男性薬剤師はやっぱりモテる!その理由は必然!?

男性薬剤師はモテます。

「モテるかモテないかはその人次第」と言えばそれまでになりますが「薬剤師」という職業において言えば男性薬剤師ははっきり言ってモテます。

ではどうして男性薬剤師はモテるのか?そしてどうしてモテないのかという事について今回は紹介していきたいと思います。

 

理想の年収で圧倒的有利な薬剤師

婚活中の女子へのアンケートに良くある質問が「あなたが求める理想の年収は?」となります。

しかしこの質問はそもそもおかしいですよね。

例えば仮に24歳で年収500万円の人と35歳で年収600万円の人がいた場合、単純に年収の比較だけを見る事はないはずです。

本来大切なことはその時の年収ではなく生涯年収であるべきなんです。

ただ生涯年収ではなくその時の年収を見るというのはあながち今の時代にとっては間違いではないのかもしれません。

 

と言うのも今の時代に終身雇用・安定した企業・定期的な昇給などはもはや夢物語であり、どの業界も不況やAIなどの技術革新や時代のニーズに取り残された場合、あっという間に安定したレールが無くなってしまう事も珍しくないからです。

そう考えると「結婚相手には年収500万円を求める」と言った考えは、かなり現実味を帯びている金額ではないのでしょうか。そしてそれ故に年収500万円という数字はかなり大事なラインと言えるのかもしれません。

 

「年収500万円」という金額について

そもそも男性に求める年収は500万円というのが最近のオーソドックスな金額となりつつあり、一昔前の「年収1000万円じゃなきゃだめ!」と言ったことを口にする人は大分少なくなってきたと思います。

実際に女性雑誌「CanCan」の特集でも、婚活サービスの会員を対象にした調査で、お見合い受けの件数は年収500万円を境に急上昇しているらしいのです。

高収入な男性はどれくらいモテる?モテの境界線の年収は

 

つまり現実の婚活パーティーなどにおいても年収500万円をキープすることは書類選考として優位に話しをすすめる事ができると言えるでしょう。

ただこの年収500万円という数字は実はけっこうハードルが高いです。

例えば民間給与実態統計調査によると20代後半の平均年収は男性が300万円後半になります。そして年収500万円以上になるのは年齢で言うと30代後半になります。

 

しかし実際、多くの女性はそんなことまで考えてはいません。

年収500万円という金額に対して抱いているのは単純に「まあ相場だろう」というイメージです。

そしてこのイメージはどの場面においても絶大な影響を及ぼします。

 

例えば公務員は女性にも、そして就活生にとっても人気の職業です。ただ多くの人が「公務員」といったイメージにプラスの印象を持っていることの方がはっきり言って多いです。

そして公務員のプラスのイメージを具体的に言えば「安定」になりますが、そのイメージの影響は絶大です。

 

例え市役所の隅っこで良く分からない仕事をしていようとも、その人は立派な公務員として世間的には見られます。(もちろん当の本人が魅力的かはまた別問題ですが)

付き合っている人が公務員と聞いて「公務員っていいよね!」と思う人が大半だと思います。おそらく家族も「よくやった」と思っていることでしょう。しかしいざふたを開けてみると公務員の実際の年収やその仕事内容を理解している人というのは実はかなり少ないと言えます。

つまりは多くの人が公務員というブランドに魅力を感じているからなんです。

 

薬剤師のイメージについて大切なこと

かたや薬剤師のイメージはどうでしょうか?

「何となくお金は持っていそう」「頭が良さそう」「几帳面そう」

と言ったイメージを持っている人も世の中には少なくありません。むしろ多くの人がそれらのイメージを漠然と持っているはずです。

おまけに初任給で言えば公務員より圧倒的に高い給料を貰っている人がほとんどであり、中には生涯年収においても公務員並みの給料を貰う人も少なくありません。さらに言えば公務員+薬剤師という働き方もできます。

 

しかしネットでモテる職業を検索してもどのサイトにもモテる職業に薬剤師は入っていません。

※詳しくはこちらも参考にしてみてください⇒男性薬剤師がモテるのか調べてみると驚きの結果が・・・

 

ただそれは単なる母数が少ないという点と知名度が低いという点に他ならないでしょう。

つまりもし公務員と薬剤師が目の前に2人現れた場合に、イメージ合戦を制するのは絶対に公務員という訳ではないんですね。

 

公務員より圧倒的に差をつける方法

多くの人は薬剤師が実際にどのくらいお金を貰っているか知りません。中には薬剤師の年収の相場を探そうとする人もいるでしょうが、仮にネットで探してもおそらく無難に500万円程度と言った額にたどり着くのが関の山でしょう。

 

すると方法によっては公務員に圧倒的に差をつけてモテる方法があります。それは

20代のうちに高い年収の職場で働くということです

 

例えば20代で年収600万円を貰うのは公務員であればほぼ不可能ですが、薬剤師にとっては正直そこまで高いハードルではありません。

ちなみにもし仮に年収が800万円であった場合ならば上で紹介したCanCanの特集で言うと、お見合い申し受け数が年収400万円の方のなんと4倍にもなるそうなんです。

もちろん年収800万円は20代薬剤師にとっては難しいと思うかもしれません。ただ正直薬剤師は経験年数が多ければ高いという事もありませんので、単純に需要と供給のバランスが給料に影響しているケースが大多数になります。ですからいきなり年収800万円で募集している求人もある事を考えれば、年収800万円と言えどもかなり現実的と言えるでしょう。

20代で年収800万円以上の薬剤師と言えば履歴書的にはほぼ最高レベルです。仮に年収600万円でも十分でしょう。

 

年収が高くても薬剤師がモテないワケ

しかしいくら年収が高くてもモテない薬剤師がいます。

その大きな理由の1つに仕事しかしていないという点になります。

 

ただでさえ薬剤師は出会いの少ない職場です。これが調剤薬局ならばそれはさらに顕著と言えるでしょう。

しかしそのまま漫然と仕事をこなしていくだけの毎日では学生自体とは異なり出会いの機会は激減してしまいます。そして気付いた時には他の職業の人の年収も上がっていき、薬剤師は取り残されてしまうでしょう。

 

では男性薬剤師がモテるためにやるべきことは20代の内から出会いの場に積極的に参加する事です。

 

例えば婚活パーティーなどに抵抗がある薬剤師の方も多いかと思いますが絶対に参加した方がいいです。限られた範囲の中で横並びで比較をするならば薬剤師ほど有利な職業はありません。

年収がそこそこ、そして薬剤師という条件だけで他の人と大きく差をつける事が可能となります。これが世の中のすべてをフィールドにしてしまうと、大企業・イケメン・高収入などの多くの人をライバルにしなければなりません。

 

そしてもう1つの出会いの場として病院薬剤師として働く事です。

病院で働くということは調剤薬局とは比べものにならない程多くの女性と接する事になります。看護師・栄養士・PTOT・医事課など多くの女性が働いています。

そして同じ職場に気になる女性がいなくても、同じ職場の女性に紹介してもらうなどの方法もあります。

 

ただ病院薬剤師の欠点として給料が安い点が挙げられますが中には十分な給料の病院薬剤師もあります。

 

都会は薬剤師の年収が低いと言いますが、探し方によっては上の様に東京の病院でも年収650万円スタートの求人などが普通にありますので、ぜひ実際に検索してみてください。

※ちなみに上の求人は高額年収で有名なファルマスタッフを利用しています



薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

男性薬剤師についてのまとめ

男性薬剤師はモテる条件としては決して他の職業に引けを取らない仕事です。

あとはその有利な点をどれだけ有効活用できるのかという点が大きな課題になってきます。ですから自ら進んで少しでも出会いに繋がる場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ただ正確には「男性薬剤師はモテる」と言うよりも「婚活に有利」と言った方が正しいかもしれません。

スポンサードリンク