薬剤師が人間関係で悩まない職場に転職するたった1つの方法

 

薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。

ではもし人間関係が原因で仕事を辞めてしまったとしましょう。その時あなたは思うはずです。

 

「次こそは人間関係で悩む様な職場は絶対嫌だ」と。

 

しかしあなたが漫然とネット上の薬剤師求人サイトやハローワークを利用して転職を行ったとしたら間違いなく再び人間関係で悩む事になります。

 

そこで今回は薬剤師が人間関係で悩まないで転職するためのたった1つの方法を紹介したいと思います。

転職を成功させたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師が転職しても人間関係で悩む理由

もしあなたが漫然と薬剤師の転職サイトの求人欄を見て転職した場合、再度人間関係で悩む可能性はかなり高いと言えます。

その理由はなぜかと言うと

あなたはどの企業からも「ぜひ来てほしい」と切望されるからです

 

これの何が問題なのかと言いますと、あなたは多くの企業から就職することを望まれていますが、あなたの就職を本気で望んでいるのはその会社の人事担当会社の経営者になります。

しかしよく考えてみてください。

あなたが来てくれることを本当に望むべきなのは現場で働いている薬剤師のはずです

 

いくら人事担当や経営者があなたの就職を望んだとしても、もし現場の薬剤師があなたが入職することを良く思っていない場合は再度人間関係で可能性が格段に跳ね上がります。

そして企業の経営者は今の売り手市場の薬剤師においてあなたが来て欲しいと100%考えていますが、現場の薬剤師にとっては仕事を1から教えないといけない手間などを考えると必ずしもあなたが歓迎されるとは限りません。

 

そしてネット上の求人情報は全くあてにならないので注意しましょう。

例えば「アットホームな職場です」「人間関係も良好」と言った謳い文句は絶対に真に受けない様にしてください。

今時これらのテンプレートを使用するのであれば、むしろ逆に本当にアットホームなのかもしれませんが、それがあなたにとって合っている職場か否かはまた別問題です。

 

薬剤師の転職を成功させるたった1つの方法

では薬剤師が人間関係で悩まないために行うことはたった1つ。

現場の薬剤師と実際に話しをしてみる

これ以外にはありえません。

 

将来的には自分の同僚になる訳ですから、実際に現場の薬剤師と話をしてどの様な人物なのかを確認してみることは回り道になるかもしれませんが、あなたが人間関係で悩まないで済むための最短で唯一の方法でもあります。

 

人間関係と悩みは人それぞれであり、あなたに合う人物か否かも自分で確かめるのが一番です。

「この人達とならやっていけそう」と思う様な職場を探すには,まずは現場の薬剤師と話しの場を設けましょう。

 

どうやったら現場の薬剤師に会える?

では問題なのが、どうすれば現場の薬剤師と実際に会えるか?ということになりますが、こちらは薬剤師の求人サイトをフル活用しましょう。

 

「ハローワークはダメなの?」と思われるかもしれませんが、ハローワークとは違い薬剤師の求人サイトは民間が行っている企業になりますので力の入れ方が違います。もしあなたが見学等を望んでいる事を告げれば快く調整してくれます。

また、あなたが希望する年収や休日などに関しても積極的に相談に乗ってくれますし、もちろん1円もかかりません。

それに無料だからと言ってダイレクトメールが頻繁に送られてきたりなどのデメリットもありません。

 

人見知り薬剤師でも絶対に見学すべき

薬剤師の中には「人見知りや話しベタなので、できれば多くの職場を見て回ったり話をしたりするのが嫌」と言う人も多いでしょう。

しかし「人間関係で悩むのはもうたくさんだ」と思っている人もいるはずです。ではその様な人はどうすればいいのか?

答えは

絶対に現場の薬剤師と会って話をするべきです。

仮にどれだけあなたが人見知りだとしてもです。

 

あなたはもう二度と人間関係で悩む様な事はしたくありませんよね。

それを可能な限り排除できるならば、それより大変なことはきっとないはずです。

 

それに一人で何社も見学や面接するのが心細いと言う人でも安心してください。

例えば薬剤師求人サイトの「ファルマスタッフ」などでは専属のスタッフが面接や見学の日取りの調整はもちろん、一緒に現場まで同行してくれますので、安心してあなたの理想とする職場を見つけることができるでしょう。



実際に面談を行ったり同行してくれる薬剤師の求人サイトは決して多くなく、下手に無名なサイトに登録してしまうと数社を紹介されて、基本的に丸投げのケースもありますので注意しましょう。また人間関係で悩む職場に転職する可能性が高まってしまいます。


にほんブログ村

スポンサードリンク