新人薬剤師に告ぐ

アイセイ薬局の45万円よりも高い初任給の薬剤師求人

 

調剤薬局チェーンのアイセイ薬局の新卒薬剤師の初任給が最高額の45万円というニュースが話題になりました。

薬剤師1年目から月に45万円をもらえるという時代に驚いた人も多いと思います。

新卒薬剤師の初任給、最高はアイセイの45万円

 

しかしこの「アイセイ薬局の初任給が45万円」には罠があります。

もし高い初任給を欲しいがためにアイセイ薬局に就職する際は注意してください。

 

アイセイ薬局は本当に月45万円もらえるのか?

まず初めにアイセイ薬局の全ての新卒薬剤師が月に45万円をもらえるわけではありません。

 

実際にアイセイ薬局のHPの薬剤師募集要項には以下の通りに記されています。

薬剤師:250,000円~450,000円
※基本給 215,000円、ライフデザイン手当 5,000円、薬剤師手当 30,000円を含む。
※勤務コース・所属店舗により異なります。アイセイ薬局HPより

 

これを見ても分かる通り、月額25万円の場合もあれば場合によっては45万円となっています。

つまりアイセイ薬局の最高初任給が45万円ということです。

そしてアイセイ薬局は全国に約350店舗があります(九州・北海道を除く)ので、実際にどの店舗がどれだけ月に45万円をもらっているのかはわかりません。

 

ではここでアイセイ薬局の中途採用を見てみましょう。

 

すると驚いたことにどの地域も年収400~650万円となっています。

そうなるとアイセイ薬局において初任給が月45万円の地域はかなり限られているのではないかと想像できます。

もし初任給から月45万円をもらっていると、多くの中途採用の薬剤師からの不満が考えられます。

実際に年収を計算してみましょう。

 

初任給45万円、うち基本給が21.5万円になりボーナスが月2回(4か月分と仮にします)になりますので、1年目は満額貰えないとしても翌年から最低でも

45万×12カ月+21.5万円×4カ月=626万円/年となり

年収626万円となってしまいます。

※この場合は昇給は含んでおりません。

 

これだと多くの中途採用薬剤師よりも高い年収になってしまいます。

この金額が安いか否かは個人差があるかと思いますが、少なくとも中途採用で最高額が650万円になるのに、新卒薬剤師の初任給が2年目で600万円オーバーになるように設定することは考えにくいです。

 

初任給45万円で新卒薬剤師が働くことについて

アイセイ薬局の中でも新卒薬剤師が初任給で月45万円を貰う現状は確かにあるでしょう。

ただおそらくかなり限定的だと考えられます。

 

しかし同じ企業で働くのであれば少しでも高い給料で働きたいと考えるのが自然です。

するとアイセイ薬局に就職した人で、地方勤務で高い給料を貰いたい新卒薬剤師は決して少なくないでしょう。

都市部は人気があるため給与も安めに設定されています。

 

ただ地方で働くのであればアイセイ薬局にこだわる必要などありません。

なぜならアイセイ薬局の初任給の45万円を大きく越える求人が全国には存在するからです。

 

おまけに地方ならば引っ越し費用・住居費込みなどの求人も少なくありません。

もちろん新卒薬剤師可です。

 

では実際に全国の新卒薬剤師の求人を見てみましょう。

 

薬剤師求人

 

こちらは1年間の契約薬剤師ですがなんと年収800万円です。

つまり月給で考えると67万円です。アイセイ薬局よりも約20万円も高いです。

月に20万円も違うというのは、およそ新卒薬剤師1人分の給与になりますので、もし奨学金の返済を早く終わらせたい人などにおすすめです。

 

薬剤師求人

 

こちらも1年間の契約になりますが、遠方の方は住宅補助も出ます。

そして年収は800万円です。

 

薬剤師

 

「1年の契約薬剤師は嫌だなあ」と考える人はこちらの求人がおすすめです。

こちらは年収600万なので上の2つと比べると見劣りしますが、OTCも学ぶ事ができるため薬剤師1年目でも広い知識を身につける事が可能となります。

 

薬剤師求人

 

こちらは年収が少し上がって650万円です。

最高で800万の求人になります。

 

 

いかがでしょうか。

全国の求人を自分で探せばアイセイ薬局の最高初任給である45万円は決して高いハードルではありません。

そしてこれらの求人は決して珍しいものではなく、今回パッと検索してヒットしたものになります。

※今回はファルマスタッフを使って検索しました

 

薬剤師1年目で年収を求めて働くということ

1年目から年収を求めて仕事を探す事に抵抗がある人も多いと思います。

そして大手ならばなんとなく安心してしまいますよね。

中には奨学金を借りてその返済に苦しんでいる人も多いため、給与が45万円と聞くとアイセイ薬局への就職を考える薬剤師も決して少なくないでしょう。

 

しかし「大手ならば安心」という根拠はどこにもありませんし、大手の安い給料で働く事は機械的損失が大きいです。

そして特に地方で働く大手調剤薬局チェーンで働く場合は一旦よく自分の周りの給料の相場を調べ直した方がいいでしょう。

 

ただ一旦働き始めた職場を辞めることはかなり勇気が必要です。

すると、辞めたいと思いながらもずっと安い給料で働き続ける事になりますが、もし年収が高い所で働くのであれば仮に仕事を辞めたいと思っていてもずっと高い給料は保証されますので、新米薬剤師の方ほど年収を意識して職場を選ぶことをおすすめします。