変化です。

そこに無駄な労力を費やすくらいならばさっさと辞めて自由の身になりましょう。

きっと辞めたその日は最高の気分だと思いますよ。

 

もし転職する事で不利になると本気で考えている方はこちらをどうぞ。

誰も教えない「薬剤師には転職回数が関係ない」の最大の理由

 

 


にほんブログ村

スポンサードリンク