薬剤師の平均時給2196円は他の職業と比較して安い?高い?

薬剤師の利点として

・パートで仕事を見つけるのも簡単

・しかも時給がいい

ということが言われますが、実際に薬剤師の時給はいくらかご存知でしょうか。

厚生労働省による平成28年度の賃金構造基本統計調査によると薬剤師の平均時給は

2196円

となっています。

平成28年賃金構造基本統計調査

 

そこで今回はそんな薬剤師の時給について他の職種の時給と比較してみたり、薬剤師自体の時給について考えてみました。

もし薬剤師で時給としての働き方を考えている人や興味のある方は参考にしてみてください。

 

薬剤師の時給と同じ職業

薬剤師の平均時給は2196円となっていますが、もしこれが他の職業であればどの職業が該当するのでしょうか。

ざっと紹介してきます。

 

一級建築士(2147円)

公認会計士・税理士(2113円)

システムエンジニア(2044円)

獣医師(2464円)

 

ここら辺の職業は時給で言えば薬剤師の平均時給と大きく変わりません。

難易度としては薬剤師以上の職業が多いですが、時給にすると案外同じ程度に収まります。

ただイメージとしてあまり時間に縛られない職業が多い気がしますね。

 

では年収では薬剤師と同じくらいですが時給が高い職業を紹介していきます。

薬剤師よりも時給が高い職業~年収は同程度~

 

理学療法士・作業療法士(2511円)

歯科医師(4767円)

高等学校教諭(3231円)

航空機客室乗務員(3826円)

 

中でも一番驚きなのは歯科医師の時給が群を抜いて高いという点。薬剤師の2倍にもなっています。

そして時給だと薬剤師よりも理学療法士・作業療法士の方が高いという点が意外です。

ちなみに看護師は案外安く1696円になっています。

 

薬剤師よりも格段に時給が良い職業

最後に超高時給の職業を紹介していきます。

医師(12605円)

弁護士(6660円)

大学教授(10225円)

航空操縦士(7635円)

医師はぶっちぎりに高い時給ですね。時給で1万円を越える職業は医師と大学教授しかありませんでした。

ただこれらの職業は「時間が来たら仕事が終わり」というものではなく、ある程度連続的もしくは短期集中的に行われる仕事になるため時給も高くなっている職業になっています。

 

薬剤師の時給は高い?低い?

薬剤師の時給は2196円ですが仮にこの時給で正社員になると考えると1日あたり

2196(円)×8(時間)=17568(円/日)

もし20日間働いたとすると

17568(円/日)×20(日)=351360円

35万円になります。

確かにこの金額にボーナスをプラスすると薬剤師の年収に収まりますね。

パートの方が薬剤師は割が良い・悪いということはなさそうです。

 

そしてサラリーマンの平均年収が441万円になりますので、それらを考慮すると薬剤師の時給は若干高めと言えるのではないでしょうか。

 

ただ、薬剤師において時給で仕事をする人は多くが女性になると思います。

子育て・育児の合間を縫って仕事をする人も多く、これらの薬剤師はどちらかと言えば時給を重要視するのではなく「ライフスタイルにあった職場を探す」という人が多いのではないでしょうか。

あくまでも家庭がメインとして、その合間に働きたいという女性薬剤師も大変多く存在していることでしょう。

そうなると時給がいいに越したことはありませんが、ある程度お金に関しては妥協するケースも多いのではないでしょうか。

 

薬剤師の時給はどこまで上がる?

では薬剤師の平均時給は2196円になっていますがもしこれが純粋に給料を重視すると、薬剤師のパート求人は最高いくらが存在するのか実際に調べてみました。

こちらが実際に調べた薬剤師のパート・アルバイトの高時給の求人の結果です。

 

こちらは宮崎県のパート・アルバイトの調剤薬局の求人で

時給5000~6000円となっています。

 

こちらは青森県の病院・クリニックの薬剤師求人で

時給4000円~5000円の求人になっています。

これほどの高時給のパート・アルバイトは基本的に調剤薬局がほとんどになるのですが、こちらは病院薬剤師の求人になります。かなり珍しいです。

 

今回はファルマスタッフを使って検索しました。
薬剤師の転職満足率90%超の実績!!ファルマスタッフ

そして高時給の薬剤師求人を探すのであればファルマスタッフ一択です。

はっきり言って他の薬剤師求人サイトだとかなり苦労します。

 

正社員募集でもパート薬剤師が可能

求人に正社員しか募集していないケースも多いかと思いますが、場合によってはパート・アルバイトとしても働く事が可能です。

と言うのも本当は正社員として働いて欲しいのですが、今は薬剤師不足のため待てど暮らせど薬剤師の就職が望めない医療機関も多いです。

すると仮に募集要項には正社員募集としていても、交渉次第では短時間のパートでも仕事することができるでしょう。

ただあなたが単独で交渉するにはハードルが高いと思いますので、薬剤師求人サイトを利用してください。あなたの代わりに交渉を行ってくれます。

スポンサードリンク