薬剤師が辞めたいパターン

結婚を機に薬剤師が職場を辞めるのは千載一遇のチャンスです

薬剤師はどこでも働ける・仕事があるのがメリットです。

特に女性薬剤師にとっては最大の武器となります。

 

しかし女性薬剤師の中には「今辞めてもいいのか?」と、寿退社をする事をためらう人も少なくありません。

そこで今回は結婚を機に仕事を辞める事を考えている薬剤師の悩みを見て行きたいと思います。

今の職場を辞めたい気持ちが強く、結婚する予定がある薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

結婚を機に仕事を辞めたい薬剤師Yさん

【年齢】29歳
【職場】調剤薬局
【年収】500万円
【休み】普通
【人間関係】問題あり
【備考】今年結婚予定

薬剤師Y
薬剤師Y

転職経験は過去に1回。薬学部を卒業してからは地元の中小の調剤薬局に勤めていた。

しかし給料面に不満があったために他の個人の調剤薬局に転職した。

給料は以前の薬局よりも多く貰えるようになったが、その個人の薬局は最低限の薬剤師しか在籍しておらず、事務の人が調剤室に入る事もしばしば。仕事はかなりハードな薬局で定時で帰れた記憶はない。

そんな薬局に勤めている中、付き合っている男性と今年結婚する事になった。

個人的にはすぐに仕事を辞めたいのだが、正直妊娠している訳でもなく結婚した後も働き続ける必要があるために寿退社する事に躊躇している。

また医療業界は日進月歩。ブランクがある事でキャリアが途切れる事も不安である。

本音は今の薬局を辞めたいがどうしようか悩んでいる。

女性薬剤師が働きやすい職場・そうでない職場

薬局や病院で働く女性の数はかなり多いです。

ちなみに40歳未満の薬局や医療機関で働いている女性薬剤師の数は約5700人となっています。

性、年齢階級別にみた薬局・医療施設に従事する薬剤師数

 

そもそも薬剤師免許を取得している割合から言っても女性の方が比率が高めであり、また女性の働きやすい職場としては薬剤師免許を利用した働き方が多数派を占めるためとなります。

 

しかし女性の働きやすい職場として調剤薬局がよく挙げられますが、それはあくまでも大手の話しであり、中小の薬局や地方の病院に関しては十分な数の薬剤師を確保する事が出来ずに、常に最低限の人数で業務を回す職場も決して少なくはありません。

 

そしてその様な職場は休みをもらう事を後ろめたく感じてしまい、結果退職の選択肢を余儀なくされる人も少なくないのではないでしょうか。

 

そうなると、いざ結婚・出産となっても代わりの薬剤師が在籍しており安心感が高い大手に就職したいと考える人も多く、近年さらに大手の調剤薬局を就職先に選ぶ薬剤師の方も増えています。

 

しかしあなたの置かれている現状の職場は人数も少なく、休みも容易に取れる様な職場ではありません。

おまけに出産ではなくあなたは単に結婚になりますので、あくまでも1つの区切りにしかすぎません。

 

そんな境遇においてあなたは「今仕事を辞めるのはどうなのか?」と自問自答してしまうかもしれませんが、もし今の薬局を去りたいと考えていたのであればこれ以上に良いタイミングはありません。

千載一遇のこのチャンスを見逃すわけにはいきません。

 

結婚は転職に都合のいいタイミング

なぜ薬剤師にとって結婚が転職に都合のいいタイミングかと言いますと、まず第一に今の環境を合法的に去る事が出来るからです。

 

おそらくあなたは「転職」というこの2文字にかなりのプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

転職回数が増えると次の転職に不利になると考える薬剤師は非常に多いです。

しかし薬剤師が不利になる転職というのは「人間的に問題があって転職を繰り返す薬剤師」であり、結婚して辞める寿退社は全く不利になりません。

 

つまり経歴には一切傷つく事なく、転職のカードを切る事が可能になるんです。

 

しかも次の職場はあなたのライフワークの中心に「家庭」を置いて職場を探す事が可能となりますので、これ以上ベストのタイミングはありません。

 

薬剤師が仕事を辞めるきっかけは少ない

人間は嫌な事でもそれが当たり前になってしまうと、むしろその環境から逸脱する事の方に抵抗を示すようになります。

おそらくあなたも今の薬局の職場に不満を抱きつつも、今の職場を辞めることはすごいエネルギーを消費するため、あまり触手が動かないのではないでしょうか。

 

そして実際に薬剤師が辞めたいと思っていてもなかなか辞めるまでたどり着かないのは「きっかけ」が少ないから。

このきっかけが背中を押してくれない限りあなたはおそらく永遠に今のつらい環境から抜け出せずにいる事でしょう。

 

そう考えると結婚と言うのはまさに1つの大きなきっかけです。

 

大切な事はあなたの生活

結婚してこれまでの生活が変わった場合、2人のライフスタイルを重視していく事はとても大切な事です。

おそらく家事もこれまで以上に行う必要性があるでしょうし、あなたが精神的・肉体的に追い詰められては元も子もありません。

 

生きるための仕事であるはずなのに、仕事のために多くを犠牲にする。

その生き方のアリ・ナシを決めるのはあなたしかいませんが、現状不満がある職場のためにそこまで貢献する必要性が本当にあるのか一度考え直してみましょう。

 

仮に寿退社した後に別の職場ですぐに働いても全く問題ありませんので、今の職場に一区切りつけてはいかがでしょうか。

もし辞めるとなってもすぐに辞めれない可能性も高いため、最低でも2~3か月前以上前には辞めることを告げましょう。

 

ブランクが不安と悩む薬剤師へ

もし仕事を辞めてしまったらブランクができて不安だと言う人もいるかと思います。

しかしその様な方も安心してください。

 

ブランクがあってもその分を埋めるために小まめに勉強をするのも手ですし、なによりブランクがあっても、新たな職場であなたが楽しく仕事をするため一番重視するべき事はコミュニケーションです。

あわせて読みたい
パート薬剤師
使えないパート薬剤師と思われないための裏ワザ 薬剤師の仕事が魅力的な理由として どこでも働ける・給料がいい という点が挙げられます。 全国問わず地方...

こちらはパート薬剤師について書いたものですが、一般薬剤師にも応用できるものとなっていますので、ぜひこちらも参考にしてみてください。