他の仕事がしたくて薬剤師を辞めたい

薬剤師を辞めて他の仕事をしたい薬剤師Kさん

【年齢】26歳
【職場】薬局
【年収】400万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】転職経験なし

薬剤師になって2年。職場での仕事にも徐々に慣れだしてきた頃だが今すごく悩んでいる。本音を言えば薬剤師を辞めたい。その理由は本当は薬剤師ではなく他の仕事をしたいからだ。昔からファンションに興味がありアパレル関係の職に付きたかった。しかし両親は、この時代手に職があった方が良いという事で薬学部進学を進めてきたため、仕方なく薬学部に進学する事になり薬剤師の免許を取った。今となっては確かに職場もどこにでもあるし、給料もそこそこ貰える仕事であるため両親には感謝しているがそれでも人生一度きり。自分が後悔しないような生き方をしたいと思っている。ただ、今薬剤師の仕事を離れる事はキャリア的な面や収入的な事を考えるとやはり二の足を踏んでしまう。

薬剤師以外の仕事をしたい人の解決策

薬剤師を途中で辞めた場合

薬剤師を途中で辞めた場合にあなたが色んな面で不安を感じるのも分かります。

例えば薬剤師としてのキャリアアップにしても、大事な20代の時期を離れるわけですから同期の薬剤師との差は開く一方。それに復帰した時にも元通りに薬剤師として働けるのかと言う不安もあるでしょう。

また正直薬剤師ほど職場や給料が優遇されている仕事もそうはありません。

ですからあなたが他の職種に転職した際には給料面はもちろん、その他の労働条件等を含めての冷遇に驚愕することでしょう。おそらく薬剤師自体以上に過酷な労働条件で給料は3分の2もらえれば御の字ではないでしょうか。

そうなると薬剤師を辞めて他の職種で働く事はデメリットが大きいと思われるかもしれませんが、実はそんな事はありません。

 

薬剤師を辞めても問題ない

そもそもキャリアアップの問題ですが、女性の場合には出産・育休で仕事を離れる時期がやってくる人も多いでしょう。すると自然に1年近くは現場を離れる事も珍しい事ではありません。

また続けて子供が生まれる場合などは過去3年間の間は仕事をしない期間の方が多い場合だって出てきます。

それにもともと薬剤師免許を使わない職場、例えばMRや製薬会社の研究職の方などは現場での経験がゼロです。その様な人でも30歳を過ぎてから薬局で働く人も大勢いる訳ですから、薬剤師としてのキャリアに拘る必要もありません。

 

そして仮に薬剤師以外の職種に付いた時の待遇ですが、確かに労働条件としては薬剤師時代に比べると厳しい面が多いでしょう。

特に給料。

 

薬剤師の時給で言えば2000円を下回る所は逆に珍しいくらいですが、多くの職種ではいきなり給与としてこれだけの額を支払われる事はありません。

しかしお金はいったん置いておきましょう。

 

あなたが自分でやりたい事を選んでレールを外れてまで行っている仕事になるので、全てを求める事は現実的ではありません

おそらくそこにまで労働者としての待遇を重視するのであれば、はっきり言って薬剤師を続けていく事をおすすめしますが、おそらくはそんな待遇も乗り越えて自分がやりたい事に没頭できるのではないでしょうか。

 

薬剤師を辞めてまで好きな事をすすめる理由

なぜ薬剤師という安定のレールを外れてまで他のあなたがやりたい職種に就きたいかをすすめるかと言いますと「まず最悪の場合の保険がしっかりしている」「再度また薬剤師を再開すればいいだけの話し」と言うのも大きいですがそれでけではありません。

 

例えば「自分のやりたい事をやってみて、ダメならまた戻ってくればいい」という事は口では非常に簡単に言える事でありそんな事はあなたが一番良く分かっているはずです。

しかし実際にあなたがいざどうしようと悩んだ場合、おそらく結論は出ないまま毎日を過ごす事になり、気が付くと年齢を重ねて責任も負う立場になり、身動き取れない可能性が非常に高いです。そして何もせずに自然とあきらめる事になるでしょう。

ですからどんなに保険をかけていようが、やはり一度レールから降りると言うのはかなりのエネルギーを必要とするんです

 

しかしそれでもあなたが「自分のやりたい事をやる」と言う選択肢を選んだ時、おそらくあなたは強い決心をしていると思います

生半可な気持ちで、興味本位だけで薬剤師の仕事を辞めて他の職種を始める訳ではないでしょう。

そしてその決心で決めた事におそらく多少の後悔はあっても、チャレンジして良かったときっと思うはずです。

 

ですからあなたがどれだけ周り何を言われても、結局判断するのはあなたであり、あなたの意志の強さになるんです

そんな時に「絶対に薬剤師を辞めない方がいい」という意見はあなたの意志に対する邪魔者以外の何者でもありません。

 

薬剤師を辞めて他の仕事をしたい人への最終結論

世間的に楽な仕事だと言われている薬剤師であっても、当事者しか分からない苦悩があります。ましてや薬剤師という安定した職に就いておきながら、それをいったん離脱する事に周りの納得を得られない場合もあるでしょう。

しかし長い人生においてレールを外れるのもいい経験だと思います。

それにあなたが薬剤師でなかったならばおそらくこの様なチャレンジする事のハードルは2倍・3倍高くなっていた事でしょう。ですから後悔しない様に自分の人生を全うする様に生きてください。

薬剤師免許があるからと言って薬剤師として働かないといけない理由は1%もありません。

 

スポンサードリンク