管理薬剤師を辞めたい~職場の薬剤師のレベルが低い~

知識の差に落胆している薬剤師Sさん

【年齢】32歳
【職場】薬局
【年収】550万円
【休み】普通
【人間関係】問題なし
【備考】管理薬剤師

大学を卒業してからずっと薬局で働いてきた。自分は4年制卒の薬剤師なので薬剤師歴は10年くらいになる。比較的勉強する事は嫌いではなかったし、薬剤師として自己研鑽は必要不可欠という考えから自主的に勉強を行ったり、薬剤師会の勉強会なども積極的に参加してきた。周りと比べても十分知識はある方だと思う。
そして昨年から管理薬剤師を任されているのだが正直周りの薬剤師のレベルの低さに落胆している。薬に対する知識は薬剤師1~2年目と変わらないレベルで(薬剤師歴は自分より上)、患者への服薬指導は薬情に書いてある様な画一的な事しか話さない。患者からの質問にもお茶を濁す様な回答ばかりで的確なアドバイスができていない。
一応ある程度は周りの薬剤師に指導をするのだが、年上のパートの薬剤師などはあからさまに嫌な顔をする。これでは自分が管理者としての責任を果たしているのと言えるのか自問自答してしまう。

管理薬剤師の悩みの解決策

薬剤師の知識レベルの差は大きい

薬剤師の知識レベルの差はかなり大きいです。

日頃から自己研鑽を欠かさずキャリアを重ね、かなり専門的な知識を持っている薬剤師もいれば、患者を素人だと決めつけ何となくその場を乗り切るための悪い意味での「要領のいい薬剤師」も多く存在します。

また知識の差と言うのは必ずしも年齢に比例しません。

比較的若い薬剤師でも驚くほど勉強し自分の理想としている薬剤師を目指している人もいれば、ある程度年齢が上であっても全く知識がない薬剤師も存在します。

また薬局の職場ではパートの薬剤師も多い中で、薬局内の立場が必ずしも年功序列という訳ではない所も多く、中にはあなたの様に年齢的に最年長ではなくても薬剤師全員をマネイジメントする立場にたって苦労している人も決して少なくないでしょう。

 

管理薬剤師の仕事

薬局内の管理業務を行い薬学的な知識はもちろん、時には人間関係の調整や職場の雰囲気を悪くしないのも管理者の大切な役割。

しかしそのバランスを取るのは至難の業。その職場の個々の性格等もあるため「薬局全体の知識の底上げ」のためと、頭ごなしに指導して職場の雰囲気を壊すのも良くない一方、薬の専門家として仕事をしている身であるならば常に学ぶ姿勢を取ってもらいたいのも本音。

この葛藤を抱えてしまうのも管理薬剤師の使命なのかもしれません。

特にあなたの様な責任感の強い薬剤師であるならば、より一層悩んでしまうのではないでしょうか。

ただ、世の中には事なかれ主義で平和を重んじる事を良しとする人もいる訳で、その様な人が結果職場の信頼を得ている場合すらあります。

 

管理薬剤師が平和主義である必要はない

いくら自分が管理者の立場だとしても、それで職場の雰囲気が悪くなってしまうのであれば、波風を立てずに自分のあるべき薬剤師を目指す事だけに集中すればいいと思うかもしれませんがそれは絶対にいけません。

管理薬剤師は平和主義者でいる必要はありません。

 

「下手に波風を立てるならば大抵のことは目を瞑る方がいいのでは?」

と思うかもしれませんが、あなたが薬剤師として最も大切にしないといけないこと

患者目線で薬局を見てみてください
どの薬剤師が知識が豊富、どの薬剤師が新人で知識がない、そんな事は患者から取ってみれば全く関係のない話し。

薬局側の都合でしかありません。

また、いつどの薬剤師に担当されても安心して薬の事を任せられる、それを実現させるのが管理薬剤師としてのあなたの立場でもあるんです。

「管理薬剤師だから一番知識がないといけない」と言うのは間違いで、その知識を全員で共有できてこそ本当に意味があるんです

一人だけの知識が抜きんでている必要はありません。

 

知識の共有の難しさ

しかしそう簡単に知識の共有をする事はできません。勉強をする様に促すとしても結局は本人のやる気ですから、そこを強制させると言うのは単に批難させるだけの可能性が非常に高いです。

ですから何気ない会話などから薬に関する話しを多めにしたり、3分で読める程の資料を作ったり、おすすめの書籍を薦めたりしましょう。

「少しずつでも知識を身に付けて欲しい」程度のニュアンスが伝われば十分です。

また、分からない事は何でも聞いて貰う様にしましょう。

その際にあなたが決して行っていけない事は、過度に資料を作って勉強する様に促したり勉強会への参加を義務付けたり肩に力が入り過ぎる事です。

あなたが勉強してもらおうと気合を入れて何かを行ってもそれを相手が誠意を持って受け応えてくれるとは限りません。

そうなるとあなたへの精神的な影響も大きなものになってしまうでしょう。また勉強会の様なプライベートな時間を奪う事に繋がる事は極力避けた方が無難です。

 

それでも他の薬剤師にやる気がない場合

もしあなたが出来るだけの努力を行っても他の薬剤師に変化がない場合は無理をする必要はありません。

あなたは頭を抱えること必至でしょうが、そこまで一生懸命になる必要はありません。

ですからその様な場合は今の環境を変えて、自分の理想とする薬局で働くのも後の人生を考えると絶対にプラスになるはずです。

他のやる気のない薬剤師に対してあなたが疲弊してしまっては本末転倒。

他の薬剤師のためにそこまでする必要はありません。

 

最終結論

あなたはこれまで患者のため、ひいては自分の為に自己研鑽を続けてきました。

しかし管理者という立場を任されたこの機会をきっかけに、自分だけではない薬局のために知識を共有する方法を身につけましょう。もちろん本当は薬の専門家であるならば個々の薬剤師が各自で学んで然るべき事ですが、現状を考えれば仕方がない場合もあります。

それにこの経験は必ず今後のあなたにとってプラスになる経験です。

今後この様な経験は必ず役に立つ場面があります。もちろん最初が最も大変です。若い内は年上の薬剤師もいる可能性が大ですが、それを攻略できれば怖いものはありません。

ですから肩に力を入れ過ぎずに挑戦してみましょう。その結果薬局の知識の底上げは結果患者へ還元されるものになる事は間違いありません。


にほんブログ村

スポンサードリンク