薬剤師が辞めたいパターン

薬剤師が給料を理由に退職を考えたなら即辞めよう

 

自分がやりたい事を重視する一方で「給料が安い」事がネックな薬剤師も多いです。

そして「お金は働く上で二の次でいい」「自分がやりたいことをやるべき」と言う声も聴きますが、お金はかなり重要なウエイトを占めます。

 

そこで今回は給料が安くて辞めることを考えている薬剤師の悩みを見て行きたいと思います。

勤務環境に問題なし。人間関係も良好。しかし給料だけがネックの薬剤師勤務の方はぜひ参考にしてみてください。

給料が安くて薬剤師を辞めたいAさん

【年齢】30歳
【職場】個人病院
【年収】450万円
【休み】普通
【人間関係】普通
【家庭】あり

薬剤師A
薬剤師A

薬剤師国家試験に合格し学生の頃から憧れの病院に就職できた。

職場の人間関係も特に悪くもなく普通だが、それはつまり良いという事かもしれない。

職場も病院という事もあり決して大きな病院ではないがしっかり勉強もできる環境だ。

しかし唯一の問題が給料が安いという事。

同期の薬局に勤めている友人は管理薬剤師を任されて年収600万円を貰っている人も珍しくない。

お金が全てとは思わないが、将来の事を考えたり今の現状を客観的に見てもやはり給料が不満。

勉強もできる環境で憧れの病院で仕事ができて、さらに給料まで望むのは高望みし過ぎかもしれないがあまりにも給料が安すぎる。

正直今の病院薬剤師を辞めたい。

 

給料が低い薬剤師の問題と解決法

薬剤師の給料問題は非常に簡単

薬剤師の悩みには色んな悩みがありますが、単純に年収を上げるだけの転職は一番簡単です。今は薬剤師は売り手市場ですからいくらでも給料が高い求人は存在します。例え病院薬剤師でも今のあなたの年収より高い求人は存在します。

これはまさに「年収450万円→600万円に上がって転職成功しました」というネットの転職サイトにありがちなテンプレートの様な事例であり、決して高いハードルではありません。

かたや今の職場であなたの給料が劇的に上がる可能性はほぼゼロに等しいでしょう。

もし仮に定年まで勤め上げたとしても、ある程度の限界が見ているはずです。するとあなたはずっと薬剤師の給料が安い不満と付きあう必要性が出てきます。

「では給料の高い所に転職しよう!」という事になりますが、なかなか動けないのが人間です。薬剤師の転職には大変なエネルギーを要しますから、即座に行動に起こせない薬剤師は決して少なくありません。

給料が安くても薬剤師が転職しない理由

そして薬剤師が転職に踏み切れない原因としては転職先の職場で人間関係も良好勉強ができる環境が補償できるのかという不安が拭い切れないからではないでしょうか。

 

例えば転職サイトを利用してあなたが理想とする職場を探すのもアリですが、転職サイトは転職させる事がゴールなのでその先は個人の問題となりもちろん補償はされません。かと言ってあなたはもとの職場に戻る事はできないでしょう。

そうなるとなかなか踏ん切りが付かないのも分かりますし、もし転職先が最悪な職場であるならば後悔する可能性も出てきます。エネルギーを使って退職し転職したのにこれでは元も子もありません。

つまりあなたは今の変わらない給料に不満を抱きつつも、今の環境を手放したくないジレンマに陥っている、簡単に言えば「転職先の人間関係を恐れている」のではありませんか?

 

転職した事をイメージすべし

では実際にあなたが転職した時の事をイメージしてみましょう。あくまでもイメージなので気楽に行ってください。

 

まず今あなたの一番の不満は給料です。では転職したらどうなるか?

まず給料面の不満は即刻改善できます。問題は人間関係と勉強できる環境かという事ですね。

 

ただし勉強できる環境か否かという点に関してはある程度事前に情報は収集可能です。

実際に転職先を見学させてもらったり、極端な事を言えば自分1人でも勉強はできますので、それを環境のせいで勉強ができないというのはどこかで「甘え」があるからでしょう。

 

ですからこの問題で一番の問題がやはり転職した後の職場の人間関係に落ち着きます。

ただ、はっきり言ってこればかりは分かりません。良い場合もあれば悪い場合もあるでしょう。しかし仮に職場の人間関係が多少悪くても我慢できる程度ならばどうですか。

実はこの一番の問題である転職先の人間関係の不安を最小限にする方法があります。それはあなたが本当に必要とされる職場で働くことです。この職場の見つけ方はこちらで紹介していますので詳しくはこちらを参考にしてみてください。

薬剤師転職
人間関係で悩む薬剤師とはこれでサヨナラ!究極の転職法はこれ!!転職しても人間関係で悩んでしまう薬剤師は多いですが実はその理由は必然になります。それはあなたが必要とされていない人間だからです。ですからあなたがやるべきことはあなたが必要とされる職場に転職する方法です。具体的にその方法を紹介します。...

 

あなたは転職先の人間関係の不安を解消できる職場ならば、自分の職場の一番のネックだった給料問題が解決し、場合によってはさらに人間関係ですらさらに良くなる可能性だってあるはずです。

少なくとも今確実に言えることはのままでは給料問題に関しては一生改善する事はありません。

 

薬剤師が転職で後悔するなら高望みすべき

もしあなたが転職を考えるならば一度「とことん高望みを追求してみる」事をおすすめします。

 

おそらくあなたは学ぶ姿勢が身に付いている人物であるため、環境が変わっても知識の面でしっかり貢献でき色んなやりがいを見つける事ができるはずです。それに案外職場の人間関係がこじれない場合も多く、杞憂に終わる事もあるでしょう。

ただもし人間関係が最悪だった場合でも、おそらくあなたはまた「辞めようか、どうしようか」と悩む事になると思います。

 

しかし結果辞めるとしてもその間も給料は貰い続ける事になりますので、それならば給料が高いに越したことはありませんよね。

休みや給料などをとことん高望みしてもし万が一辞める事になっても、辞める事を悩む期間すらも意味のあるものにしましょう。

 

そしてできることならば上で紹介した通り、人間関係で悩まない様な職場への転職をリサーチする事をおすすめします。

 

薬剤師にとって給料が安い問題は大した問題ではない

繰り返しになりますが薬剤師にとって給料が安い問題ははっきり言って大した問題ではありません。給料だけを重視するならば全くハードルは高くないからです。

ですから残された課題はどうやって無難な職場に転職するか?という事になります。そのためにはやはり自分が働く職場をしっかり確認する必要がありますし、自分が働く人たちの人柄を知る必要があるでしょう。

 

ですから単純に給料で飛びつくのではなく、自分がその職場でやっていけそうかどうかを自分の目で確認するようにしましょう。