薬剤師のお金事情

関東で唯一薬学部がない茨城県の薬剤師求人の年収は高い?

関東には東京をはじめ非常に多くの薬学部があります。

元々東京は私立大学薬学部が多い所ですが、薬学部新設ラッシュを経て埼玉・千葉・栃木・群馬などにも薬学部が誕生しました。

しかし関東の中で唯一薬学部がない県があります。それは

茨城県です。

 

そもそも茨城県にはつくば薬科大学という薬学部が設置される予定でしたが、経営難が予想されるなどの理由から設置が見送られました。

それ以降茨城県には唯一薬学部がない関東の都道府県として存在しています。

 

そして一般的には

薬学部がある=薬剤師の供給が行われる

という概念があるため

薬学部がない=薬剤師の供給が悪い

ということも同時に考えられます。

 

さらに薬剤師が足りていない地域では薬剤師の需要が高く、それが給料に反映しているとも考えられます。

そこで今回は関東で唯一薬学部のない茨城県の薬剤師の求人情報を検索してみました。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

なお今回は薬剤師求人サイトのエムスリーキャリを使って検索しています。

 

茨城県の薬剤師求人数は多い??

茨城県の薬剤師求人を検索すると

325件もの求人がヒットしました。

 

この数字が多いのか少ないのか分かりにくいと思いますが、隣県・ライバルとされている群馬・栃木県の薬剤師求人も同時に検索したところ

 

群馬県の薬剤師の求人:約315件

栃木県の薬剤師求人:319件

 

となっていました。

つまり薬剤師の求人だけを見ると茨城県は特段薬剤師の需要が高いというわけではなさそうです。

 

また茨城・栃木・群馬の人口を考えてみると、栃木・群馬県は200万人弱なんですが茨城県は300万人弱と他の2つの県よりも100万人程度人口が多い都道府県になっています。

そうなるとむしろ人口の割に茨城県は薬剤師の求人は少ないとも考えられます。

 

また実際に都道府県別の人口10万対薬剤師数を見てみると

茨城>栃木>群馬

の順となっています(ただし大きな差はありません)。

都道府県(従業地)別にみた人口10万対薬剤師数

 

ここまでくると茨城県は薬学部がない都道府県だからと特段薬剤師の需要が高いという訳でもなさそうです。

 

茨城県は薬剤師の高額求人が多い

茨城県は薬剤師の需要は他県と比べて特に高いわけではありませんが、実際に茨城県の薬剤師求人を探して見ると高額な求人がかなりの数ヒットしましたので、ざっくり紹介していきます。

 

こちらは年収600万円からの調剤薬局の求人です。

 

ただ年収600万円以上の求人は他にもゴロゴロ存在します。

 

茨城県の県庁所在地で最も人口が多い水戸市においても年収650万円からの求人も存在します。

 

次に茨城県で人口が多いひたちなか市でもこちら。

600万円スタート、最高で850万円の求人になります。

 

そして茨城県では病院薬剤師でも高額な求人があります。例えばこちら。

 

いずれも年収600万円以上の求人です。病院薬剤師で年収600万円がいくつもあるのは良いですよね。

 

そして最後に最もスタート年収が高かったのはこちら。

年収700万円からのスタートの調剤薬局の求人になっています。

 

茨城県の薬剤師求人のまとめ

茨城県は関東地方で唯一薬学部がない県になりますが、隣県の薬学部がある群馬県や栃木県と比較しても極端に薬剤師の需要が高いわけではなさそうです。

しかしそれでも薬剤師の求人数・高額年収が存在する点や、東京などへのアクセスも良好な事を考えると薬剤師の働く場としては大変恵まれた環境だと思います。

余談ですが、茨城県・栃木県・群馬県は何かとよく比較される3県になりますが、実際に茨城県は人口も隣県の2つよりも100万人近く多いことは知りませんでした。

 

今回求人数などを検索したのはエムスリーキャリアを使って検索しています。

検索した時点が2017年8月中旬になりますので、最新の求人状況を知りたい場合は実際に検索を行ってみる事をおすすめします。
薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア