ミスばかりして薬剤師を辞めたい

スポンサードリンク

自分は薬剤師に向いていないと感じる薬剤師Tさん

【年齢】26歳
【職場】薬局
【年収】450万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】転職経験あり

もともと要領の良いタイプではなかったため、大学受験と薬剤師国家試験に1度ずつ失敗している。それでもなんとか薬剤師になったのだが、社会に出てからもまた自分の要領の悪さが発揮されてしまった。
まず最初の就職先である薬局を半年経たないくらいで退職した。理由は総合科目を扱う比較的大きな薬局であったため、自分の知識がついていかない点と調剤ミス等で先輩薬剤師から毎日叱られていた事がストレスになっていたからだ。そしてその後は総合科目を扱っている薬局は止めようと思い単科門前の薬局に就職した。しかしこちらもやはりミスが目立ち、周りの薬剤師もあきれ顔である。自分は薬剤師に向いていないのではないだろうか。もう薬剤師を辞めたい。

ミスが多い薬剤師の解決策

薬剤師が求められる2つのスキル

薬剤師は新人の時、大きく2つのスキルを要求されます。

1つは知識です。これは言うまでもなく薬全般に関する知識から薬物治療や疾病に関する知識はもちろん、分包機の使い方や薬歴の書き方、医薬品の取り扱いだったりと、現場で学んでいく事で積み重なる知識も含まれます。

そしてもう1つは調剤・監査のスキル。これに関してはいかに正確に早く調剤・監査を行えるかが重要視されるでしょう。

 

ただし薬剤師国家試験を受験し合格した直後の新人薬剤師の知識の差と言うのは、最初の段階ではほぼフラットな状態です。ですから先輩薬剤師などが知識の面で新人薬剤師を評価すると言うのは正直あまり現実的ではありません。

では新人薬剤師を評価するモノサシで最も簡単な物は何かといいますと

調剤・監査に関するスキルになってきます

 

知識を図る明確なモノサシがないのに比べて、調剤・監査に関しては常に他の薬剤師の目に触れますからその都度正確さやスピーディーさが評価される場面が多いです。

言い換えるとミスが非常に目立つ所になります

すると調剤・監査が苦手な人は知識もなければミスも多い。

その結果「薬剤師に自分は向いていないのではないか」と言う結論に至る事がありがちです。おそらくあなたも似たような負のサイクルに陥ってしまっているのではないでしょうか。

 

ミスを減らす一番の方法

薬剤師をやっていく上でミスは誰だって起こします。人間が行うことなのでミスがない事はありえません。ベテラン薬剤師でもミスします。ベテランでもミスばかりする薬剤師もいます。

問題はその頻度をいかに限りなくゼロに近づけていくか。

その最たる方法がその職場に慣れると言う事でしょう。

 

ここで言う「慣れる」と言うのは、自分の職場の薬や専門としている科目に関して知識を十分に蓄えると言う事、間違いがちな調剤ポイントを把握すると言う点も含みます。

やはり慣れない所で仕事をすると、毎回新たに覚える事が出てきます。

仮にある程度の知識が備わっている場合であるならば、それは新たに覚える事ではなく「知識の再確認」や「知識の照らし合わせ」レベルで落ち着きますが、背景がない状態だとそのたびに頭に入れ込む必要性が出てきます。

例えば監査などは元々の薬の用量・用法が頭に入っていると、間違いなどに瞬時に気付きやすくなりますが、それらの知識が備わっていないと知識を入れる事でも頭がいっぱいになり全体的に負のサイクルに陥ってしまいがちです。

また、慣れる事の大きなメリットとしては緊張する事なく職場に向かえると言う点。つまりある程度リラックスした状態で仕事に望めるメンタルにしておく事もミスを減らす手段の一つになります。

 

慣れる以外の基本的なこと

そして最終的には意識の違いです。

ベテラン薬剤師でミスを頻発する薬剤師もいるのは単に注意力が足りないだけではありません。ミスを起こしてしまった場合にどうしてミスが起きてしまったのか、ミスが起きない様に何か工夫はできないかと言う事を常に考えているかどうか。これも非常に重要になってきます。

ですからあなたが薬剤師に向いていないと言うのであれば、まずは1つの職場でミスが起こる事例を回収しながらその改善策を実践し、行動に移してみましょう。それと同時に慣れる事で絶対的なミスの回数も軽減されるはずですし、緊張して仕事をする事もなくなり、よりミスを犯してしまう恐怖から回避する事が出来るでしょう。

 

もしこの努力ができないのであれば、あなたは薬剤師に向いていないと言うよりも努力する事が出来ない人間です。

逆を言えばミスが多い薬剤師は努力次第でどうにかなる問題とも言えます。

 

薬剤師がミスを減らすためのおすすめの対策

おすすめする対策として自分だけのヒヤリハット記録を付けることを勧めます。

職場によっては書類を提出する所もあるでしょうがほとんど意味がありません。なぜなら強制的にやらされるものほど、身に付かないものはないからです。

ですから誰にも見せる必要がない記録を付けましょう。自分が思った事をきれいな言葉でなくても構いません。素直に自由に書いて問題点・改善点を把握するための自分だけのヒヤリハット記録を付ける事をおすすめします。そして週に1回でも良いのでそれを振り返ってみてください。

 

最終結論

そうしてなるべく長い期間自分がやれそうな職場で仕事を続けてみてください。当たり前ですがミスの回数や質は必ず改善されているはずです。

また薬剤師が求められる2つのスキルの話しをしましたが、実はこの2つ以外にも最も重要なスキルがあります。それはコミュニケーションのスキルです。

学生の頃は「薬剤師はコミュニケーション能力が必要」と言われる事が多かったと思いますが、このコミュニケーションは職場内でも非常に必要とされる能力になってきます。

あなたが学生の時にいませんでしたか?必ず待ち合わせの時間に遅れて来るのに回りから全く批難されない人。なぜか先輩に可愛がられる人など。

それと同じで職場で働く同じ薬剤師も人間です。やはり人として好き嫌いがあります。その時に好き側に回ればあなたの立ち位置はかなり改善される事でしょう。

ミスを恐れてビクビクしながら仕事をして楽しいはずがありません。もちろんミスばかりして悲壮感を漂わせたり、逆にミスしてニコニコするのも良くありませんが、人として豊かなコミュニケーションを取る事をかなり重視して仕事に望んでみましょう。

もしコミュニケーションを取るのが苦手、人間関係が苦手な人はこちらの記事も参考にしてみてください。

薬剤師が人間関係で悩まない職場に転職するたった1つの方法


にほんブログ村

スポンサードリンク