薬剤師のお金事情

奨学金をまず返せ!調剤薬局チェーンに就職した人は即転職せよ!

 

薬学部の学費は私立で年間約200万円前後。

そして6年間大学に通う事になるため6年間分の生活費も必要です。

 

昨今の国家試験の難化も考えると6年間で無事にストレートに薬剤師になれる人は減り、近年では入学者の半数しかストレートで合格しなかったと言われています。すると必然的にお金が必要になりますが金銭的に余裕がない家庭も多く、奨学金を借りている薬学生もかなり多いです。中にはトータルで500万円以上の奨学金を借りている学生も少なくありません。

 

そうなると奨学金を返済するために必死で働く必要が出てきますが、もしあなたが現在大手のチェーン薬局で働いているのであれば一刻も早く転職することをおすすめします。

もし明確な意思があって大手調剤薬局チェーンに就職したのであれば良いですが、なとなく無難だからと就職した人は絶対に読んでください。

 

奨学金返済と大手調剤薬局チェーンの給料について

大手調剤薬局チェーンに就職するメリット

大手チェーンと言えば以下の2つが挙げられます。

充実した研修制度
安定した福利厚生

また今では仮に薬剤師国家試験に落ちても国試浪人時代の面倒を見てくれる企業もあります。それにこれからの薬剤師を考えるとやはり大手の方が安心と言うことで大手チェーンを選ぶ人も少なくありません。

それに大手チェーン薬局に就職する人は多く同期もたくさん。するとこれからの薬剤師人生において切磋琢磨できる友人を見つける可能性だってあります。

ただ安定であるが故に一番大切な奨学金の返済が想像以上に重荷になってくるでしょう。

 

大手調剤薬局チェーンは給料が高くない

一方で大手調剤薬局チェーンで働くデメリットと言えば給料が安い点です。

詳しくはこちらを参考にしてもらえば分かるかと思いますが、初任給では良くて30万円程度しかもらえません。新卒の場合は夏のボーナスも大したことないので、年収で言えば400~500万円代に収まるでしょう。

大手調剤薬局の給料と休み
大手調剤薬局ならどこがベスト?給料と将来性で選ぶと失敗する理由 薬学生の就職先でまず候補に挙がるのが大手調剤薬局です。 大手調剤薬局では教育・福利厚生がしっかりしていると言ったメリットが...

 

さらにそれから健康保険・厚生年金・所得税などを引かれ、プラス生活費を考慮したら年間100~150万円貯金できれば御の字。

もちろん中には引っ越しを行ったり車の購入が必須な人や一人暮らしを選択する人も多いでしょうからさらに貯蓄できる金額は少なくなります。

 

奨学金返済が月の収出を圧迫

そしてあなたはコツコツ貯蓄に励む一方で奨学金も返済していかなければなりません。

しかし奨学金を返すのに平気で数年間を要する一方で、あなたの年収が劇的に上がるかと言えばそんな事は絶対にありません。

 

すると高くない給料から毎月多くの出費が必要になりますが、社会人2年目からは住民税も支払わなければならず、あなたも昇給して1年目よりも多くの給料を貰えるでしょうが大した昇給はありません。

 

あなたが借りた金額と返す金額によりますが、場合によっては数年間にわたって奨学金を返済する義務が生じます。薬剤師になりたての給料も低い最初の数年間は奨学金返済のための数万円の支払い義務が生じるのは大変ですよね。

 

奨学金を返す事を第一に考えるべき

では大手調剤薬局チェーンを辞めるべきという話しになりますが、どうして一刻も早く辞める必要があるのか2つ紹介します。

 

まず1つめは遅かれ早かれあなたは今の職場をほぼ間違いなく辞めるからです。

これは大手調剤薬局に限りませんが、多くの薬剤師はほぼ9割以上が1度は転職します。もちろん「自分は今の所辞める気はない」というあなたも例外ではありません。

するといずれ辞めるとしても長くいればいるだけ年収にも影響し、機械的損失は大きくなってしまいます。

 

次に2点目ですが、仮に給料が安くても初めは右も左も分からない状態。まずは仕事に慣れる事に必死になると思います。しかしある程度仕事に慣れてきた時に奨学金を返す目的で転職を考えたとしても転職する勇気がなく初めの一歩が踏み出せなくなってしまいます。

下手なリスクを取るよりもズルズル今の職場に居続けてしまう選択肢をあなたは選んでしまうでしょう。心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

 

薬剤師が奨学金を早く返済する方法

あなたがこのまま大手薬局チェーンで働き続ける事は大きなデメリットしか生まず、いつまでも安い給料で奨学金という呪縛に捉われなければなりません。

 

大手調剤薬局は研修がしっかりしているメリットを選んで就職を決めた人もいるでしょうがそれでも3か月もいれば十分。あとは「環境」ではなく「あなた」がどれだけ向上心があるのかという話しになります。

 

「すぐに辞めたら経歴に傷が付く」「辞め癖が付いたらどうしよう」と不安な人もいるかと思いますがその様な心配は全く不要です。

大事なことは大切な時に自分で選んで適切な判断ができるのかということになります。

これはつまりあなたが必要だと思う事、例えばやりがいならば自分の理想とする薬剤師ができる職場。お金ならばが給料が高い職場を選ぶための強い気持ちを持つという事です。

もし奨学金が常に心の重荷になっているのであれば奨学金を早く返すための給料重視の職場に転職する必要があると考えましょう。

 

あなたが悩んでいる間に大学の同期では年収600万円以上貰っている人もゾロゾロ出てきます。

もしあなたが超優秀で周りの薬剤師と比較しても数倍仕事ができ知識が豊富だとしても残念ながら給料は関係ありません。薬剤師の世界は未だ年功序列。仕事をしないダメ上司の方が数百万多く給料をもらう仕組みになっています。あなたがどれだけ仕事を頑張ろうとも、残念ながら正しい評価はされないんですね。

 

もちろん人によって「評価」はさまざま。やりがいを重視する薬剤師も多いでしょう。

しかし世間一般的に評価はお金です。つまりあなたの給料になります。

 

ただ薬剤師業界はこの評価(給料)が能力よりも単に需要と供給のバランスの問題になりますので、奨学金が必要なあなたに重要なことは一歩を踏み出す勇気があるどうか。

そしてもし最初の一歩を踏み出すのであれば、まずは仕事を辞める前に外の世界を見てましょう。ビックリするほど新卒でも高年収の求人がありますよ。

 

もし転職を考えてみようと思う人はこちらでベストな転職方法を紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

薬剤師転職サイトの選び方
薬剤師転職サイトは口コミで選んでも無駄!たった2社で十分です! 転職する薬剤師のほとんどの人が薬剤師転職サイトを利用していると思います。 そしてどの転職サイトを利用しようかと考えた時にス...