新人薬剤師に告ぐ

薬剤師1年目で辞めたい人必見【将来に影響しない転職方法】

 

薬剤師1年目で「もう仕事辞めたい」と思っている薬剤師の方も非常に多いと思いますが、辞めたいと同時に考える事は

1年目なのに辞めてしまってもいいのか?

次の職場に転職する時に不利になってしまうのではないか?

と言う悩みだと思います。

 

そこで今回は薬剤師1年目が辞めたいと思った理由に対し、辞めるべきか否かと言う指標を示します。そしてもし退職・転職する場合には非常に役に立つ「ある方法」も紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

1年目薬剤師が辞めていい理由と辞めてはいけない理由

1年目の薬剤師が辞めるべきではないケース

●目標ややりがいがない場合

やりがいがないからやりがいを見つけれるような職場に転職するのは非常に危険な考えです。なぜなら薬剤師1年目のやりがいや目標などは数年もすれば確実に変わっているものになるからです。

実際にあなたが薬学部に入学した時に志した薬剤師像と、薬剤師国家試験に合格した直後に志した薬剤師像、そして今のこの瞬間のあなたの薬剤師としての目標はその時その時で違うものになっているでしょう。そして同時にその時々で感じたやりがいも変化しているはずです。 ですから今の目標もやりがいも数年経てば別のものにすり替わっているため、それを今のタイミングで無理にやりがい探しの旅にでる必要はありません。

それに極論を言ってしまえばやりがいなど無理に持つ必要はありませんので、今のあなたの環境で与えられた薬剤師としての役割を十分に発揮しましょう。

もしあなたが心から目標とする薬剤師が学生の頃からあって、それを実現するために今の職場であればかなり遠回りする必要がある、あるいは実現不可能である場合は退職するのもアリですがそれでもたった1年間で得られることは多い様で少ないです。まずは今の環境で頑張ってみましょう。

 

●勉強できる環境ではない

基本的に薬剤師1年目が「勉強できない環境」と言う感想を持つのは間違いです。

まだ右も左も分からない数カ月の実習しか体験した事がない新卒薬剤師が、入って間もない職場を勉強できない環境と判断するのは適切な判断とは思えません。それは単に「勉強できない環境」ではなくて「勉強している薬剤師がいない環境」なのではないでしょうか。

確かに周りに勉強する姿勢のある先輩薬剤師がいる事はいい刺激になるでしょう。しかし薬剤師の勉強は職場の先輩だけに依存する必要はなく、むしろこのご時世一人でも十分質の高い勉強を書籍やネットを通して行う事が可能です。ですから環境を他人のせいにするのではなく、自分で学ぶ習慣を身に付けたり単なる薬の知識だけではないあらゆる経験を得る意識を持ちましょう。

そうしている上で自分のやりたい事が明確になった時に、より自分が適していると思える職場に転職してみてください。

 

1年目の薬剤師が辞めて転職すべきケース

●年収が低くて貯金もできない場合

年収が低くて転職を考えている薬剤師1年目の人に言える事は、あなたの悩みは給料の高い職場に転職する以外に解決する方法はないという事です。

あなたは薬剤師1年目でしょうから副業であったり仕事が終わってからバイトに行く事は物理的に困難でしょう。それに日々の薬剤師としての勉強もあるはずです。それならば年収で悩む薬剤師1年目の場合は転職するしかありません。

今ならば給料のいい条件を、たとえ未経験でも提示してくれる職場もあります。ただその場合は転職活動を一刻も早く進める必要がありますので、仮にまだ退職していなくても薬剤師転職サイトを利用して次の職場を探すようにしてください。

焦って「退職⇒転職活動」と行ってしまうと給料だけ見てどうしようもない職場に転職する事にもなりかねませんし、薬剤師求人を定点観測しかできないデメリットにも繋がります。「転職した後に好条件の求人が出てしまった」と言う事も珍しい事ではありませんので、ある程度経時的に薬剤師求人に触れるようにしましょう。

 

●他の薬剤師にいじめられる

薬剤師1年目はその職場内で最も立場が弱いと言っても過言ではありません。すると自然と起きてしまうことが理不尽な扱いであったり、教育と言う名の人格否定などの一方的な攻撃になります。いわゆる「いじめ」です。

この場合は本来ならば即退職するべきですが、大半の薬剤師は根が真面目であるため「1年目で辞めたら経歴に傷がつく」「辞め癖が付いたらどうしよう」と悩んでしまい、結局ずるずると毎朝憂鬱な気分で職場に行く事になります。辞めるべきである事はあなたが最もよく理解しているとしても、それでも行動に移す事ができません。

 

薬剤師が1年未満の転職でも将来に影響を与えない方法

嘘を付いて辞める。そして入社する

では薬剤師1年目が仕事を辞める事は困難に思えますが実はそう難しいことではありません。その解決策として最も有効なことが嘘をついて辞めればいいんです

 

きっとあなたがまだ1年目なのに辞めたいと思う理由は自分自身の問題、もしくは周りとの人間関係の問題だと思います。少なくとも相当ナイーブな問題ではないでしょうか。すると仮に辞めたとしても次の転職先で辞めた理由を話す事を考えると「やっぱり最低3年は続けないと」と思うかもしれません。

 

しかし真面目に考える必要はありません。嘘をつくのは良くないと思うかもしれませんが、薬剤師に限らず社会人が人間関係で仕事を辞める場合に大半の人が「嘘」をつきます。そしてその嘘は優しい嘘である場合が多く、だれも傷つけないための嘘でもあります。

もし「薬剤師1年目で退職すると経歴に傷がつく」と考えてしまう場合は、転職する際にも嘘をついても構いません。「すぐに前の会社を辞めたのは体調を崩してしまったからです。しかし今は良くなって全く問題ありません」とでも言っておけばそれ以上深い追及はまずされません。

 

辞めた理由よりこれからのアピールが重要

雇う側からするとあなたに余程の問題がない限りあなたの辞めた理由よりもこれからあなたがどう働いてくれるかを重要視します。

見方を変えればあなたは転職回数はおそらく現時点で1回目なので、他の何回も転職を繰り返している薬剤師よりは雇う側も気が楽なのは間違いありません。

ですから辞めた理由を考えて辞めれないよりは、次の転職先でどういった事をアピールできるのかを考えた方が絶対にプラスに働きます。

 

1年未満での転職に否定的な会社には就職しないでいい

「1年目の転職は印象が良くない」とも言われますがそれはあなたが辞めた理由を聞いた上でのことでしょうか?あなたの辞める理由も知らずに一般論として1年目の転職は良くないとする方が大分危険な意見だと思います。

 

もし企業側が条件反射的に1年目で辞めたからと言って断るのであれば、あなたはそのような職場で働かなくて大正解です。きっとあなたがそこで働いて何かあったとしてもあなたの味方にはなってくれないでしょう。

 

薬剤師1年目でも辞めていいけどやみくもに転職すべきではない

薬剤師として働く上で職場がなく路頭に迷っている人を見たことがありません。仮に人として問題がある様な人でも薬剤師として普通に職についています。また薬剤師5年目で5回以上の転職を繰り返している人でも余裕で転職が可能です。薬剤師の需要と供給のバランスは今もなお需要の方が優っています。

 

だからこそ今様々な悩みで転職を考えている薬剤師1年目の人に言いたい事は、無理にツライ環境に耐えなくても、いつでも辞めていい心構えでいると言うことです。

 

上では嘘をついて辞めるべきと言いましたが、この方法は「積極的に嘘をつきましょう」と推奨している訳ではありません。我慢してツライ思いをするならば例え嘘をついたとしても辞めるべきだという事です。そして心に「いつでも辞めれる」と言うゆとりを持つことがあなたの心を軽くしてくれるはずです。

 

しかし一方で闇雲に転職を繰り返す事は賛成できません。

薬剤師1年目の職場はほぼ運によって決まりますが、それ以降は転職してしまう原因はあなたにあると言ってもいいでしょう。つまり転職をするにも正しい戦略と方向性を持って行わないと、同じ過ちを繰り返す事になってしまいます

 

では同じ過ちを繰り返さないために必要なことはやはり情報ですが、薬剤師が転職するのに必要不可欠なものが薬剤師求人サイトになります。

 

ただおそらくあなたは薬剤師の転職サイトを利用したことが1回もないと思います。しかし安心してください。世の中の大多数の人が薬剤師の転職サイトを利用して、自分にベストな職場を紹介して転職するのが薬剤師の転職の流れです。それは1年目の薬剤師でも同じことです。転職のプロにあなたの希望する地域や条件(年収や休み)を提示してベストな求人を紹介してもらいましょう。もちろん1円もかかりません。

 

「でも多くの薬剤師転職サイトがあっても分からない」と言う人もいると思います。そんな時は薬キャリリクナビ薬剤師を登録しておけばあなたの希望する地域の転職先はほぼ網羅できますので、この2つをまずは登録することから始めましょう。

薬キャリの無料登録はこちら

リクナビ薬剤師のむりょう無料登録はこちら

 

そして転職サイトに求人を紹介してもらって絶対に行うべき事は「職場の見学」です。

実際に見学させてもらってあなたの次の職場の雰囲気を絶対に確認するようにしてください。ここをスルーしてしまうと再び人間関係で悩んでしまうような職場に転職してしまいかねません。

そしてこの時ももちろん薬剤師転職サイトを利用すれば見学の調整などを行ってくれますので、あなたは最低限の努力で済みます。これを個人で行うのはかなり大変になりますので、ぜひ薬剤師転職サイトは積極的に利用するようにしましょう。本当に無料です。


薬キャリ



リクナビ薬剤師