薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません

薬剤師免許を取得すると薬剤師として働くことが当たり前です。

もちろんMRや大学に残り研究職として働く人もいますが、それらの職業を生涯続ける人は大変珍しく、最終的に薬剤師免許を使った調剤薬局や病院薬剤師で働く人も少なくありません。

 

しかし中には「本当は薬剤師免許を使った仕事 はしたくない」という人も少なくありません。

そこで今回は、薬剤師免許を使わない働き方について考えてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師免許があると薬剤師として働く理由

新卒で企業や研究職などの非薬剤師として仕事をしていた人も、いざ転職するとなるとほとんどの人が薬剤師として仕事を行います。

その理由として多くの理由が挙げられますが、その中の1つに

転職するのが容易だから

という点が挙げられます。

 

今の時代、仮に薬剤師でないとしても転職する事が厳しい時代とは言い難いかもしれません。

ただそれでも条件次第と言えるでしょう。

 

もし20代・30代前半で何のスキルもない人材の中途採用で年収500万円を保障され、おまけに全国どこでも働けるという条件はかなりの好条件になります。これだけ楽な転職はありません。

そうすると他にやりたい事があるならば別ですが、わざわざいばらの道を歩む必要はなく、多くの人が当たり前に選択しているように薬剤師として仕事をすることを選ぶのではないでしょうか。

 

しかし薬剤師免許を持っている人が必ずしも薬剤師として働くことに抵抗がないかと言えばそれはNOと言えます。

「薬剤師として働きたくない」という意志から、新卒で非薬剤師の道を選んだ人も決して少なくないでしょう。

 

何も考えないのであれば薬剤師が一番

もし特に大きな理由もなく薬剤師としての働き方を避けてきた人は、そのまま何も考えずに薬剤師として働くべきです。

 

そして

自分に能力がない・仕事ができない人

も絶対に薬剤師として働くことをおすすめします。

 

薬剤師が仕事をする上で一番重要な事は当然ですが「薬剤師免許があること」になります。

つまり薬剤師としてのスキルは二の次であり、あなたが薬剤師免許を持っていればそれだけで重宝されます。

 

大変能力が高く優秀だとしても薬剤師免許を持っていなければただの人です。

服薬指導をする事もできませんし、OTC薬を販売することもできません。

薬剤師が好待遇なのはあなたが薬剤師として優れているからではなく「薬剤師免許を持ってるため」となります。

薬剤師免許に縛られる必要はありませんが、有効活用しない手もありません。

特に自分に能力がないと分かっている人などは、これほど強力なものは他にないでしょう。

 

薬剤師として働かずに薬剤師免許を活用する仕事

もしあなたが薬剤師として調剤薬局やドラッグストアで働きたくないと考えながらも、薬剤師の免許を使って有利に転職をしたい場合、今の時代多くの仕事がありますので、紹介していきます。

 

薬剤師の免許

こちらは薬の在庫管理やそれに関連する業務を行う管理薬剤師の求人です。

年収は550~700万円という事なので、調剤薬局と同程度ですね。

 

 

 

薬剤師の求人

こちらはコントラクトMRの求人です。

コントラクトMRとは簡単に言えば「派遣のMR」になります。

業務内容はMRになりますので、年収は当然高め。

今回探したものでも年収800万円の求人がありました。

これならば一度MRという職業を体験してみたい人も、好条件で絶好のチャンスとなるのではないでしょうか。

 

 

 

薬剤師の求人

こちらはCRAの求人になります。

ただしプロジェクトマネージャーとしての求人となりますので、ある程度の経験が求められる職になります。

一方でその分給料も高め。

最大で1200万円も可能という事で、たいへん夢のある職業ではないでしょうか。

 

※今回はエムスリーキャリアを使って「企業」という項目にチェックを入れて検索しました。気になる方はぜひご自身で検索してみてください。

↓↓↓

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

薬剤師免許に縛られる必要なし

薬剤師免許は1つのツールに過ぎません。

確かにそのツールは大変優秀なもので、取得するのには最低で6年間を要するものになります。

 

第三者からすると

「薬剤師として働けるのに働かないのは意味が分からない」「何を考えているの?」

などの意見も多く聞くことになるでしょう。

あなたがどう考えていても客観的に見ると「甘えだ」と思われるかもしれません。

 

しかし人が一生を生きるために大切な仕事を

「自分は薬剤師免許があるから」

という理由で縛られるのは本末転倒です。

そして自分以外の意見で仕事を決める必要性がどこにあるのでしょうか。

 

 

あなたの人生です。自由に選んでください。

繰り返しになりますが薬剤師免許は1つのツールです。

そのツールをどう使おうがあなたの自由。もちろん使わないのも自由です。

 

色んなしがらみで薬剤師として働かなければいけない場合もあるでしょう。

ただ「自分は薬剤師として働きたくない」という感情を捨ててまで無理に薬剤師として働くことは本当に正しいと言えるのでしょうか。

もう一度自分の生き方について考え直してみてください。


にほんブログ村

スポンサードリンク