薬剤師のお金事情

大手調剤薬局チェーンの給料ってどうなの?初任給を調べてみた!

 

今回は調剤薬局の大手チェーンの初任給ランキングを紹介します。

大手の初任給ってどうなの?と思っている方や新卒で大手調剤薬局チェーンへの就職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

今回紹介する企業は

・アイングループ

・日本調剤

・クオール薬局

・総合メディカル

・クラフト

・アイセイ薬局

 

を紹介し、新卒の初任給を紹介しています。

また大手調剤薬局チェーンは全国転勤可の場合と転勤なしの場合がありますので、転勤のない方を紹介します。

※引用は各企業HPの募集要項となります

 

大手調剤薬局チェーンの初任給

アイングループの初任給

月給245,000円~355,000円

(残業手当・通勤手当等は別途支給)

賞与:年2回

 

日本調剤の初任給

月給250,000〜310,000円

賞与:年2回  薬剤師職平均5.92ヶ月

 

クオール薬局

月給261,000円~321,000円

(時間外手当・通勤手当等は別途支給)

賞与:年2回

 

総合メディカル

月給230,000円〜300,000円

賞与:年2回

 

クラフト薬局

月給253,000円〜352,500円

賞与:年2回

 

アイセイ薬局

月給250,000円〜450,000円

賞与:年2回

 

大手調剤薬局チェーンの初任給ランキング

ほぼ横並び

 

アイングループ:245,000~355,000円
日本調剤:250,000~310,000円
クオール:261,000~321,000円
総合メディカル:230,000~300,000円
クラフト薬局:253,000~352,500円
アイセイ薬局:250,000~450,000円

 

大手調剤薬局チェーンは基本的に初任給は横並びです。

ボーナスも年2回になりますので年収も大きくは違いません。

最高額で言えばアイセイ薬局が45万円とずば抜けてしますが、他の企業がほぼ横並びなのを見ると、おそらく45万円の給与を手にする人はかなり少数派になるでしょう。

 

大手調剤薬局チェーンは全国勤務もあり

大手調剤薬局チェーンは

・転勤のないケース

・決まった地域内で転勤のあるケース

・全国転勤のあるケース

の3つがあります。

そして全国転勤可能の方が初任給で言えば約5万円前後高くなります

 

大手チェーンで初任給500万は絶望的

大手調剤薬局チェーンの給料ははっきり言って高くありません。

 

年収で言えば500万円を貰う事はありませんので、もし1年目薬剤師から高い給料をもらいたい人にはおすすめできません。

しかし大手の方が教育の面や福利厚生が安定していますので、もし最初にきっちり学びたい人や大手調剤薬局チェーンに一生を捧げたい人はおすすめです。

 

ただ大手に入ったからと言ってあなたが自動的にスキルが身に付く事は100%ありませんので、もしやる気がある人は勉強したいからという理由で大手調剤チェーンは絶対に選ばないようにしましょう。

 

大手調剤チェーンは昇給はどのくらい?

大手調剤チェーンは初任給が安いです。

「しかしその分昇給が良いのでは?」と考える人も多いのではないでしょうか。

では実際に日本調剤を例に紹介したいと思います。

平均勤続年数5.8年

平均年間給与:558万円

日本調剤有価証券報告書より

約6年勤務して558万円の給与になりますので、初任給を多く見積もって約450万円とすると5年で約100万円の昇給になります。

つまり年20万円の昇給になります。

 

ただし大手調剤チェーンの昇給は単純な勤務年数ではなく、役職による昇給が大きいため、年間20万円の昇給とするのは正しくありません。

 

大手調剤チェーンの年収を考える場合は「昇給がいくら」という事よりも「6年勤務して年収が550万円」であることをあなたが受け入れるのかどうかの方が重要です。

 

新卒薬剤師は大手調剤薬局チェーンあり?なし?

新卒薬剤師が大手調剤薬局チェーンに勤めるのはアリです。

最初の研修で薬剤師としての基本を学ぶ事もできますし、同期などの横のつながりもできます。

しかし大手調剤薬局チェーンを勧めないケースもあります。

 

それは全国勤務で地方で働く場合です。

 

大手調剤薬局チェーンの場合はたとえ地方と言えども給料が安いです。

今は薬剤師は売り手市場で、特に地方は薬剤師不足が顕著ですからびっくりするくらい高い給料を新卒薬剤師でも提示している事も多いです。

そんな状況において安い給料で地方で働く程ナンセンスな事はありません。

あなたの機械的損失はかなり大きいです。

もしあなたが地方勤務になった場合はその土地の薬剤師の求人を一度ネット検索してみてください。

おそらくあなたは自分の給与明細と見比べて呆然としてしまうはずです。

 

そして給料だけが全てではありませんが、基本的にずっと調剤薬局チェーンで働く人は少ないです。

つまり多くが辞めていきます。

ですから一通り大手で学ぶ事が出来たら生涯年収を考えても早めの転職をおすすめします。

大手調剤チェーンで管理薬剤師の経験があればそれでもう十分です。

その肩書を手に入れるまでは大手で働き、その後は年収の高い職場に転職するのも賢い方法と言えるでしょう。

 

おすすめの薬剤師プランとして、大手調剤で管理薬剤師のノウハウを手に入れて、あとは年収900万円を選択するプランがおすすめです。

あわせて読みたい
高額薬剤師求人
薬剤師の高年収転職は年収1000万より○○を探すべき!! 薬剤師が転職する時に一番真っ先に目にする条件が年収ではないでしょうか。 もし休み重視で職場を探したいという薬剤師の人も、同...

 

新卒薬剤師がお金を求めるということ

多くの新卒薬剤師は「お金は二の次」と考えがちです。

「まずは薬剤師としての勉強をする事が何よりも大切」と考えて大手調剤チェーンに就職する人は本当に多いです。

 

しかしながら遅かれ早かれあなも含め多くの薬剤師が間違いなくお金を意識し始めます

 

それならばダラダラ安い給料の大手調剤チェーンで働くメリットはありませんし、いずれにしてもあなたは大手調剤チェーンを辞めると思いますので、なるべく早めに行動する事をおすすめします。