女性薬剤師がモテない原因と対策

 

女性の薬剤師の方で婚活を始めようとした人が一度は検索した事があるワードが

「女性 薬剤師 モテる」

ではないでしょうか。

 

そして多くの女性薬剤師、及び薬学生が

「どこのサイトにも女性薬剤師はモテるって書いてある」

「どうやら女性薬剤師がモテるのは間違いないみたい」

と安心してスマホを置くことになったでしょう。

しかし残念ながらこれは何のあてにもなりません。そもそもモテる女性はこんな検索をしませんし、あなたの婚活に何の良い影響も与えません。むしろ百害あって一利なしです。

 

そこで今回は女性薬剤師は決してモテる訳ではない理由とその対策を紹介していきます。

 

女性薬剤師がモテるのウソ

ネット上のどのサイトにも「女性薬剤師は婚活の場において人気が高い」と記載されています。

しかしこれは大きな間違いとなります。

なぜならば確かに女性薬剤師は給料も良いし清潔感もあり何だか良さそうなことだらけですが、それは単なるイメージに過ぎません

 

ただしそのイメージは確かに当たっています。清潔感は人によりますが、少なくと給料に関しては一般的な調剤薬局に勤めている女性ならば十分な収入と考えられているでしょう。

すると給料が高い女性と言うのは婚活パーティーなどの場で確かに人気が高いです。

 

しかしここで重要な点があります。それはあくまでも人気があるのは「薬剤師」と言う職業であって、あなたがモテるかどうかとはまた別問題だからです。

「そんなことは言われなくても分かっているよ!」というあなた。

一度実際に「男性が望む結婚相手(女性)の職業」で検索をかけてみてください。

看護師や保育園・幼稚園の先生は必ず上位にランクインしていますが、薬剤師が登場する事はまずありません。

 

つまり相対的なイメージだと女性薬剤師は必ずしも人気が高いとは言えないんです。

 

女性薬剤師が人気が高くない理由

ではどうして女性薬剤師が男性からみると人気が高い職業ではないのでしょうか?

その答えは女性薬剤師のイメージが漠然とし過ぎている点、つまり良く分からないからと言えます。

 

はっきり言って女性薬剤師は数ある資格の中でトップの資格と言っても過言ではありません。

全国どこにでも求人があり、おまけにどこで働いても給料が高い。そして夜勤がある職場も少数派で、産休後の復帰も容易。例えパートでも十分過ぎるほどの収入を得ることが可能ですし、医療の知識もあります。
安定の意味をみれば男性からもかなり人気が高い公務員と同等レベルと言ってもいいでしょう。

しかしそれでもどうして男性が結婚したい職業の上位にランクインしないのかと言えば、やはりまだまだ薬剤師の認知度が低いからと言えるでしょう。

 

ではそんな女性薬剤師が婚活でやるべきことは決まっていきますね。

取りあえず今回は2つ紹介します。

 

女性薬剤師が婚活のためにするべきこと

・結婚願望があるアピール

手に職がある人、特に看護師や薬剤師は結婚願望がなさそうなイメージが他の職種に比べると強いと言われています。

その理由は給料も十分貰えるため、一人でも生きていけそうと思われているからです。

これは婚活において大きな足かせとなりますので、そう思われない様に結婚願望が強いと公言しましょう。

 

・お金を持っているアピール

女性薬剤師は初任給は大企業のサラリーマンよりも多くの給料を貰えます。

もちろん生涯年収で言えば大企業にかなう事はありませんが、婚活に重要な30代前後の年代での給料は他の職種に比べてかなり高いと言えるでしょう。

ですからあなたは給料をそこそこ貰っているということをアピールしてください。

これは女性薬剤師が十分な給料をもらっている事をイメージではなく「リアル」に印象付けるためです。

 

あなたは介護福祉士の給料はいくらか知っていますか?

あなたは行政書士の給料はいくらか知っていますか?

おそらくイメージでしか給料の多寡を知らないはずです。そしてそれは薬剤師も然り。

 

ですからさりげなくでいいんです。薬剤師はお金持ちではありませんが、初任給では他職種と比べるとお金持ちです。

しかし中には「お金があると思わせるのは逆効果なんじゃ・・・」と思われるかもしれませんが、お金がある事がマイナスに働くことはまずありません。

 

ただその加減が分からずに相手に「嫌なやつだ」と思われるといけませんよね。

そこでさりげなくあなたがお金を持っている事を相手に印象付ける方法があります。それは会話の最中に気になる相手に1つの質問をぶつけてみてください。その質問とは

 

どうして今の職場を選んだの?

 

と言う質問です。

すると相手はほぼ8割以上の確率で聞き返してくるでしょう。

 

「君はどうして今の職場を選んだの?」もしくは

「どうして薬剤師になろうと思ったの?」と。

 

その時あなたはこう答えてください。

 

「薬剤師として勉強したかったのとお給料が良かったからと。

 

薬剤師として勉強したかったの部分は何でも結構です。家から近かったでもいいですし、大手だからでも問題ありません。ただ最後に給料が良かったからと付け加えるようにしましょう。

 

多くの人が職場を選ぶ際に給料を重視するのに、面と向かって給料が良かったという人ってあまりいませんよね。その理由はやはり入社してすぐは給料がどこも高くないから

そんな時に薬剤師は初任給が高いことが一番の魅力になりますので、気にすることなく給料が良かったことを告げて自然とアピールしてみてください。

 

<まとめ>

女性薬剤師はイメージでしか知られていないケースが多い。よって薬剤師だからとモテる訳ではない。しかし女性薬剤師はかなり有利であることは間違いないので、イメージではなくリアルに知ってもらう事が重要。その中で給料を多く貰っている(初任給に関しては)ことを男性にさりげなくアピールするべし。

スポンサードリンク