一般的な転職理論について

人間関係で悩む薬剤師とはこれでサヨナラ!究極の転職法はこれ!!

 

薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。

 

そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えている薬剤師の1人だと思います。

では仮にあなたが人間関係が原因で仕事を辞めてしまったとして、きっとその時は大変な勇気をもって仕事を辞めることになると思います。

そしてあなたは絶対にこう思うはずです。

 

「次こそは人間関係で悩む様な職場は絶対嫌だ」

「絶対に転職させて、人間関係で悩まない所に就職してやる」と。

 

しかしあなたが漫然とネット上の薬剤師求人サイトやハローワークを利用して転職を行ったとしたら

間違いなく再び人間関係で悩む事になります。

 

せっかく勇気を出して人間関係の悩みから抜け出したとしても、再度人間関係の悩みに悩まされる事になるでしょう。

 

そこで今回は薬剤師が人間関係で悩まないで転職するためのたった1つの方法を紹介したいと思います。

職場の人間関係を重視しならがも、あなたの理想とする職場を選ぶ方法があります。人間関係で悩みたくない薬剤師はぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師が転職して人間関係で悩む理由

もしあなたが漫然と薬剤師の転職サイトの求人欄を見て転職した場合、再度人間関係で悩む可能性はかなり高いと言えます。

その理由はなぜかと言うと

 

あなたが必要とされていない人間だからです。

これがどういうことか解説していきます。

 

まずあなたは転職先の薬局や病院などから間違いなく言われます。

「ぜひうちに来てください」と。

 

しかしこれには大きな罠が存在します。

と言うのもあなたは多くの企業から就職することを望まれていますが、あなたの就職を本気で望んでいるのはその会社の人事担当会社の経営者になります。

 

ただ、よく考えてみてください。

あなたが来てくれることを本当に望むべきなのは現場で働いている薬剤師のはずです。

いくら人事担当や経営者があなたの就職を望んだとしても、もし現場の薬剤師があなたが入職することを良く思っていない場合は再度人間関係で可能性が格段に跳ね上がります。

 

そして企業の経営者は今の売り手市場の薬剤師においてあなたが来て欲しいと100%考えていますが、現場の薬剤師にとっては必ずしもあなたが歓迎されるとは限りません。

薬剤師が転職先の人間関係で悩まないためには「給料」「休み」「残業」など以上にあなたが現場の人間に必要とされているか否かを知る必要があります。

 

薬剤師が人間関係で悩まないためにやるべきこと

では薬剤師が人間関係で悩まないために行うべきことを紹介していきます。

現場の薬剤師と実際に会って話をするメリット

もしあなたが良いなと思った転職先を見つけた際に絶対に心がけて欲しいことは

現場の薬剤師と実際に話しをしてみる

これ以外にはありえません。

 

将来的には自分の同僚になる訳ですから、実際に現場の薬剤師と話をしてどの様な人物なのかを確認してみることが必須になります。

 

面接以外にも見学や話す時間を設けることは「転職」としては回り道になるかもしれませんが、あなたが人間関係で悩まないで済むための最短で唯一の方法でもあります。

人間性と個人の相性は人それぞれです。

「この人達とならやっていけそう」と思う様な職場を探すには、まずは現場の薬剤師と話す場を設けましょう。

 

そしてネット上の求人情報は全くあてにならないので注意してください。

例えば「アットホームな職場です」「人間関係も良好」と言った謳い文句は絶対に真に受けない様にしてください。

今時これらのテンプレートを使用するのであればむしろ逆に本当にアットホームなのかもしれませんが、それがあなたにとって合っている職場か否かはまた別問題です。

 

人見知りな薬剤師でも絶対に見学すべき

薬剤師の中には「人見知りや話しベタなので、できれば多くの職場を見て回ったり話をするのは避けたい」と言う人も多いでしょう。人によっては時間が取れないと言う人もいるはずです。

 

ではその様な人はどうすればいいのか?答えは

それでも絶対に現場の薬剤師と会って話をするべきです。

仮にどれだけあなたが人見知りだとしてもです。

 

あなたはもう二度と人間関係で悩む様な事はしたくありませんよね。

もう一度同じ様な事で苦しむのであれば、それより大変なことはきっとないはずです。

 

ですから絶対に面接するようにしてください。

 

何も堅苦しく「面接」と考える必要はありません。

 

「現場の薬剤師と無駄話をしに行く」程度の感覚で、あくまでもただの見学と思って行くようにしてください。

 

例え3社見学をしたとしても、最低でも2社の企業には行く事なく、おそらく二度と会わない可能性も高いのでリラックスして臨みましょう。

あなたは薬剤師免許を持った薬剤師です。

「雇ってくれる職場で働く」ではなく「自分が働ける場所で働く」ことを考えるようにしましょう。

 

1回見学しただけで判断できない場合

しかし中には「1回見学しただけではその職場の人間性が分からない」と言う人もいることでしょう。そんな時はどうすればいいのでしょうか。

 

その場合もう1度見学に行きましょう。

できれば暇な時に行って職場内の雰囲気を感じ取る事をおすすめします。

1時間の話し合いを何回もするより、実際の現場の雰囲気を体感するほど分かりやすいものはありません。もしその場で薬剤師同士の会話がほぼない場合は職場内の人間関係が円滑ではない可能性が高いです。

 

人間関係に悩みたくない薬剤師が探すべき職場

ではここでは人間関係で悩む薬剤師に具体的なおすすめの転職先を紹介します。

以下で紹介する職場を重点的に見学させてもらい、現場の薬剤師と話してみてください。

 

経営者が管理薬剤師

まず経営者が管理薬剤師である場合はハズレの可能性が低いです。

 

この場合は経営者プラスバリバリのプレイヤーであるため、あなたが働いてくれる事を心から望んでいる職場と言えます。

逆に雇われ管理薬剤師の場合は要注意ですが、中には現場の人間全員があなたの事を歓迎してくれる事もありますので、いずれにしても見学は必要です。

 

病院も視野に入れた一人薬剤師

そして2つめは一人薬剤師です。

1人薬剤師の場合は人間関係で悩む必要はありませんので、一人でやれる自信がある場合は率先して一人薬剤師も視野に入れてみてください。

この場合のポイントとして調剤薬局だけでなく、病院やクリニックなどまで視野を広げて探してみましょう。案外病院の1人薬剤師はそもそも多くを求められない事も多いためおすすめです。

 

まずはパートとして働いてみる

1つの職場で8時間・週5日働くと、その狭い人間関係で次第に嫌な面ばかりに目が行ってしまう人も少なくありません。

そんな場合を回避するために初めから正社員でなくパートとしてスタートするのもアリです。そして慣れてきたら途中から2つの職場で働くのも1つの手段です。

薬剤師がダブルワークするメリットデメリット
薬剤師はダブルワークだと高年収は難しい!本当のメリットは○○薬剤師がダブルワークをしても年収は約500万円程度。社会保険などの税金や福利厚生を考えるとあまりおすすめできません。しかしダブルワークのメリットも確かに存在しますので、節税するための働き方と合わせて紹介します。...

 

実際に薬剤師の場合1つの職場で週に32時間以上働けば社会保険に加入する事も出来て十分な給料を貰える事もできるため、転職先の人間関係に自信がない人は石橋を叩いて渡るのも良いでしょう。

実際に働いてみてひどい職場だった場合でも辞める際にパートならばそのハードルも少しだけ軽くなります。

 

求人サイトをフル活用すべし

では「どうすれば現場の薬剤師と実際に会えるか?」「よさげな職場を探すか」ということになりますがこちらは薬剤師の求人サイトをフル活用しましょう。

 

「ハローワークはダメなの?」と思われるかもしれませんが、ハローワークとは違い薬剤師の求人サイトは民間が行っている企業になりますのであらゆる面で力の入れ方が違います。

例えば面接日時の調整や給料の交渉や休みの交渉など、あなたが自分で行うとなると抵抗があることでも転職サイトが代わりに行ってくれます。

そしてハローワークの場合は事前に現場の薬剤師に会うことはできません。

※正確にはできない事もありませんがハローワーク側ではなく、日程調整などは全て自分で動かなくてはなりません

 

一方の薬剤師求人サイトならばもしあなたが見学等を望んでいる事を告げれば快く調整してくれます。

しかしどの転職サイトを利用するのばベストなのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

ネット上の情報を探してみても「○○がおすすめ!」「ランキング1位は○○」と言った感じで、いまひとつ信ぴょう性に欠けますよね。

 

ただぶっちゃけて言うと薬剤師転職サイトははっきり言って大きな違いはありません

 

強いて言うならば断トツの求人数を誇る薬エムスリーキャリアへ登録しておけば、取りあえずいい条件の薬剤師求人の取りこぼしはないと言って良いでしょう。

上でも紹介した「一人薬剤師」を探す際にも特にエムスリーキャリアが有効です。

エムスリーキャリアの無料登録はこちら

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

 

ただしエムスリーキャリアは以下の事を行ってくれません。

「面接への同行」
「事前に面接の対策」
「面接の仲介」

もしこれらのことを1人で行うことに抵抗がある人は違う薬剤師求人サイトを利用しましょう。

例えば薬剤師求人サイトの「ファルマスタッフ」では専属のスタッフが面接や見学の日取りの調整はもちろん、一緒に現場まで同行してくれますので、安心してあなたの理想とする職場を探す事が可能です。

ファルマスタッフの無料登録はこちら

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

下手に無名なサイトに登録してしまうと数社の企業を紹介されて、基本的に丸投げのケースもありますので注意しましょう。

再度人間関係で悩む職場に転職する可能性が高まってしまいます。ですから転職サイトはファルマスタッフ、そして保険もかねて薬キャリへの登録を行えばバッチリです。

 

余談ですが実際にわたし自身もファルマスタッフを利用して転職しました。事前に担当の方と対策を練ってから実際に見学と面接をさせてもらいましたが、今思い返しても見学できて本当に良かったと思います。

※その時の体験記はこちらになります

薬剤師の求人サイト
【口コミは無駄】ファルマスタッフを使ってみたリアル体験談と感想わたしがファルマスタッフを利用して病院薬剤師に転職した時のことについての体験談を紹介します。事前に面談して地域の薬剤師の給料事情や休みについての相談をし、実際に病院の面接にも同席してもらいました。もしファルマスタッフでの転職を考えている人はぜひ実践してみてください。...

 

薬剤師が人間関係で悩むのは仕方がない

薬剤師が人間関係で悩むのは仕方がありません。

大してよく知らない職場に入ってしまった挙句に狭い組織で働くわけですから、人間関係に問題が一切起きないことの方が奇跡です。

ですからあなたの数回の転職はむしろ自然な事であり、大切な事は人間関係に悩む職場で働かないようにする事です。

 

しかしいくらあなたに非がないとしても繰り返し転職する事は決して良い事ではありません。

ですからぜひあなたを必要とする職場を意識して転職を考えてみてください。そうする事で薬剤師の一番の転職したい理由である「人間関係の問題」はクリアできます。

職場の人間関係を運に任せてはいけません。しっかり戦略を立てましょう。