薬局薬剤師を辞めたい~人と話すのが苦手~

コミュニケーション能力低くて薬剤師辞めたいJさん

【年齢】24歳
【職場】薬局
【年収】450万円
【休み】普通
【人間関係】普通
【家庭】なし

もともと人と話す事が得意ではない。百歩譲って慣れれば問題ないのだが人見知りが激しく、初対面の相手との会話が苦手だ。
薬剤師1年目は調剤薬局に就職して一通り調剤の事をしっかり勉強しようと意気込んでいたが、やはりここでも問題になってくるのが服薬指導である。同期の友人などは特に問題なく服薬指導をこなしている様なのだが、自分はなかなか患者と上手く話す事ができない。
この前は患者に「どうしてあんたにいちいち話さないといけないのか?」と説教されてしまった。この手の質問はたまにあることかもしれないが、それに対してしどろもどろになり何も言えない自分がいた。それを見た周りのスタッフがフォローしてくれたために事なきを得たが、その原因を作ったのは他でもない自分だという事は分かっている。もう薬剤師をやっていく自信がない。薬剤師を辞めたい。

コミュニケーション不足で悩む薬剤師の解決策

コミュニケーション能力が低い薬剤師

薬局は老若男女いろんな人が訪れる所です。

その環境において話すのが苦手だと本当に大変ですよね。最低限薬の説明をするだけならまだしも、相手の状態を把握してそれを薬歴にも記録しなければならない。しかし新人だとその薬歴に残せる様な患者情報をうまく聞き出す術がない、もしくは何を聞くべきなのかも分からない事も多いのではないでしょうか。

ただでさえ新人の頃は覚える事が多く、薬と向き合うのも大変なのに人と向き合う事が苦手なあなたは余計に余裕がなくなっているのでしょう。

しかも学生実習ではないため責任は自分にあるというプレッシャーもあるかと思います。

 

薬局薬剤師は接客業

そんなあなたに伝えておきたい事は薬局は接客業であるということ。

薬剤師は薬の専門家であり専門職の面が強いですが、こと調剤薬局に関して言えば接客業です。ここを勘違いしてしまうと大変な事になります。

自分の服薬指導スキルもそうですが、患者の心を開かせる方法などを学ばないまま過ごしてしまうのは大変危険です。

あなたが大学生の時はそこまで考えなかったかもしれませんが、薬局は薬を介したコミュニケーションの場。ですからコミュニケーション能力は必須になってきます。

 

薬剤師に必要なコミュニケーション能力とは?

「これからの薬剤師は薬の知識だけではなくコミュニケーション能力が必要」と言われています。そして今まさにあなたはこの壁にぶち当たっているわけです。

しかし本当はこの「コミュニケーション能力が必須」という事ほどいい加減な言葉はありません。もしコミュニケーション能力が大切と言う人がいたら聞いてみてください。

「具体的に何の事を指すのですか?」と。

おそらく「安心して患者さんが話してくれるような薬剤師に~」「薬剤師として患者さんに信頼される~」などの教科書に載っている様な事を言ってくるのではないでしょうか。

実はこの薬剤師におけるコミュニケーションが必要と言うのは便利な言葉であり、色んな対人関係は全てコミュニケーション能力で片づけられるため、本当は全く適切な言葉ではないんですね。

しかし断言します。

薬局におけるコミュニケーション能力、これはマニュアル化すれば全く怖くありません

むしろ気にするべきは職場内のコミュニケーションです。

 

薬剤師のコミュニケーションマニュアル化

例えば患者が血圧の薬を飲んでいるとしましょう。

その際に飲み方や副作用の確認をすると思いますが、その際に事務的に薬の飲み方や副作用を話すのではなく「血圧はどうでしたか?」と聞いてみます。

ただこの程度であれば、おそらくそれはあなたもやっている可能性があると思います。

ですからここにさらにひとひねりが必要となってきます。

 

おそらくあなたは、相手の答えに対して「良い返し」ができないのではないでしょうか。

 

「血圧はいつも通りだったよ」と言われて「そうなんですね」で終わってしまうパターン。これでは相手も気まずく思ってしまいます。

ですからあなたがするべき事はベストな返しをいくつも準備しておく事です。

いつも通りと言われたら「飲み忘れがないんですね」「安定して良かったですね」「薬が合っているんですね」など。

そして最後に副作用はないかも訊ねてみましょう。

 

もしくは前回受診時の血圧のデータがあるかもしれません。

その時は最初に「○○さん、前回は血圧120でしたけど今回はどうでした?」などと少しでも相手の事に関心がある様に、開口一番に質問してましょう。
薬の説明の途中で「そう言えば前回は120くらいでしたねえ~」と切り出すよりも効果があります。

学校の授業では「服薬指導で相手が辛いと言ったら相手に同意しましょう」と学んだのではないでしょうか?

確かに「お辛いですね~」と言う事は大切かもしれません。

しかし現場で一番大切な事は同意する事ではなく、適切な回答を持ち合わせているかどうか。

大切なことはむしろお辛いですねのあと

それによりあなたへの信頼感などは劇的に変わってきます。

もちろん薬学的な知識も必須ですが、人と人のコミュニケーションとしての返しもまた非常に重要になってくるのです。

 

人と話すのが苦手な薬剤師への最終結論

今後相手の答えに対する「返し」を複数準備して服薬指導に望みましょう。

もしそれでもやはり自分は薬剤師に向いていないと言うのであれば病院薬剤師をおすすめします。

 

病院薬剤師はカルテを見る事ができ、また接客業の面は多少緩和されますのであなたが自信をつけるにはおすすめです。

もしくは在宅を行っている薬局に転職するか。実際に在宅の患者に薬を届ける事で、患者が必要としている事やあなたが求められている事をより学ぶいい機会になるでしょう。

それでも患者に抵抗がある場合は薬剤師免許を使って、薬剤師として働かない仕事もアリです。

詳しくはこちらも参考にしてみてください。

薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません


にほんブログ村

スポンサードリンク