薬剤師求人サイトの裏技

薬剤師が給料が高くて楽な職場に転職する方法

 

今回は薬剤師が楽な職場でおまけに給料の高い職場に転職する方法を紹介したいと思います。

薬剤師の中には「バリバリ仕事をして給料は二の次」という人も少なくないです。しかし中には本音では給料が高くて忙しくなくて楽な職場で働きたいという本心の人も多いのではないでしょうか。

ただそういった職場を見つけるのはなかなか難しかったりしますよね。

 

そこで今回は薬剤師の求人・転職サイトを利用して

薬剤師が仕事が楽で給料が高い職場を探す裏ワザ

を紹介していきたいと思います。

興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師は楽な職場でも高い給料がある現実

休みの多さと楽な職場は違う

まず注意する必要があるのが

休みが多い薬剤師の職場=楽な職場

とはなりません。この2つは全く別物になります。

 

もちろん休みが多いことは喜ばしいことですが、仮に休みが多いと言ってもせいぜい週休2日にプラスして半日休みがあったり、土日と祝日が休みであったりする程度の事が関の山です。

また休みがほんの少しだけ多くでも、1日が超ハードな薬局などでは決して楽な職場とは言えませんよね。そして休みが多い分給料は安く設定されている所も少なくありません。

ですから休みが多い職場だからと言っても安易に飛びつかないように注意しましょう。

 

そして今回探していくのはあくまでも薬剤師が楽で給料が高い職場に転職する方法になります。

薬剤師の仕事は「休みの数」が「楽な職場」に直結しないので注意してください。

 

「忙しい薬剤師の職場は給料が高い」のウソ

一般的に薬剤師の職場を考える時に忙しい職場だと給料が高いと考える人が多いのではないでしょうか。

例えば一人薬剤師。この場合は調剤薬局の中の仕事を1人でまわす事になりますので薬剤師の仕事の内容としてはハード。一方で給料の方も高めに提示してあることが多いです。

 

では忙しい職場でなければ給料が高くないのかと言えばそんな事もありません。

薬剤師の給料は忙しい・忙しくないの2択では決まらず薬剤師の需要と供給のバランスにより定められています。

 

ですから忙しくない職場だとしても薬剤師の需要が高い場合には必然的に給料も高くなっていきます。

薬剤師の職場には忙しくなくても給料が高い場合があります。

全ては需要と供給のバランス、そして経営者の考えによって決まります。

 

薬剤師は地方が給料が高いのは昔の話し

では薬剤師の需要と供給の話しになると必ず言われる事が

「薬剤師の需要が高いのは地方でしょ?」

と思う方も多いかと思いますが、かねてから言われている「地方が給料高くで都会は安い」という薬剤師の給料事情は大きく変動しています。

 

例えば2017年度の都道府県別薬剤師の年収を参考にしますと

東京:10位で570万円

大阪:33位で510万円

となっており、最も年収が低いワースト3は

石川:45位で477万円

宮城:46位で471万円

三重:47位で435万円

となっています。都道府県別 薬剤師年収ランキング(2018年版)

 

つまり単純に地方と都会によって薬剤師の年収に差が生じているのではなく

実際の薬剤師の働く場所、薬剤師の人数が大きな要素となっているんです。

薬剤師の給与は

都会でも給料が高いケース

地方でも給料が安いケース

がありますので、しっかり自分が働く場所の需要をリサーチする必要があります。

 

薬剤師が楽な職場は処方箋枚数と常勤薬剤師の数

では忙しい職場の目安として挙げられる事でほぼ鉄板な事があります。それは

1日あたりの処方箋枚数が多い薬局は忙しい

これはほぼ例外なく忙しい職場です。

 

例えば1日処方箋枚数が120枚だとします。すると薬剤師の適正人数は3人ということになりますが、実際薬剤師3人で処方箋120枚というのはかなり大変です。もちろん処方内容によると言えばそれまでですが、1人あたり40枚をこなすのは正直かなり忙しい職場と言えるでしょう。おまけに最悪の場合薬剤師が3人未満の場合もありえます。

 

では1日の処方箋枚数が30枚ならばどうでしょうか。ただこちらも「1人薬剤師で30枚の処方箋をこなす」という状況であるならば、これも大して楽な職場とは言えません。

もし仮に薬剤師にとって診療科が比較的楽とされている整形や眼科などの単科門前だったとしても、結局は30人に服薬指導を行うのはかなり大変です。

 

そして何より大変な事は「薬歴まで書くのが薬剤師の仕事である」という点です。

30人に服薬指導をしてその薬歴を残す事を考えれば、処方箋30枚と言う数字は決して楽な職場とは言えないでしょう。

 

つまり薬剤師がいかに楽な職場を探すか否かに関しては以下の2つの事が大事と言えます。

薬剤師が楽な職場を探す上で確認が必須なこと2つ

・1日あたりの処方箋枚数

・常勤の薬剤師の数

 

薬剤師が楽して給料の良い職場に求める4つの条件

ではどうすれば薬剤師が1人当たりの負担が少なく、おまけに給料が高い職場を見つけられるのでしょうか。実際にその方法を紹介していきます。

 

まず薬剤師求人サイトなどを利用して「4つの条件」を探します。

その4つの条件は以下になります。

・1人あたりの処方箋枚数30枚以下

・給料が高い求人を探す

・「一般薬剤師」を募集している求人を探す

・診療科を確認する

まず処方箋30枚以下の職場ですが、はっきり言って30枚以下の薬局は必須です。年間の平均でも30枚を下回らない薬局はピークの時期では「楽な職場」からかけ離れてしまいます。

 

給料はあなたが満足する範囲の給料の高い職場を探してください。この場合にはあなたの住む都道府県全体で探す事をおすすめします。必ず十分高額な求人が絶対存在します。多少の引っ越しを伴っても広い範囲をカバーしてみてください。全国転勤のある大手チェーンと思えば優しいものです。目的は楽で給料が高い職場を探すためです。

 

そして一番大切な点が「一般薬剤師を募集している職場」になります。

どうしてこの条件が必要なのかと言いますと、これが「管理薬剤師募集」という条件ならば、最悪将来的にあなたが1人でその薬局の管理薬剤師として働かなければならなくなる可能性が否定できません。むしろその可能性はそこそこ高いです。

 

しかしこれが一般薬剤師を募集しているのであれば、そこには別に管理薬剤師が1人いますので、その職場は最低でも常勤薬剤師が2人いることになります。

もちろん「1日あたりの処方箋枚数」はあくまでも「年間通して平均しての1日あたりの処方箋枚数」になりますから、日によっては50枚や60枚の時もあるでしょう。しかしその様な場合にも最低2人の常勤薬剤師がいれば安心です。逆にこれが1人だとすると地獄を見る事になります。

 

ただし処方箋枚数がそこまで多くないのにすでに勤務している薬剤師の数がなぜか多い職場は、1枚あたりの処方箋の内容が極端に重たいケースが多いのでこの場合は避けるようにしてください。

この時のポイントは診療科です。診療科は内科や総合病院の門前薬局は言わずもがな処方箋の内容が重たいです。診療科は内科や総合病院の門前薬局は言わずもがな処方箋の内容が重たいです。

 

案外1人薬剤師で楽な職場も多い

また、1人薬剤師で楽で給料の高い職場を探すという手段もあります。もし「1人薬剤師でも構わない」という人にとっては、楽で給料の高い職場を探す事は非常に簡単です。

 

と言うのも1人薬剤師である時点で給料は高めに設定されています。ですから問題は「どれだけ忙しいか」という点になってきます。

1人薬剤師だと仮に処方箋枚数が30枚以下でもハードな職場は多いです。そして処方箋が重たい診療科の門前の場合は一包化を1人で行い、その監査も自分で行う必要があったりと絶対におすすめしません。

 

ですから

1日あたりの処方箋枚数の確認は必須。

その上で診療科の確認も必須。

さらに言えば薬剤師の転職サイトを利用して2つの事を確認しましょう。

・残業時間

・ヘルプ体制があるか

1人薬剤師で業務を行っていると残業時間が長くなりがちですが、それに対する残業代を支払われる事は基本的にありません。と言うのも1人薬剤師は給料が高めに設定されていますが残業代も含まれている事が多いためです。ですから残業時間を確認して受け入れられるか否かも判断してください。

またヘルプ体制がない場合は這ってでも仕事に行かなければなりません。ですからこの場合も事前にしっかり確認するようにしましょう。

 

薬剤師が楽な職場を探すためには病院も視野に入れる

薬剤師の職場の多くは調剤薬局になります。そして調剤薬局の薬剤師から転職を考える人も多いのではないでしょうか。

 

しかしその様な人こそ病院薬剤師やドラッグストア薬剤師まで視野にいれて転職を考えて欲しいです。

 

その理由に病院薬剤師やドラッグストア薬剤師(特に調剤併設型)の職場は今回紹介した「薬剤師が楽で給料の高い職場を探す方法」を満たす条件の職場が非常に見つかりやすくなっているためです。なぜなら一定数の薬剤師は初めから調剤薬局しか転職先を考えないからです。

病院薬剤師の場合は「1日当たりの処方箋枚数」ではなく「入院病床数」を考えれば、入院患者の調剤の目安になりますので、事前にホームページなどを使って情報収集しましょう。年収600万円の病床数の少ない病院薬剤師が狙い目です。

 

また調剤併設型の薬剤師の年収も高めに設定されている事が多いですが、ショッピングモール内で1日10枚以下の処方箋の調剤併設ドラッグストアも決して珍しくありませんのでかなりおすすめです。

 

薬剤師が何も考えずに楽な高い給料の職場を探すシンプルで効果的な方法

楽して高い給料が貰えることを目指すのは何も悪いことではありません。

薬剤師の働き方に良いも悪いもありませんし、何を人生の主軸においても全く問題ありません。

ですから楽を考えたい薬剤師こそ、真剣に楽できる職場を探すように努力しましょう。

 

ただ「仕事探しもできるだけ楽をしたい」「自分で探すのは大変そう」と考える人におすすめの方法があります。

それは超シンプルに薬剤師転職サイトの担当の人に「楽で給料の高めの職場を紹介してください」と告げる事です。これは一見無謀に見えますが実は一番効率がいい方法です。

 

と言うのもあなたの要求を聞いた転職サイトの人はきっとこう考えます。「楽で給料の良い職場を紹介すると絶対に転職してくれるはず」と。かたや転職サイト側からすると一番困るのが「何となく転職したい人」です。なぜなら目的があいまいなので紹介のしようがないからです。

 

それにあなたの要求は実は「ありがちな要求」です。もちろん多くの薬剤師がストレートに言わないまでもだれもが楽で給料が良い職場を求めているからです。

転職サイトはこれまで何人、何十人もの薬剤師の転職をサポートしています。あなたの求める要求はあなたと同じ様にこれまで多くの薬剤師が求めた要求に過ぎません。

ですからあなたが頭を悩ませて求人を吟味するよりも転職サイトの担当の人にシンプルに伝えるのが一番なんです。

 

ただここで最後の注意点があります。それは情報はどの薬剤師転職サイトを利用するかと言う事です。

そしてこの結論も出ており、ズバリ求人数の多い薬剤師転職サイトを選びましょう。

 

では具体的に求人数で選ぶならば薬キャリとリクナビ薬剤師の2つを利用すればあなたの住んでいる地域の薬剤師求人のかなりをカバーできます。

薬キャリへの無料登録はこちら

リクナビ薬剤師への無料登録はこちら

この2社はそれぞれ都市部と地方の両方に強いタイプになり、日本中の薬剤師求人を持っています。

 

繰り返しになりますが薬キャリとリクナビ薬剤師を利用すべき理由は「求人数の多さ」です。とにかく求人数だけを重視すべきです。

 

薬剤師の場合、楽で給料が高い職場を探すのは求人の質ではなく量になります。

求人数すらあればその中から質の良い求人を探す事ができます。つまり求人の量は質に直結します

細かい理由はこちらでも紹介していますので時間があればぜひ参考にしてみてください。

薬剤師転職サイトの選び方
薬剤師転職サイトの選び方の最終結論!! 転職する薬剤師のほとんどの人が薬剤師転職サイトを利用していると思います。 そしてどの転職サイトを利用しようかと考えた時にス...

 

もしあなたが取りあえずまずは1社だけ登録したいと言う場合には個人的には薬キャリをまず登録することをおすすめします。求人数は本当に多いです。また更新も多いのが特徴です。



薬キャリ

●ドラッグストアへの転職も強く視野に入れている、住んでいる地域が地方であると言う場合にはリクナビ薬剤師を利用しましょう。できれば薬キャリとの同時利用がおすすめです。



リクナビ薬剤師