薬剤師に向いていない。辞めたい

人見知りで服薬指導が苦手な薬剤師が選ぶべき超意外な職場

 

調剤薬局勤務の薬剤師の中には人見知りが激しく、患者への服薬指導が苦手なため薬剤師として働くことに抵抗を感じている人も多いです。

 

出来れば服薬指導はしたくない。

しかし薬剤師の数が足りていないため、自分が服薬指導に回らない訳にはいかない。

次々にやってくる患者に恐怖すら覚えてしまう。

 

そんな薬剤師も少なくないでしょう。

しかし世の中には「人見知りは治る」「場数を踏めば慣れて来るよ」というアドバイスが溢れかえっています。

 

ただあなたに取ってはそんなことは百も承知ですが、今が苦しくて仕方がないんですよね。

先のことより今を一刻も早くどうにかしたいと思っているのではありませんか?

 

そこで今回はそんな人見知りが激しい薬剤師で服薬指導が嫌で仕方がない人におすすめの職場を紹介したいと思います。

気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

人見知りの薬剤師が服薬指導が苦手なワケ

まず「服薬指導」と一口に言ってもあなたは何が具体的に苦手ですか?

薬の説明をすることでしょうか?患者と会話のキャッチボールをすることでしょうか?

 

おそらく人見知り・患者対応が苦手な薬剤師でも「薬の説明をすること」に関しては案外抵抗がない場合が多いと思います。

言葉は不適切かもしれませんが極端なことを言えば、あなたが一方的に薬の説明を行えばいい話しになりますから、そこに過度の人見知りと言うビハインドは存在しないでしょう。

 

ですから人見知りの薬剤師が最も苦手な服薬指導はズバリ

「患者との会話のキャッチボール」

ではないでしょうか。

 

もしあなたが患者の機嫌が悪い時や長時間待たされた場合などに下手に

「今日はどうされました?」

と言うテンプレートな服薬指導から始めてしまった結果患者が激高してしまったケース。

 

高血圧の薬が追加されている時に「今日は薬が追加になっていますね」と話しかけて

「なかなか血圧が下がらなくて」と言われた時に「そうなんですね」としか返せないケース。

 

これらのケースはあなたが会話のキャッチボールが上手く行えていないために起きる問題になります。

 

ですからあなたに必要な事は服薬指導において

会話のキャッチボールを磨く必要があるんです。

 

ただ、この会話のキャッチボールを上手くする事は薬剤師にとってはそこまで難易度の高い話しではありません。

 

と言うのもすでに「薬」と「疾患」というテーマが備わっている中での話しになりますので、これを突き詰めれば何も怖くありません。

 

簡単に言えば想定される会話のキャッチボールを全てマニュアル化する方法です。

これをその場で瞬時に上手く会話ができるのであればそもそもあなたは悩んでいません。

 

ですからこのキャッチボールが苦手な人は、あらゆるケースを想定して「上手い返し」を学んでみましょう。

さらに詳しくはこちらも参考にしてみてください。

薬局薬剤師を辞めたい~人と話すのが苦手~

 

 

人見知りで服薬指導が苦手な薬剤師が選ぶべき職場

しかし問題はそれでもうまく会話が行えない場合です。

この場合には薬剤師以外の職場をすすめられがちです。

 

例えば「MRを目指しましょう」だったり「卸の管理薬剤師になりましょう」などとよく言われます。

ただしこれらの薬剤師として働かない職場で仕事をする事は薬剤師として潰しが効かないため将来が不安な人も多いですよね。

 

ではそんなあなたにおすすめな職場があるので紹介します。それは

それは病院薬剤師です。

 

「えっ、薬局薬剤師から病院薬剤師は難しいのでは?」と思われるかもしれませんがそんな事は決してありません。

 

人見知り薬剤師に病院薬剤師を勧める理由

まず言わずもがな、病院は調剤薬局と異なり患者のカルテを見ることができますので、余計な質問をせずに服薬指導が可能となります。

それに薬局とは違い入院患者の情報は医療スタッフ間で共有されています。

例えば何かにつけて怒鳴りつける方などは事前の情報収集が可能になりますし、そもそも調剤薬局と違いクレームを言う患者の絶対的な数が少ないです。

 

「薬局は薬を貰う所」「病院は病気を治してくれる所」というイメージが強い人も未だに多いため、薬局で偉そうにしている人でも病院では腰の低い人も非常に多いです。

 

そして病院薬剤師として働く事はあなたが薬剤師としての仕事を継続する事ができますし、苦手な服薬指導の要となる「患者情報を聞き出すコミュニケーション能力」をショートカットして、情報を得る事が可能となります。

 

薬局を辞めて病院薬剤師になる事への不安

薬局薬剤師を辞めて病院薬剤師を選ぶ事は多くの不安もある事でしょう。

その不安で代表的なことの1つが年収が下がってしまうケースです。

 

一般的に調剤薬局の方が年収が高く、病院薬剤師は安いと言うイメージがあるかと思います。

しかし実は一概にそうとは言えません。

 

確かに調剤薬局は人材確保のために年収を高く設定していますが昇給がない場合も多く、将来的な調剤薬局業界の不安からも今は良くても将来的のリスクは病院よりもはるかに高いです。

一方病院薬剤師は初任給こそ高くはありませんがしっかり昇給する所も多く、また初任給自体も高めの所も確実に存在します。

 

実際に大手の薬剤師求人サイトなどであなたが希望する都道府県、病院、高年収で検索してみてください。

中でも病院薬剤師の求人に大変強いエムスリーキャリアは、求人数も格段に多くかなりおすすめな薬剤師求人サイトです。


 

 

そしてもう1つの不安は病院薬剤師としてやっていけるのか?という不安です。

病院薬剤師は注射や点滴も扱うために抵抗がある人も多いと思いますが、こちらはあなたの勉強次第でどうにでもなります。

 

服薬指導が苦手な場合はこれまでのあなたの人生の蓄積的なものが大きく影響しています。

つまり簡単に変われるものではありません。

 

一方の勉強するだけで克服できる注射や点滴の知識はそこまでハードルは高くないでしょう。

なぜなら自分の努力次第で変える事が可能だからです。

そもそも病院の中には注射の混注等は行わない、払い出すだけの病院も少なくありません。

その様な病院を選ぶのも1つの選択です。

 

人見知りする薬剤師が避けるべき病院

病院を選ぶ際に注意点があるので紹介します。

 

まず避けるべき病院としては急性期でバリバリやっている病院は避けた方がいいでしょう。

よほどやる気があるのであればいいでしょうが、今度は仕事内容がハード過ぎて辞めたくなる可能性もあります。

また人見知りの人だと言って手加減されない可能性が高いので注意してください。

 

また院内処方の病院も避けましょう。

確かにカルテは見れるかもしれませんが、基本的な部分は薬局と変わらない面も多く、外来数の少ないクリニックならばともかく、外来数が多い病院の場合はほぼ調剤薬局と同じになりますので、これだと病院薬剤師を選ぶ意味がありません。

 

いずれにしてもデータで得られる情報だけでなく、一度見学させてもらう事をおすすめします。