一般的な転職理論について

「この薬局で働くのは限界」と思った薬剤師がやるべきこと

 

薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。

そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えている薬剤師の1人だと思います。

 

ただ薬剤師の人間関係問題と一口に言っても色んなパターンがあります。そしてどの人間関係の問題だとしても「ある共通の理由」があります。

 

そこで今回は薬剤師の人間関係問題に焦点をあてて、どうしてあなたが人間関係に悩むのか、そしてその解決法を紹介していきたいと思います。

もう二度と人間関係で悩みたくない薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師の人間関係問題あるある

●薬局内の雰囲気が最悪

お局薬剤師がいるため常に薬局内がピリピリしており雰囲気が悪いです。些細な事で激怒するのは当たり前。おまけに仕事をしないくせに何をするにもお伺いを立てないといけません。このプレッシャーがツラいです。

 

●女性ならではのドロドロした人間関係

薬局の従業員(事務を含め)全て女性の職場です。目には見えないドロドロした戦いが繰り広げられています。うちの従業員はみんなプライドが高く常にマウント合戦になっており、表立ってあれこれ言い合う事こそありませんが気が休まりません。

薬剤師辞めたい
調剤薬局事務にいじめられて薬局薬剤師を辞めたい 調剤薬局に勤める薬剤師の人間関係のトラブルは何も薬剤師間だけとは限りません。 中には調剤事務と人間関係がこじれてしまうケー...

 

●すぐに悪口を言う

私の職場は常に誰かの悪口を言っていないとどうにかなるらしく、常に誰かの悪口を言う事が日課になっています。私はその中に加わりたくもないのですが狭い職場であるがゆえに我関せずとはいきません。

 

●薬局内でのいじめ

薬局の薬剤師と事務にいじめられています。何をするにも仲間はずれです。せめて仕事中はと思うのですが仕事の最中でも複数人から文句を言われます。もし自分が間違えた時には激しく注意されるのに他の人のミスは軽くスルーされています。

薬剤師がイジメられた時はやめるべき理由と解決法
薬剤師がイジメられたら絶対辞めるべき4つの理由と解決法 当然ですが薬剤師の職場でもいじめが起きます。 昨今話題になるパワハラやモラハラも見方を変えればいじめに該当するケー...

 

薬剤師が辛い人間関係で悩んでしまう理由

周りに必要とされていないから

薬剤師の人間関係の問題は様々です。しかしある根本的な理由が存在します。

その理由は何かと言うと

 

あなたが必要とされていない人間だからです。

これがどういうことか解説していきます。

 

もしあなたが転職するとします。すると転職先の薬局や病院などから間違いなく「ぜひうちに来てください」言われます。しかしこれには大きな罠が存在します。

と言うのもあなたは多くの企業から就職することを望まれていますが、あなたの就職を本気で望んでいるのはその会社の人事担当会社の経営者になります。

 

ただ、よく考えてみてください。

あなたが来てくれることを本当に望むべきなのは現場で働いている薬剤師のはずです。いくら人事担当や経営者があなたの就職を望んだとしても、もし現場の薬剤師があなたが入職することを良く思っていない場合は人間関係で問題が生じる可能性が格段に跳ね上がります。

 

もし個人経営の薬局を1人で回している薬局が薬剤師の募集をかけたとします。そこでもしあなたが一緒に働くとして、あなたはいじめを受けるでしょうか?まず受けませんよね。おそらく「辞めてもらっては困る」と丁寧に扱ってくれるのではないでしょうか。

 

ですからあなたが嫌われる一番の理由はあなたが必要ないからと言う事を決して忘れてはいけません。もちろん「薬剤師として劣っているから云々」の話しではありません。そのような事は一切度外視してあなたを不要と考えています。

 

そしてあなたはそのような職場でずっと働き続けて何か良い事があるのかと言えばきっとありませんよね。「辞めたら経歴に傷かつく」なんてくだらない理由で悩んで人間関係に疲弊してまう程残念な事はありません。

転職を繰り返す薬剤師の悩みと解決法
薬剤師の転職回数が多くても絶対転職できる5つの理由!薬剤師が転職を繰り返しても全く問題ありません。大切な事は転職回数ではなくあなたが何を経験し何ができる薬剤師であるかということ。あなたが転職を繰り返す事への不安を感じて退職しないことはリスクしかありません。...

性格はすぐには変わらない

もしあなた側にも人間関係を悪くしてしまう原因があるかもしれません。

ただあなたが余程人間的に歪んでいなければ、いくらでも働く場所はあるはずです。

 

そもそもあなたは最低でも24歳以上になるわけですから、そこまで生きてきた人間の性格はそう簡単に変えれるものではありません。仮に「やっぱり自分に問題があると思う」と自覚のある薬剤師は後で紹介しますがいくらでもピッタリな職場があるため、無理して合わない職場を我慢するより遥かに建設的だと言えます。

 

限界を感じた薬剤師がやるべきこと

いつまで我慢するかを明確に定める

あなたは今我慢している状態です。毎朝仕事に行くのが憂鬱で仕方ないと思います。

しかしそんなあなたに1つだけ確実に言える事があります。それはいつか絶対にあなたは今の職場を辞めると言う事です。あなたが今の職場で定年まで働き続ける確率はほぼ0%。それならば正直いつ辞めようが問題なく、むしろ1日でも早い方がいいに決まっています。

 

ただなかなか辞めれないのが人間です。人間関係がツライ薬局だとしても孤立していたとしても不満が沢山あったとしても辞めるためには大きなエネルギーを必要とします。

ですから個人的に提案するのは期限を明確に決めてそこまでやるべき事を定めておく方法をおすすめします。

例えば今ある薬局の薬の知識を一通り1カ月かけて必死に勉強する。それが終わったらきっぱり辞める事を伝えるというような感じです。

終わりは決めないと終われません。取り返しがつかなくなる前に自分で少しでもポジティブな目標を見つけてから辞めましょう。

 

自分にも原因がないか客観的に見つめ直す

もしあなたにも人間関係がこじれる原因がある場合「なにがいけなかったのか」「どうすればもっと人間関係がよくなったのか」を真剣に考えてみてください。

上でも言いましたが人間の性格などそう簡単に変える事はできません。しかし人間関係を円滑にするために地雷を自ら撤去する努力は必要になってきます。

仮に転職する事になったとしてもそこで見つめ直したことは必ず次に生きてきます。今日から1つでも良いので自己嫌悪に陥らない程度に客観的に自分を見つめ直してみてください。

 

並行して転職先を見つける

辞める時期を定めた際に一緒に行うべき事は転職活動です。そして人間関係に疲れている薬剤師においては辞める前から転職活動を行うべきです。

と言うのも人間関係で悩んでいると「自分は必要のない人間なのかも」「この先薬剤師としてやっていけるのだろうか」「もう薬剤師をやりたくない」とかなりネガティブな思考になりがちです。

しかし転職活動をすると分かりますがあなたを必要とする職場は非常に多いです。ベタなCMみたいで申し訳ないですが、本当に薬剤師の働く職場は多く存在するため、今1つの人間関係が悪い職場で働き続けるのが勿体ないとすら思えてくるでしょう。

別にすぐに転職しなくていいんです。前もって転職活動を行えばそれだけ良い求人の情報も手に入ります。ですから転職活動は平行して行いましょう。

 

薬剤師が人間関係の地雷を踏まないための転職活動

では実際に薬剤師が人間関係で悩まないために転職活動を行うとして、何に注意して転職活動をすべきなのか紹介していきます。

現場の薬剤師と実際に会って話をする

もしあなたが良いなと思った転職先を見つけた際に絶対に心がけて欲しいことは

現場の薬剤師と実際に話しをしてみる

これ以外にはありえません。

 

将来的には自分の同僚になる訳ですから、実際に現場の薬剤師と話をしてどの様な人物なのかを確認してみることが必須になります。面接以外にも見学や話す時間を設けることは「転職」としては回り道になるかもしれませんが、あなたが人間関係で悩まないで済むための最短で唯一の方法でもあります。

人間性と個人の相性は人それぞれです。

「この人達とならやっていけそう」と思う様な職場を探すには、まずは現場の薬剤師と話す場を設けましょう。

 

ちなみにネット上の求人情報は全くあてにならないので注意してください。

例えば「アットホームな職場です」「人間関係も良好」と言った謳い文句は絶対に真に受けない様にしてください。今時これらのテンプレートを使用するのであればむしろ逆に本当にアットホームなのかもしれませんが、それがあなたにとって合っている職場か否かはまた別問題です。

 

「面接」ではなく「軽い見学」と思う

薬剤師の中には「人見知りや話しベタなので、できれば多くの職場を見て回ったり話をするのは避けたい」と言う人も多いでしょう。人によっては時間が取れないと言う人もいるはずです。

ではその様な人はどうすればいいのか?答えはそれでも絶対に現場の薬剤師と会って話をするべきです。仮にどれだけあなたが人見知りだとしてもです。

 

あなたはもう二度と人間関係で悩む様な事はしたくありませんよね。もう一度同じ様な事で苦しむのであれば、それより大変なことはきっとないはずです。ですから絶対に面接するようにしてください。

何も堅苦しく「面接」と考える必要はありません。「現場の薬剤師と無駄話をしに行く」程度の感覚で、あくまでもただの見学と思って行くようにしてください。

あなたは薬剤師免許を持った薬剤師です。

「雇ってくれる職場で働く」ではなく「自分が働ける場所で働く」ことを考えるようにしましょう。

 

1回の見学で判断できない時は2回行く

しかし中には「1回見学しただけではその職場の人間性が分からない」と言う人もいることでしょう。そんな時はどうすればいいのでしょうか。

 

その場合もう1度見学に行きましょう。できれば今度は職場内の雰囲気を感じれるような長めの見学をおすすめします。

1時間の話し合いを何回もするより、実際の現場の雰囲気を体感するほど分かりやすいものはありません。もしその場で薬剤師同士の会話がほぼない場合は職場内の人間関係が円滑ではない可能性が高いです。

※ただし同じ所を2度見学させもらう場合には、事前に第二希望の職場も見学しておくことをおすすめします。相対的に比較できないと判断基準に困ると思いますので、できれば2社以上見学する事をおすすめします。

 

薬局の雰囲気がいい転職先4選

ではここでは人間関係で悩む薬剤師に具体的なおすすめの転職先を紹介します。

以下で紹介する職場を重点的に見学させてもらい、現場の薬剤師と話してみてください。

 

経営者が管理薬剤師

まず経営者が管理薬剤師である場合はハズレの可能性が低いです。

この場合は経営者プラスバリバリのプレイヤーであるため、あなたが働いてくれる事を心から望んでいる職場と言えます。

逆に雇われ管理薬剤師の場合は要注意ですが、中には現場の人間全員があなたの事を歓迎してくれる事もありますので、いずれにしても見学は必要です。

 

一人薬剤師(病院・薬局・ドラッグストア)

そして2つめは一人薬剤師です。

1人薬剤師の場合は人間関係で悩む必要はありませんので、一人でやれる自信がある場合は率先して一人薬剤師も視野に入れてみてください。

この場合のポイントとして調剤薬局だけでなく、病院やクリニックなどまで視野を広げて探してみましょう。案外病院の1人薬剤師はそもそも多くを求められない事も多いためおすすめです。

一人薬剤師の不安と解決法
ガチでつらい一人薬剤師の悩み7選!辞めるべき境界線も紹介!!一人薬剤師の不安や悩みを具体的に紹介します。またそれらの不安を解消する方法も併せて紹介していきます。これから一人薬剤師を考えている人もぜひ参考にしてみてください。...

まずはパートとして働いてみる

1つの職場で8時間・週5日働くと、その狭い人間関係で次第に嫌な面ばかりに目が行ってしまう人も少なくありません。

そんな場合を回避するために初めから正社員でなくパートとしてスタートするのもアリです。そして慣れてきたら正社員に移行してもらう方法もあります。

 

というのも実際に働いてみてひどい職場だった場合でも辞める際にパートならばそのハードルも少しだけ軽くなります。

 

実際に薬剤師の場合1つの職場で週に32時間以上働けば社会保険に加入する事も出来て十分な給料を貰える事もできるため、転職先の人間関係に自信がない人は石橋を叩いて渡るのも良いでしょう。

「途中から正社員になるってそんなワガママ通るの?」と思うかもしれませんが、現在薬剤師は人手不足で確保に難しい時代ですのであなたが正社員になる事は歓迎される可能性も決して低くありません。

 

番外編:薬剤師として働かない

「もう薬剤師として働くのは絶対に嫌だ」と感じている人もいるかもしれません。そしてそれはそれで全く問題ないと思います。

薬剤師免許はあくまでもただの資格ですからそれを使わない働き方も尊重されてしかるべきです。

薬剤師辞めたい
薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません薬剤師を辞めたいと考えている人は無理に薬剤師として働く必要はありません。ここでは薬剤師として働きたくない人のセカンドキャリアを紹介し、より広い視野で「働く」ことについて考えていきます。...

 

薬剤師が人間関係で悩まないための転職サイトの選び方

では「どうすれば現場の薬剤師と実際に会えるか?」「どうやって職場を探すか」ということになりますがこちらは薬剤師の求人サイトをフル活用するのが最低条件です。

例えば面接日時の調整や給料の交渉や休みの交渉など、あなたが自分で行うとなると抵抗があることでも転職サイトが代わりに行ってくれます。

 

ただ次は「どの薬剤師求人サイトを使えば良いのか」という問題になってきます。

実際にネットで検索しても色んなサイトが推奨されていますよね。

例えば「マイナビが良い」「薬キャリがいい」「最低3つは登録した方が良い」等の色んな情報が飛び交っています。

 

ではこの答えを個人的に出すならば

・まずは無難に2社だけ登録

・登録するなら薬キャリとリクナビ薬剤師

を絶対的に推奨します。

 

まず「薬剤師転職サイトはいくつ登録すべき」に関してですが、これは4つも5つも登録する必要は100%ありません。もし複数登録してしまうと得られる情報は同じダブりの情報ばかりでそれに対応する労力だけでも相当な時間を要してしまいます。

 

ではなぜ2社なのか・そして薬キャリとリクナビ薬剤師なのかと言うと、この2社は業界大手の求人数を誇り、そして大手の情報量があるためもしあなたが都市部でも地方でも調剤薬局でも病院薬剤師でもドラッグストアでも十分な求人を紹介してくれるからです。

特に薬キャリは調剤薬局と病院薬剤師に強くリクナビ薬剤師は調剤薬局とドラッグストア薬剤師に強いのが強みなので両方を利用すれば世に出ている求人の大半を網羅する事ができます。

 

実際に私が利用した時もやはり大手と言う事もあり、希望した内容の求人をメールバンバン紹介してくれました(電話対応は苦手だったので主にメールで対応させてもらいました)。その時はできるだけ休みが多い求人を探していたのですが、今考えると結構ワガママな求人で、おまけに数カ月ブランクがあったにも関わらず一切気にする様子もなく毎日メールで求人を紹介してくました。

 

その時は他社も利用したのですが紹介してくれる求人も結局同じダブった求人ばかりで、おまけに担当していた人の対応も今ひとつだったので、複数登録する手間と労力を考えたら初めから2社だけで十分だったと感じています。

もちろんどの薬剤師転職サイトも無料なんですが、無料だからと言っていくつも利用するより2社位で絞って深く探した方が担当者も力の入れようが違います。

 

「でもまずは1社利用したい」と言う人は個人的には求人数と高年収求人の多かった「薬キャリ」を推します。

薬キャリの無料登録はこちら

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

 

もちろんドラッグストア薬剤師も視野に入れている人は「リクナビ薬剤師」も大変おすすめなので併せて利用しましょう。他社とはドラッグストア薬剤師の求人数が段違いです。

リクナビ薬剤師の無料登録はこちら

リクナビ薬剤師

 

 

ただし薬キャリとリクナビ薬剤師は以下の事を行ってくれません。

「面接への同行」
「面接の仲介」

もしこれらのことを1人で行うことに抵抗がある人は違う薬剤師求人サイトを利用しましょう。

例えば薬剤師求人サイトの「ファルマスタッフ」では専属のスタッフが面接や見学の日取りの調整はもちろん、一緒に現場まで同行してくれますので、安心してあなたの理想とする職場を探す事が可能です。

ファルマスタッフの無料登録はこちら

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

 

薬剤師が人間関係で悩むのは仕方ない

薬剤師が人間関係で悩むのは仕方がありません。大してよく知らない職場に入ってしまった挙句に狭い組織で働くわけですから、人間関係に問題が一切起きないことの方が奇跡です。

ですからあなたの数回の転職はむしろ自然な事であり、大切な事は次こそは人間関係に悩む職場で働かないようにする事です。

 

いくらあなたに非がないとしても繰り返し転職する事は決して良い事ではありません。ですからぜひあなたを必要とする職場を意識して転職を考えてみてください。そうする事で薬剤師の一番の転職したい理由である「人間関係の問題」はクリアできます。

 

そして最初に紹介した

●いつまで我慢するかを明確に定める
●自分にも原因がないか客観的に見つめ直す
●平行して転職先を見つける

この3つを実践してみください。