人間関係が悪くて薬剤師辞めたい

先輩薬剤師が嫌いで辞めたい人。今が辞めるベストタイミングです

 

薬剤師1年目や2年目の方のほとんどは一番経験の少ない薬剤師です。

よってほぼ全員に先輩薬剤師がいます

そしてそんな先輩薬剤師との人間関係に悩んでいる新人薬剤師も多い事でしょう。

 

そこで今回は先輩薬剤師との人間関係の悩みについて見て行きたいと思います。

先輩薬剤師が嫌いで仕方ないけれど、まだ薬剤師になって間もないため辞める訳にもいかず、どうすれば良いのか分からない新人薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

先輩薬剤師が嫌いで辞めたいBさん

【年齢】25歳
【職場】中小薬局
【年収】500万円
【休み】普通
【人間関係】問題アリ
【家庭】なし

薬剤師B
薬剤師B

薬学部6年制を卒業し、国試浪人を経て何とか薬剤師になる事ができた。

就職先は給料もまずまずの薬局を選び、総合病院の門前薬局で薬の勉強にもなるが大きな悩みがある。

それは先輩薬剤師(30代後半)からの嫌がらせだ。

社会人1年目という事もあり右も左も分からない事だらけだが、せっかく念願の薬剤師になれたのだからと仕事に対するモチベーションも高かく仕事に臨んでいたがこの先輩薬剤師が嫌で仕方がない。

業務上の重箱の隅をつつく様なミスの指摘に加えて、軽い人格否定の様な事まで平気で言ってくる。

あいさつすらろくにしてくれない。もちろん上の管理薬剤師は見て見ぬふりだ。

しかし仕事は3年は続けるべきと聞いた事があるし、何よりまだ3か月しか経っていないので辞めるわけにはいかない。

どうすればいいのか毎朝が憂鬱である。

薬剤師としてのモチベーションは当初のかけらもない。薬剤師を辞めたい

「とりあえず3年間」に何の意味もないが結局辞めれない

薬剤師の仕事に限らず「良く仕事は3年は続けろ」と言われますが、これに関しては意味がありませんので鵜呑みにしてはいけません。

 

もし3年居続ける事での価値がある職種や職場であるならばいいですが、少なくともあなたの薬局においてはそんな事は一切ありません。

 

ほぼ毎日憂鬱な気分で通う職場であなたが薬剤師としてのモチベーションを保つ事、自己研鑽を行う事は非常に困難です。

 

しかしあなたが薬局を辞める事はできません。

あなたが先輩薬剤師に人格否定のような事までされても薬局を辞める事は難しいでしょう。

 

その理由としては「辞め癖がついたらどうしよう」とか「いきなり転職するのは不安」という事が頭にあるためです。

この未知の不安を押しのけて辞める選択ができる薬剤師は本当に少ないです。

 

しかし安心してください。

まず「辞め癖」はそう簡単につくものではありません。

 

あなたが「辞め癖がついたら嫌だ」と思っている人間ならばおそらく1度や2度辞めたくらいでも相当抵抗がある人間。

多くの薬剤師があなたの様に「辞め癖がついたら嫌だ」と悩みつつ、2~3度転職するなんてザラにある事なので、あなたは今後も自分でブレーキをかける事が可能です。

 

そして薬剤師が転職する事はむしろ当たり前

転職しない薬剤師の方が超レアケースです。ですから不安になる事はありません。

今回辞めるタイミングがたまたま早かっただけで、それを気にする必要は1ミリもありませんので安心してください。

あなたが「転職」というカードを切るのは色んな不安があるでしょうが、それは将来のためにとっておいても無意味です。カードを切るべきベストタイミングは今しかありません。

 

薬剤師が本当に転職すべきタイミング

「自分はまだ今の薬局で働いて3か月だし、転職するには早すぎる」と思われるかもしれませんが、そんな事は関係ありません。

もし本気で嫌ならば1日でも早く辞めるべきです。

 

むしろすぐ辞めた方が転職先でも「よほど嫌な事があったんだな」と気を使って貰えますし、逆に中途半端な時期で辞めた場合は「せっかく仕事を覚えてもらった所で辞められるかも」などと思われる可能性もあります。

 

あなたは今自分の置かれている状況を逃げ出したいから本気で悩んでいるのでしょう。

「もう我慢の限界だ」そう判断したはずです。

 

それなのにその先の余計な不安、未知な不安まで抱え込んでしまっては結局何も解決しません。

先の事より目先の環境を最優先にしましょう。

 

薬局を辞めるための「準備」を整える

そんなあなたがやるべき事は「薬局を辞めるための準備を整えること」になります。

その準備とは何か具体的にお教えします。

 

まず1つ目が、あなたが仕事を辞めれない理由のひとつである「新卒とも言えないし、中途ほどの知識もないから不安」という悩みに繋がってくるのですが、これを少しでも解消しましょう。

具体的にはどんな些細な知識でも全て吸収してください。

 

例えば薬歴の書き方や調剤を間違えない様にする方法や工夫、自分がやりがちなミスのピックアップと対処法、勉強になる処方箋のコピーなど、あらゆる自分の血肉になるものを全て吸収していってください。

この経験はあなたが辞める時もそうですが、新たな職場で早く仕事を覚える事にも大変役立ちますし、まっさらな新卒と違う事をアピールできる大きなチャンスになります。

 

もうひとつは次の就職先を良く調べておく事です。

入社して3か月程度ならば有休もないため、退職後はすぐに次の職場を探す必要がある人も多いでしょう。

そんな時に事前に転職サイト数社を眺めておき薬剤師求人をチョイスしておいてください。

ここで重要な事は

まだ辞めてない時に調べておく

薬剤師求人サイトに登録は今の時点では不要

未経験でも可の職場を見て置く

これらを重視して次の職場の下調べを行ってください。

 

でもどうしてこれらの事が必要なのかと言いますと、あなたの市場価値を確認するためです。

 

ほぼ新卒と同じ様なキャリアでも雇ってくれる職場がたくさんある事、場合によっては今の職場よりもはるかに待遇が良い場合、また人間関係も今よりは良くなる事を考えたらかなり前向きになれるはずです。

 

そして薬剤師求人サイトへの登録は後回しで結構です

ネット上で自分の地域の求人を検索するだけならばハードルは無いに等しいので、まずはネットで求人を検索してみましょう。

 

それでも辞めれないあなたへ

ただそれでもあなたは辞める事への不安はぬぐえないでしょう。

転職のカードをなかなか切れない人も多いです。

 

しかしそんなあなたが不安にならないで済む方法があります。

それは次は転職をしないで済む職場に転職する事です。

あわせて読みたい
薬剤師転職
二度と人間関係で悩みたくない薬剤師必見!究極の転職方法を教えます 薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由のトップが人間関係の問題となります。 そしてあなたも人間関係で悩んで転職を考えてい...

これにより辞め癖がつく事はありませんし、今回の様に先輩薬剤師に悩まされる事もありません。

ですから今の職場に見切りをつけ、そして次の職場を戦略を立てて選ぶようにしましょう。