一般的な転職理論について

薬剤師が退職時に引き止めされても揉めずに円滑に辞める方法

 

現在薬剤師は人手不足のため、退職の意向を告げるとほぼ間違いなく引き止めに合います。

つまり薬剤師は辞めたくても簡単に辞めさせてもらえません。

せっかく勇気を振り絞って辞めますと伝えたとしても「考え直してくれないか」「せめて次の薬剤師が入るまで続けて欲しい」とまず言われます。

 

そしてあなたが決意を固めて伝えた退職の意思も結局「保留」と言う形にされ、いつまでもやめる事ができない薬剤師も少なくありません。

 

もちろん民法上は事前に2週間以上の退職の申し出があれば退職が可能になりますので、半ば強硬手段を取って辞めることを考える人もいるかもしれませんが、できれば円満退社とまではいかないまでも過度にもめることなく辞めたいですよね

 

そこで今回は引き止めにあった薬剤師が円滑に退職する方法を紹介したいと思います。

誰とももめる事なく円満退社したい

有給も全部消化したい

条件を提示されたら心が揺らぐかも

退職する予定のある薬剤師の方はぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師が退職を引き止めされる理由

ではまず「どうして薬剤師が退職を告げると引き止めに合うのか」と言う理由について説明します。もちろん冒頭でも言いましたが薬剤師不足と言うのがすべての引き金ですが、ここでは一歩踏み込んで見ていきたいと思います。

 

新規採用にコストがかかる

薬剤師は人手不足で新しい薬剤師を探すのが難しいと言う理由が一番ですが、それに伴って必要なのがお金です。

例えば転職サイト経由で薬剤師を雇うとなると数百万のコストがかかりますし、人材派遣会社を利用するにしても破格の時給を支払わなければなりません。

 

もし薬剤師が世の中にあふれていて、ハローワークに求人を載せておけばいくらでも応募があるならばあなたが引き止めされる事もないでしょうが、如何せん新規採用にはコストがかかり過ぎてしまいます。

 

おまけにいつ新しい薬剤師が来てくれるのかも不透明な事も相まって、基本的に薬剤師は引き止めにあってしまいます。

 

会社にとって引き止めは実は簡単

会社からしてみれば薬剤師を引き止める事はそう難しい話しではありません。

と言うのも薬剤師が辞めたいと考える理由に対していくらでも改善策を提示できるからです。例えば以下の様な対応です。

・体力的にキツイので辞めます⇒勤務時間を減らす方向で話を進めるとの提案

・残業が多いので辞めます⇒残業しなくていいと言われる

・ほかにやりたい事ができた⇒やりたい事ができる様に努力すると言われる

 

あなたの多少の不平・不満は会社側は改善しようと提示してくれます。なぜなら上でも言いましたが今薬剤師を確保するのはそう簡単ではありませんので、辞める薬剤師にいい条件を提示するのと新たに薬剤師を探すのでは断然前者の方が労力が少ないからです。

 

それに薬剤師が退職理由で告げる理由などたかが知れていますから、会社側にとってはあなたを引き止める事はそう難しい話しではありません。

 

辞めさせてもらえなくても退職すべき薬剤師のケース

薬剤師の中には退職の引き止めにあって「そこまで言うならば考えてもいいかな」と退職を踏みとどまる人もいるかもしれませんが、これから挙げるケースの場合は引き止めには絶対に乗ってはいけません。

 

情で訴えるだけ

感情だけで退職を引き止めるだけのケースは最悪です。

例えば「これから会社を盛り上げて行こう」「君が一番信頼できる薬剤師だ」「これからもうちを支えて欲しい」などのポジティブな言葉をかけて引き止めるケース。

場合によっては「今辞めたらどこにも通用しない薬剤師になるぞ」「今辞めて周りの迷惑は考えないのか」と言った脅しに近いものまで含まれます。

 

ではどうしてこの感情で訴えるだけがダメなのかと言うと結局何も解決しないからです。

 

あなたは何か理由があって辞めたいと考えて「辞める」と伝えたはずです。いい加減な気持ちで辞めるとは言わないでしょう。

 

しかし会社側としてはその辞めたい理由は聞かずに、これからのことを提案し始めています。つまりあなたの気持ちは無視されているのです。

そしてこの一番の問題点はあなたの断れない性格に付け込んで、会社としてはデメリットなしであなたを働かせ続けようとする意志が見え隠れする所にほかなりません。

 

人間関係に問題がある

薬剤師の退職理由で最も多いのが職場の人間関係ですが、もし人間関係で辞めると告げたのに引き止めに合ってしまった場合もさっさと辞めてしまいましょう。

 

おそらくチェーンの会社ならば人事移動で同じ職場にならない様に配慮してくれる可能性もありますが、もし日頃から問題のある薬剤師が発端となったケースでない限りはおそらく移動されるのはあなたです。

それにあなたが退職を告げて即移動になったのであればまだマシな方で、場合によっては数カ月もそのままの状態が続くことも考えられます。

また病院や中小の調剤薬局などの場合にはそもそも移動自体が困難な職場ばかりになりますので、どうやっても解決することはできません。

 

あなたのやりたい事が決まっている

もしあなたが既にやりたい事が決まっているため退職を考えている場合には絶対に退職しましょう。

 

おそらくあなたがそのまま正直に退職理由を会社に話すと「じゃあうちでもやれるように検討してみるよ」と言ったように取りあえず引き止めにあってしまいますが、現実的にあなたがやりたいことはまずできません。

 

繰り返しになりますがあなたが引き止めに合うのは完全に会社側の都合です。

あなたが自分のやりたいことを諦めてまで会社のために尽くす事をいとわないのであれば問題ありませんが、とりあえずの引き止めのためにあなたが自分を捨てるメリットは一切ありません。

 

薬剤師が引き止めにあっても円滑に辞める方法

ではここからは退職を引き止められた薬剤師が円滑に辞める方法を紹介していきます。

情には情で返す

あなたが引き止めにあう場合には形はどうであれ情に訴えられたと思います。

「君にこれからも頑張って欲しい」「君がいないと困るんだ」と、別れたくないカップルのように強い感情に訴えた引き止めにあったことでしょう。

おそらくあなたも少し心が動いたのではないでしょうか。

 

ではあなたが円滑に辞めるために大切なことはこれをそのまま相手に返す方法です。

つまり情に訴えかけて辞めると言う事です。

さらに言えば感謝を伝えまくりましょう

 

具体的に言えば「今まで働かせてもらって本当に感謝しかありません」「本当にお世話になったと思っています。ありがとうございました。」と情に訴えてとにかく感謝を告げてください。

もしそれでも引き止められる場合には「お世話になった職場なので良い形で終わりたいんです。」と告げてみましょう。

 

ではなぜ感謝を伝える必要があるのかと言いますと、もしあなたが辞めるとしても円満退社で終わらしたいのはあなただけでなく会社側も同じです。そこには「ひょっとしたらまた帰ってきてくれるかもしれない」と言う下心もあるでしょう。

 

また職場によっては残っている有給を消化させてくれない職場もあります。そんな時でも穏便に有給消化の申請を行う際にも話がスムーズに進むはずです。

おそらくあなたも引き止めにあって情で心が動いと思います。ですから今度はあなたも会社に対して情に訴えてみてください。

 

既成事実を積み上げる

あなたが引き止められる理由に「次の職場が決まっていない」と言う理由も強いです。

会社側からすると「どうせ決まっていないなら働き続けて欲しい」と言う絶好の引き止めの理由を提供している様なものです。

 

ですからあなたは既成事実を作ってしまいましょう。

例えば次の職場を決めてしまうだとか、転職活動を開始してしまいそこへの就職が○月には決まりそう等と言って既成事実を作ってしまいましょう。そうすれば会社としてもどうしようもありません。

 

いい人になるのは無理だと考える

「会社にはお世話になった。できる限り穏便な形で辞めたい」と思う薬剤師の方も多いかと思います。もちろんそれは素晴らしいことです。

しかしそのせいもあって会社からの引き止めをどうしても振り切る事ができず中々辞めれない薬剤師も少なくありません

 

でもこの考えは間違っています。

もしあなたが本気で辞めたいと考えているのであれば過度に良い人だと思われることを意識してはいけません。

 

と言うのも

辞める=悪い、会社に残る=良い

と言う構図は間違っていますよね。

しかしあなたも自然と引き止めに合ったらそれに応える事が良いと考えてしまっていませんか?それは決して良い人ではなく会社にとって都合が良い人なだけです。

ですから360度良い人であると思われる必要はありません。その考えだといつまでも経っても辞めることはできないでしょう。

 

条件次第では引き止めに乗るのもアリ

世の中には転職の引き止めにあっても絶対に強い意志で辞めるべきだと言われています。

しかしもしあなたが会社が提示した条件が良く、まだ退職後の予定も決まっていない場合には引き止めに乗るものアリだと思います。

 

「その条件が嘘だったらどうするのか?」「他の職員と気まずい雰囲気になったらどうするのか?」と考えてしまうかもしれませんが、その時は潔く今度こそ辞めてしまいましょう。

あなたの退職理由が引き止めの条件で解決できる問題であるならば有効利用するのも選択肢として考えてみてください。

 

薬剤師が引き止めで退職をやめても感謝は最初だけ

残念ながらもしあなたが引き止めにあって退職するのをやめたとしても、たしかにその瞬間はとても感謝してくれるはずです。しかしそれはあくまでもその時だけ。

 

もしあなたが「じゃあ次の薬剤師が入るまで続けます」と言って働き続け、いざ新しい薬剤師が入ってあなたが辞める事になっても、あなたは結局辞める側の人間です。過度な感謝はありません。

 

もちろん働いてくれたことには感謝はしてくれるかもしれませんが、少なくともあなたが思っている以上の感謝はありません。

なぜなら会社側からすればそもそもあなたが辞めなければよかっただけの話しですから。

 

ですから引き止めにあったので退職をやめるのが正しいとは決して思ってはいけません。かといって過度に対立して辞める必要性もありませんので上で紹介した

・情で訴える

・既成事実を積み上げる

・良い人になるのは無理

と言う事を意識してみてください。