新人薬剤師だけどミスが多くて薬剤師を辞めたい

ミスを繰り替えし薬剤師の自信が持てないDさん

【年齢】26歳
【職場】薬局
【年収】460万円
【休み】普通
【人間関係】普通
【経歴】薬剤師1年目

1度大学で留年をして国家試験も1回落ちたため、ストレートに薬剤師になった人に比べたら2年ほど遅い薬剤師国家試験合格となった。もともと勉強も得意な方ではなかったし、些細なミスが多い性格だったが、手に職があれば困る事はないだろうと薬学部に進んだ。
そしていざ薬剤師として働いてみて2か月。やりがい云々を求める以前に自分のミスの多さのせいで他の薬剤師スタッフや事務にまで迷惑をかけている。周りのスタッフは比較的優しい人が多いのだが、正直呆れられていると思う。
周りに迷惑をかけてしまう事の申し訳なさや、自分の不甲斐なさでいっぱいだ。それに人の命に関わる仕事なので、もし自分のミスで患者にもしもの事があったとしたら不安で仕方ない。もう薬剤師の仕事を辞めたいとすら考えてしまう。かと言ってMRなどは向いていると思えないので選択肢にはない。

ミスが多くて辞めたい薬剤師への解決策

新人薬剤師はやる事が多い

新人薬剤師の1年目は本当にやる事が多いです。

実習に行ったのは大学5年生の時ですから、それから3~4年以上経つ人も珍しくない中で、またゼロから覚えていかなければなりません。

それに今度は学生実習ではなく、薬剤師免許を持ったいち薬剤師としての仕事になりますから責任感も問われてきます。

そんなまっさらな状態からのスタートで、薬の名前を覚えたり、調剤の仕方を覚えたり、職場によっての細かい取り決めなどを覚えなければならず、あなたが大変な思いをするのも半ば自然な事だと思います。

でもおそらくあなたは気付いているはずです。

「それを差っ引いてもやはり自分は薬剤師に向いていない」と。

新人薬剤師が陥る負のスパイラル

「またミスをしたらどうしよう」と考えると頭の中が真っ白になり、何度処方箋を確認しても不安がぬぐい切れずその為仕事も遅い。

しかしそれでもミスも犯してしまう負のスパイラルに陥り、それが継続し「やはり自分は薬剤師に向いていない」と自分自身を責める負の最終形態にまで発展している薬剤師も少なくありません。

しかしそう悩んでいても毎日の仕事は続くわけで、一日一日がいっぱいいっぱいになってしまいますよね。

ただあなたがするべき事はそのまさに「悩む事」なんです。

そしてそもそもの話し薬剤師に向いていない人などいません

いるとすればやる気のないただの薬剤師免許保持者です。

新人薬剤師が学ぶべきこと

もちろん鬱になるくらい悩んでしまっては本末転倒ですが、今あなたが悩んでいる事は将来の自分の薬剤師人生を左右する大きな分岐点であり、それを良い方向に持っていくもいかないもあなたの意識次第になります。

ちなみに「自分が薬剤師に向いていない」と考えるのは最も向上心がない考え+甘えです。

なぜなら自分が向いていないと考える以上に楽な事はないからです。

ダイエット失敗の言い訳を何の努力もせずに「体質だから」で済ますのと一緒の様なもの。

あなたは本気で自分のミスに向き合っていますか?考えるのも嫌だと目を背けていませんか?

今あなたがやるべき事は家に帰って仕事のストレスを解消する事ではなく、週末の飲み会を楽しみに1日を頑張る事ではなく

いち薬剤師として自立できるために必死になって学ぶ事です。

学ぶのは何も薬の勉強だけではありません。

ミスをどうすれば減らせるか、どうすれば効率よく仕事をまわせるか本気で考えてみましょう。

頭の中で仕事の流れをシュミレーションしていますか?PDCAをまわして考えてみましょう。

もし「自分はダメな人間だ」と責める時間に費やしているのであれば、その時間を1分でも勉強に充ててください。

意識の違いで大きく変わる

「自分はしっかりミスへの対策もやっているし、本を読んだりネットで対策を学んでいる。それでもミスが起きるのはやはり自分が薬剤師に向いていないからだ」とあなたは主張するかもしれません。

もしあなたが本気でこの様に主張し、胸を張って100%自分はやれるだけの事はやっていると自信があるならば、あなたの言う通り薬剤師という仕事が向いていないのかもしれません。

ただしお願いです。あと半年とは言いません。

数カ月様子をみてみませんか?

辞めるとしてもそれからでも遅くはありません。

それに職場によっては重箱の隅をつつくことを楽しみにする先輩薬剤師も決して少なくありませんので、自分に自信を無くしたのであれば一度環境を変えてみましょう。

 

最終結論

とにもかくにも今結果を出すのは早すぎます。

仮に転職した所で根本的な解決になりませんし、問題を解決する能力というのはどの場面でも問われますので、とりあえずは今の自分の置かれている環境でベストを尽くしましょう。

もしくは環境を今すぐ変えてみてください。

先輩薬剤師の中にはあなたのミスを人格否定にまで結びつけて否定する人もいないとも限りません。

そうなると自分は薬剤師が向いてない、薬剤師をやりたくないと錯覚する可能性もあります。

そもそもあなたが「もう薬剤師を辞めたい」とまで考えるのであれば、それはほぼ9割は職場の環境が悪いと言っても過言ではありません

ですから一度外の世界を見てみることを絶対におすすめします。

スポンサードリンク