薬剤師が辞めたいパターン

こんな理不尽耐えられない!仕事をしない薬剤師の負担が自分に!

 

薬剤師の職場は少ない人数で仕事を回す所も少なくありません。

すると1人あたりの薬剤師の役割は大きいですが、もし1人でも仕事をしてくれなかった場合あなたの負担は莫大なものになってしまいます。

 

しかし年配薬剤師の中には仕事をしない人も少なくなく、頭を悩ませている若い薬剤師の方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は働かない先輩薬剤師がいて困っている薬剤師の悩みを見て行きたいと思います。

先輩薬剤師が働かなくて病院薬剤師辞めたい

【年齢】28歳
【職場】病院
【年収】450万円
【休み】普通
【人間関係】問題あり
【環境】薬剤師常勤2人+パート1人

薬剤師
薬剤師

転職して病院薬剤師として働いている。地元の病院で中規模の病院だ。

薬は院外処方なので基本的に入院患者の調剤や服薬指導で1日が終わるのだが、意外とやる事が多い。

しかし休みや給料も満足とは言えないが、まあこんなものだろうと病院薬剤師として就職を決めたので特に不満はない。

ただ最近どうしても許しがたい不満がある。

それは常勤の年配薬剤師(上司)が仕事をしない事だ。

残っている仕事がたくさんある中で、その薬剤師は知らぬ顔でパソコンを見たり雑誌を見て平気でサボっている。

また休憩時間をずらして取っているのだが、自分が休憩から帰ってきても全く仕事をしていない。メーカーや卸の人が訪問したらずっと世間話をしている。

もう一人のパートの薬剤師も多少不満がっているが、午後になると帰ってしまうので、実質午後からの仕事は一人で回している様なもので悩みを共有できない。

はじめは仕事をしないことに理由があるのかと思っていたが、慣れてみてはっきりした。

たださぼりたいだけのようである。

このままでは納得がいかない。もう転職も考えている。

あなたの怒りは自然なこと

薬剤師の職場は基本的にゆとりがある人数で構成されていません。

ですから一般企業ではこの様な場合に「上司は地蔵と考えましょう」「気にせず仕事をして成果を上げましょう」などと言われますが、これは全く当てはまりません。

 

薬剤部の全員が戦力と考えられて最低限の人数で構成されていますから、上司が働かない分はそのままダイレクトにあなたにしわ寄せがきます。

それに薬剤師の仕事は能力評価が難しい世界ですから、あなたの評価も上司の評価も変わりません。下手をすると上司の評価は高い可能性もあります。

おまけに上司の仕事量は少ないが給料は高いのが自然であり、こうなると結局一番被害を被っているのはあなたです。

しかしこれを年功序列の一言で済まされて納得のいくものではありません。

 

働かない薬剤師に悪気はない?

しかし上司には悪気はなく、言ってみれば天然。結果的に仕事をさぼる様な形に見えるだけかもしれません。一度しっかり話し合ってみれば分かってもらえるはず

・・・なんて甘い事は考えない方がいいです。

 

年配で仕事をしない人はすべて分かった上で仕事をしません。当然天然ではありません。

意図的に仕事を避けているのです。

 

そしてそうした術を学んできている人です。そんな人に相談してもおそらく何の改善にもなりません。向こうは意図してやっているのですから。

 

どうしてそう言い切れるのかと言いますと、あなたの職場の仕事量はあなた以上に上司に当たる薬剤師の方が長い経験からも間違いなく把握しているはずです。

それで自分の仕事量と全体の仕事量を比べた時にあなたの方が負担が大きいのは当然理解しているはずなので、今上司が仕事をしないのは確実にわざとそうしています。

 

つまりあなたの負担の大きさを理解しながら、自分の仕事量をセーブしているのは明白なんです。

 

職場の上層部に期待しない方がいい理由

あなたは今の現状に不満で仕方がないと思います。

できれば上司の薬剤師にペナルティを課せて欲しいとすら思うかもしれません。

 

しかしその上司の薬剤師が完全に仕事を放棄しているわけではなく、損害を与えている訳でありません。それに人手不足の薬剤師業界において、辞めてもらっては困る存在。

 

そして上司が仕事をさぼる事は病院の上の人たちには伝わる事はないでしょう。それにあなたも理不尽なのは十分感じていますが、それを上に内部告発する事に大きな抵抗があるでしょうしコトを荒立てたくないのも分かります。

それならば身を引いた方が賢明と考えるのではないでしょうか。

 

また、上司に仕事をしてくれと注意してもそれで上司が変わるのかと言われればこれまた確証のない事で、最悪の場合あなたと上司の関係がこじれるだけの可能性も存分にありえます。

 

つまりあなたが勇気を出して行う事はハイリスク・ローリターンの可能性が非常に高いです。

 

ただしい上司への伝え方

ではあなたがこのまま「何もしない」という選択肢を選んだとします。

上司はいないものと考えて粛々と仕事をこなしましょう。たまに仕事を手伝ってくれるサポート要員と思っておけば、案外気が楽になるものです。

 

ただしそれもあなたの心にゆとりのある間だけ。

いつかその不満に耐えられない時がやってくるでしょう。

 

その時は高ぶる感情を抑えて少しだけ伝えてみてください。

「仕事をしてくれ」「そうしないと自分はもうここでは働けない」と。

 

この時に絶対に頭に入れて欲しい事は、もう自分は辞める決意をここでするくらいの気持ちで伝えてください。

 

なぜそこまでする必要があるのか?

 

それは遠回しにオブラートに包んで上司に伝えた所で絶対に変わる事はありませんし、むしろ何回もそれを言わなければならないあなたのストレスは溜まる一方だからです。

 

そしてこれを飲み込んでしまってあなたの中でずっと抱え込む事だけは絶対に避けてください。

 

もちろんあなたの思いを伝えたとしてもそれで効果があるかと言えば一時のもの。

時間が経てばまた同じことの繰り返しになる可能性も決して低くはありません。

 

しかしあなたがこれから働く上で毎回不満を感じてしまう事はもはや避けられません。

もしそれをずっと繰り返すのであれば、精神衛生上最悪です。

ですから一度あなたの本心を伝えてみてください。

 

そしてそれでも解決しないのであればもう転職する事を前向きに考えましょう。

 

人間関係に疲れた時の職場はこれ

最終的に伝える事は全部伝えて最悪次の職場への覚悟を決めてください。

中途半端に良い人を演じても後々後悔するだけですので、思っている事をしっかり伝えてください。

ただ相手の人格否定をする必要はありませんので、感情的になったとしても過度な攻撃は避けるようにしてください。

 

そしてあなたはおそらく思うはずです。

「この様な経験は二度としたくない」と。

 

その場合には、一度1人薬剤師の所で仕事をする事もアリではないでしょうか。

他人に振り回される事もなく自分で納得のいく仕事ができるはずです。

あわせて読みたい
薬剤師の求人
一人薬剤師は激務でキツイ!この考え方が180度変わる裏ワザ あなたは今の職場環境に満足していますか? どうしようもない先輩薬剤師 何度言っても言う事を守れない後輩薬剤師...

1人薬剤師のハードルは高いと感じてしまうかもしれませんが安心してください。

しっかりサポートがある1人薬剤師の職場も多く存在しますので、もし人間関係に疲れた場合は一度1人薬剤師の職場も視野に入れてみましょう。