結婚を機に薬局薬剤師を辞めたい

結婚を機に仕事を辞めたい薬剤師Yさん

【年齢】29歳
【職場】調剤薬局
【年収】500万円
【休み】普通
【人間関係】問題あり
【備考】今年結婚予定

転職経験は過去に1回。薬学部を卒業してからは地元の中小の調剤薬局に勤めていた。しかし給料面に不満があったために他の個人の調剤薬局に転職した。給料は以前の薬局よりも多く貰えるようになったが、その個人の薬局は最低限の薬剤師しか在籍しておらず、事務の人が調剤室に入る事もしばしば。仕事はかなりハードな薬局で定時で帰れた記憶はない。
そんな薬局に勤めている中、付き合っている男性と今年結婚する事になった。個人的にはすぐに仕事を辞めたいのだが、正直妊娠している訳でもなく結婚した後も働き続ける必要があるために寿退社する事に躊躇している。また医療業界は日進月歩。ブランクがある事でキャリアが途切れる事も不安である。本音は今の薬局を辞めたいが悩んでいる。

結婚を機に薬局を辞めたい女性薬剤師の解決策

女性薬剤師が働きやすい職場・そうでない職場

薬局で働く女性の数はかなり多いです。

そもそも薬剤師免許を取得している割合から言っても女性の方が比率が高めであり、また女性の働きやすい職場としては薬局が一番人気があるためです。

しかし女性の働きやすい職場として調剤薬局が挙げられるのは大手の話し。中小の薬局や地方に関しては十分な数の薬剤師を確保する事が出来ずに、常に最低限の人数で業務を回す職場も決して少なくはありません。

そしてその様な職場は育休や産休など十分な休みを貰える事ができない場合が多く、結果退職の選択肢を余儀なくされる場合も多いでしょう。

そうなると初めから人数の多い大手に就職したいと考える人も多く、近年さらに大手の調剤薬局を就職先に選ぶ薬剤師の方も増えています。理由はいざ結婚・出産となっても代わりの薬剤師が在籍しており体制がしっかりしているため安心なためです。

 

ただあなたの置かれている現状に関しては、すぐに出産するわけでもなく結婚と言う1つの区切りにしかすぎません。そんな境遇において「今仕事を辞めるのはどうなのか?」と自問自答してしまうのも分かります。

ただあなたが今の薬局を去りたいと考えていたのであればこれ以上に良いタイミングはありません。

 

結婚は転職に都合のいいタイミング

なぜ結婚が転職に都合のいいタイミングかと言いますと、まず第一に今の環境を合法的に去る事が出来るからです。おそらくあなたは「転職」というこの2文字にかなりのプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

しかし結婚して退職すると言うのは世間からすれば特におかしな話しではありません。寿退社という言葉があるくらい自然な事です。

また転職後の職場を見つける際にも寿退社はネガティブな理由にはなりませんから、本当はネガティブな理由で辞めたかった職場をカモフラージュして辞める事ができます。ですから経歴に傷がつく様な事もないでしょう。

しかも次の職場はあなたのライフワークの中心に「家庭」を置いて職場を探す事が可能となりますので、これ以上ベストのタイミングはありません。

 

薬剤師が仕事を辞めるきっかけは少ない

人間は嫌な事でもそれが当たり前になってしまうと、むしろその環境から逸脱する事の方に抵抗を示すようになります。おそらくあなたも今の薬局の職場に不満を抱きつつも、今の職場を辞めることはすごいエネルギーを消費するため、あまり触手が動かないのではないでしょうか。

そして実際に職場を辞めたいと思っていてもなかなか辞めるまでたどり着かないのは「きっかけ」が少ないから。このきっかけが背中を押してくれない限りあなたはおそらく永遠に今のつらい環境から抜け出せずにいる事でしょう。

そう考えると結婚と言うのはまさにベストなタイミング

この後は出産・育児が待っている可能性が高いので、それを見越した転職を考えてみてはいかがでしょうか。むしろ妊娠が決まってから退職するのは遅いと言えるでしょう。

 

最終結論

出産だけが転職のタイミングではありません。もし転職する勇気が湧かない時は何でも糧に出来るものは糧にして前向きに現状を脱出する事を考えてください。

もちろん中には結婚を機にもっと頑張ろうとする人もいるかもしれません。子供を産む予定がない人もいる事でしょう。

 

しかし結婚してこれまでの生活が変わった場合、2人のライフスタイルも重視していく事も忘れてはいけません。おそらく家事もこれまで以上に行う必要性があるでしょうし、あなたが精神的・肉体的に追い詰められては元も子もありません。

生きるための仕事であるはずなのに、仕事のために多くを犠牲にする。

その生き方もアリかもしれませんが、現状不満がある職場のためにそこまで貢献する必要性が本当にあるのか一度考え直してみましょう。

スポンサードリンク