おすすめの転職先

MRが薬局への転職を成功させるための魔法の1ステップ

最近では製薬会社が早期退職を募りMRの人員削減を行う企業も少なくありません。

しかし薬剤師免許がある人ならば安心。すぐに再就職先が見つかります。

ただMRのままの感覚で調剤薬局や病院に転職すると絶対に失敗します。

その典型的な例が高額年収を求める事です。

高年収を求めすぎた結果トラブルを招いてしまっては本末転倒です。

 

そこで今回はMRが高年収を得ながら薬局への転職を成功させる方法を紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師売り手市場の勘違い

もともとMRとして働いていた時の年収はいくらでしたか?

例えば武田薬品やアステラス製薬の平均年収は1000万円を越え、30代でも800万円を越えていた人も多かったのではないでしょうか。

 

一方の薬剤師業界も平均年収こそ500万円ちょっとですが今は売り手市場。

調剤薬局の求人を探してみても年収800万の求人も存在します。

 

するともしMRを辞め転職して薬局で働くとするならば

「できれば現状維持の年収を」

と考えたい所ですが、ただ調剤経験がないため

「せめて600万~700万円は欲しい」

と妥協するひとも多いのではないでしょうか。

 

未経験歓迎という募集要項を見て高い年収を要求するのもある意味正しい交渉だと言えます。

売り手市場の中において薬剤師免許を有効活用しない手はありません。

 

あなたの薬剤師としての能力ゼロ

そしてあなたの交渉が上手くいき、それなりの高年収での契約が決まったとましょう。もちろん薬剤師としての経験不問の職場です。

 

しかしここで大きな問題が生じます。

それは雇用主は「あなたにぜひ調剤未経験でも良いから来て欲しい」と考えますがそれは経営者にとっての話し

実際に働く職場全体の総意かと言えばこれは大きな間違いです。

 

おそらく高年収の職場はそれなりに忙しい職場がほとんどです。

そんな職場に求められるのはもちろん即戦力になります。

 

しかしあなたは調剤経験がないため新人薬剤師と変わりません。おまけに年齢も若いとは言えませんから正直扱いは新卒薬剤師よりも困難です。

そんな中であなたは仕事を教えてもらいながら仕事をしなければなりません。

「本当は即戦力が来て欲しかった」という周りの本音も遠くで聞こえる時もあるでしょう。

 

当然あなたが未経験であるということは周りも百も承知なはず。

あなた自身もそれを始めに伝えた上で就職したのに現場では話が違うと考えるのは、確かにあなたには非がないとも言えますが

それを判断するのはあなたではなく周りの現場の人間が決める事になります。

 

そして「未経験可、高額年収」で探すと意外と多くの職場が見つかってしまいますがこれは不幸なことです。

 

ですからあなたが単純に年収だけで職場を選ぶのは大変危険です。

おそらく転職に失敗してしまいます。

そして安易にその職場を辞める事はあなたの経歴にとって決して好ましい事ではありません。

 

ではあなたは転職を成功させるためにどの様なプランを踏めばいいのか紹介してきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

調剤未経験が求めるべき職場

まずあなたがやるべきことは調剤経験を積むことです。

そこまで忙しくない、絶対的な薬剤師数が足りている職場でまずは調剤経験を積みましょう。

できれば単科門前ではなく、そこそこ色んな診療科を受けている薬局ならばなお好ましいです。

 

あなたは「調剤経験」と聞いて何を思い浮かべますか?

おそらく処方箋通りに薬を作ったり服薬指導を行ったりする事がメインと考えるはずです。

しかし実際の薬局の業務においては分包機の使い方から薬歴の残し方、加算の算定についてなど多岐にわたります。

 

そうなるとそれらの基本的な経験をまずは事前に身に付ける必要があります。

そして調剤未経験から調剤経験ありに昇格した後に、いよいよメインとする高額年収の職場へと転職してみてください。

 

そこまで忙しくない薬局とは?

まず最初に就職するのは「そこまで忙しくない薬局にすべき」と言いましたが、そもそもの基準が難しいですよね。

ではこの条件に合う職場とは具体的にどういった条件なのかと言いますと

1日当たりの処方箋枚数を目安にしましょう。

そして肝心の枚数ですが1日あたり30枚以下を目安に探すようにしてください。

年収は求めて600万円、できれば500~600万円で探すのがベターです。それ以上になると仮に調剤経験が無経験の募集だとしても、実際に求められるスキルはワンランク上になります。

 

そして今では転職サイトを利用すれば在籍している薬剤師の数なども教えてもらえますので、そこそこゆとりのある薬剤師がいる職場にしましょう。

無理に5人も6人も在籍している必要はありませんが、1人でカツカツで仕事をしている所などはおすすめしません。

 

転職する際の注意点

まずあなたがMRから調剤経験を積むために薬局に仮転職し、そして高額年収の薬局に転職する際に絶対に思われる事があります。

それは「MRを辞めて、またすぐ薬局を辞めて、結局うちもすぐに辞めるのではないか」という疑問です。

確かにこの経歴だけを見ると調剤薬局が合わない人間なのでは?といった印象を与えがちになります。

 

ですからこの印象を払拭するためにあなたが行うべきことは

最初に転職する薬局は期限の決まった所で働くようにしましょう。

 

もしあなたが計画的に調剤経験を積むために1年間働いたとしても、それを計画的か否かは相手に判断されない可能性があります。

ですからあなたは期限が決まっている職場で働き、次の高額年収の職場での面接で

「契約が切れたので次の職場を探しています」といったように話すようにしましょう。

あくまでも自分の意思で仕事を辞めたとしないで済むようにします。

 

そして期限が決まっている職場は大体長くて1年、短い所だと1シーズンになりますが、1シーズンは即戦力を求められるので調剤未経験のあなたは避けたほうがいいでしょう。ですから1年を目処に調剤経験をしっかり積んで、次の職場で即戦力になるように段階を踏んでください。

 

薬剤師の前年度の年収は加味されない事が多い

そしてもう1点注意する点があります。

それは薬局は前の職場の年収は実はあまり影響しません。

 

これはつまりあなたがこれまでの職場で年収800万円をもらっていても、次の職場ではその年収800万円を加味してあなたの年収が決まるという事はほとんどないという事です。

もしあなたが他社からヘッドハンティングでもされたのであれば話は別ですが、基本的に薬局が薬剤師に支払える人件費は上限があります。

その際にあなたのこれまでの年収はこれからの年収に与える影響はほとんどありません

 

ですから前年度はMRでガッツリ稼いでいたのに「調剤経験を積むために年収の低い職場でワンクッション置くのは困る」という心配は不要になります。

ですから安心して調剤経験を積むために薬局に仮転職しましょう。

逆に薬局で年収500万円だったとして、次の薬局では年収500万円を目安に給料が支払われる(500万円を越えないなど)事はないので安心してください。

 

多くの薬剤師求人サイトに登録する必要はなし

薬剤師の求人・転職サイトを見てみると

「できるだけ多くのサイトに登録しましょう。少なくとも4~5つは登録した方がいいです」

という紹介を目にするかもしれませんがこの必要は全くありません

 

基本的には2社程度でOK、多くて3社も登録すれば十分です。

多く登録すればそれだけ良い職場が見つかるというのは大きな間違いで、あなたの携帯が求人サイトからの電話で鳴りやまないだけになります。

 

ですからまずは2社登録すれば十分です。その際はまず最初の調剤薬局を見つける際に短期間での雇用に強いファルマスタッフ、そして求人数がトップクラスの薬キャリに登録すればまず問題ありません。
[btn class=”bg-yellow big lightning”]薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ
[/btn]

[btn class=”bg-yellow big lightning”]薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア
[/btn]

そして何よりまずは求人サイトに登録するよりもネット検索で探す事をおすすめします。