薬剤師のおすすめ転職先

フリーランス薬剤師で高年収は可能!?収入と時間は自由になるのか

 

薬剤師がフリーランスになるメリットは高収入になる事と自分の時間を自由に使えることだと考えられています。ただそれならば誰もがフリーランスの薬剤師として働きたいと思いますよね。

 

しかし実際はフリーランスになって正社員よりも高年収で自由な生き方ができるかと言えば決してそのようなことはありません。

 

そこで今回は安易に薬剤師がフリーランスになってはいけない理由ともしフリーランス薬剤師で高年収を目指すならどういった働き方がベターなのか紹介していきたいと思います。

フリーランスの働き方に興味がある薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

フリーランス薬剤師が考えるべきデメリット

フリーランスが若干ブームになりつつある昨今ですが、その話題性だけでいい面だけに飛びついて安易にフリーランスになる事はぶっちゃけおすすめしません。

むしろもともと安定している薬剤師にとってはデメリットにもなり得るので、まずはフリーランス薬剤師の悪い面から紹介してきます。

 

薬剤師としてバリバリ稼げるわけではない

フリーランスの薬剤師として働く場合に「薬剤師免許を使って働く」のであれば高年収を得ることは簡単ではありません。

例えばフリーランスの働き方として医者がフリーランスに転身するケースも増えてきましたが、医者の場合は常勤で働くよりも時給で非常勤で働く方が時給の単価が高い場合が多く、また需要が高いため、フリーランスの方が雇われよりも給料が高くなるケースがあります。ですからフリーランスとして医師をすることは金銭的にもメリットがあると言えます。

 

かたやフリーランスの薬剤師と言えば派遣薬剤師を利用する人も多いかと思いますが、確かに派遣薬剤師の場合は4000~5000円の高時給の募集もあります。ただこれらの募集を継続的に見つけることはそう容易ではありません。

つまりフリーランスでも薬剤師として働くのあれば高年収を目指すのは難しいと言えるでしょう。それならば正社員で給料が高い職場を探す方がメリットが多いです。

 

病気やケガにならない必要性が超高い

「フリーランスになる一番のデメリットは不安定」と言われますが、時給がそこそこ高い薬剤師の場合は不安定と呼ぶほどのひっ迫した状況には陥いづらいと思います。また求人も豊富にあるため仕事が見つからないこともないでしょう。

 

ただこれまで正社員として当たり前だった事がフリーランスになると当たり前ではなくなります。例えば以下のものです。

・福利厚生(社会保険や雇用保険、労災保険など)

・有給やボーナスや退職金

・住宅手当

・産休や育休

 

会社員時代には空気の様にあったものたちが一気になくなります。

「別に自分でがっつり稼ぐから問題ない」と思う人もいるかもしれませんが、フリーランス薬剤師が最も気を付けるべきものは体調管理です。

 

もしあなたがフリーランスになって派遣薬剤師で時給5000円の所で週20時間働いていたとします。すると週あたり10万円稼ぐ事になりますが、もしあなたが体調を壊したり怪我をしてしまった場合はこの10万円がまるまるゼロになります。

これが会社員の場合であれば有給を使う事ができてその分の給料が発生しますし、もし長期の入院になりそうな時は疾病手当金としてその期間の何割かを補填してくれる制度もあります。

 

安定した薬剤師を離れる意味を考える

薬剤師と言う職業はかなり安定しています。給料もそれなりの金額を貰えておまけに地方の田舎でもそこそこの給料を貰えて働く場所も多数あります。

 

もちろんフリーランスになって自由に生きる事が最重要課題であるならばそのリスクも踏まえてフリーランス薬剤師になるのも選択肢の1つです。

しかし「フリーランスって自由に働けて楽しそう」と安易に考えるのであれば、それが本当に必要かを問いただしてみてください。実際はフリーランスにならなくても普通の勤務薬剤師としてでも出来る場合が意外と多いのではないでしょうか。

 

派遣薬剤師に依存しては意味がない

フリーランス薬剤師の場合は薬剤師免許を使わない働き方を選択する人もいますが、薬剤師免許をフル活用した働き方を行っているフリーランス薬剤師も多いです。

そして薬剤師免許を利用する働き方で最も多いのが派遣薬剤師と言っても過言ではありません。

 

ただフリーランス薬剤師が派遣に依存してはそもそもフリーランスになった意味がありません。週に数回派遣薬剤師として働くのであればまだしも、常に派遣薬剤師として正社員並みに働くならば結果としてこれまで1つの会社に依存していた働き方が今度は派遣業者に依存しているだけです。自分で働く場所と時間を決めることができるフリーランス薬剤師のメリットからどんどん離れてしまいます。

もし収入の100%を派遣薬剤師に依存してしまうと上でも触れましたが体調を壊してしまった時に福利厚生がない派遣会社の場合そのまま収入がなくなってしまう点も注意が必要です。

 

フリーランス薬剤師が高年収を目指す3つの方法

もしフリーランスとして働く決意をした場合「いかに高い年収を目指すのか」「いかに自由に働くのか」と言うことが非常に大切になってきます。

そこでここからはフリーランス薬剤師が自由かつ高年収を目指す方法を紹介します。

 

派遣薬剤師で最低限働いて社会保険料をパスする

フリーランスでも安定志向の方におすすめの働き方として最低限の時間を派遣薬剤師で働きその他の時間を好きな時間で過ごすと言う働き方です。

ここでの勤務時間の目安は週20時間

これにより社会保険をはじめとする各種福利厚生の恩恵を受ける事が可能になるためです。

この最低限の働き方をして保険をかけてフリーランスになるのもいいでしょう。

ただし週20時間を満たす薬剤師派遣は決まっていますので、大手のファルマスタッフと薬キャリを活用しましょう。

 

高時給の職場に直談判

フリーランスの薬剤師にとって単価が高い仕事に越したことはありません。その分年収としても高くなりますし働く絶対的な時間を削減できます。

 

しかし表に出ている情報では制限があります。良くて時給4000円。それ以上の求人となるとかなりレアな分類になります。

ただこれ以上の時給を貰うためにあなたができる事があります。それは高時給で募集している職場に直談判して直接交渉し契約することです。

派遣薬剤師の場合は薬局との契約ではなく派遣会社との契約になります。そして派遣会社は文字通り薬局に薬剤師を派遣することで利益を得ています。例えばあなたが時給4000円の募集の場合は薬局は派遣会社に数千円上乗せした額を支払ってその差額で儲けています。

 

これはつまり派遣会社を通さずに高時給で募集している薬局に直談判して給料の交渉をすれば表に出ている一般的な募集よりも高い時給で働ける可能性が高く、おまけに薬局側としても損をしないシステムです。

 

はっきり言って時給4000円以上の求人を探すのは容易なことではありませんが、自分で交渉する場合にはそこまで高いハードルにはなりません。また平日1日と土曜日だけピンポイントで働いて欲しいと考える薬局の経営者も少なくありませんので、そのようなところを狙って交渉してみるのもいいでしょう。

 

非薬剤師の働き方を極める

薬剤師として働く以上給料の上限が決まっています。

しかしフリーランスの立場をフル活用して非薬剤師として働く方が高年収になる可能性が高く、逆に青天井の給料を得るためには薬剤師をやっていてはまず不可能です。

 

ですから薬剤師で最低限の保険を掛けつつ、その他は非薬剤師の仕事を極める事が可能性としては最も理想的な働き方になります。

もちろんだれでもその道で稼げるようになるかと言えばそんな事は当然ありませんが、しっかり時間をかけてその道を極める事で成果が表れるとさらに高みを目指すことができます。

 

薬剤師フリーランスのメリットは広がる選択肢の幅

とにもかくにも薬剤師がフリーランスになる一番のメリットは常に自分で選択肢を選べることです。

ここでの選択肢とは「働く内容」「働く時間」「年収」「休み」など多岐に渡ります。

 

例えば1つの職場に働き続けるのであればおそらくあなたの5年後10年後の年収は想像が付くと思います。きっと働く内容も時間も年収も休みも大して変わりません。しかしフリーランスになればすべてがゼロベースで見直す事ができます。

 

では具体的にどんな働き方がフリーランス薬剤師にあるのかざっくり紹介します。

●投資家 ●アプリ開発 ●ライター ●ブロガー ●アフィリエイター

●YouTuber ●漫画家 ●ウェブデザイナー ●作家 ●アーティスト

●ネットショップ ●イラストレーター ●カメラマン ●メイクアップアーティスト

●インスタグラマー ●コンサルタント

 

そしてこれらの働き方の中には薬剤師免許がある事を最大限活用できる働き方もたくさんあります。またこれら以外にも全く視点の違う観点から薬剤師として培った知識を反映できる職もあるでしょう。

 

ただ繰り返しになりますが、フリーランス薬剤師はフリーランスの必要性がある人がなるべきであり、単純に今の給料よりもプラスアルファでお金が欲しい場合は普通に副業した方が良いとも思います。

薬剤師の副業やダブルワークのやり方
薬剤師が副業で年収プラス80万円稼ぐ現実的な方法薬剤師が副業する機会も今後増えてきます。しかし会社が副業を認めているか分からない場合や禁止されている時にはどうすればいいのか?どんな副業をすべきか、どうやって副業を探せばいいのか悩む人も多いですよね。そんな人の悩みを解決します。...