新人薬剤師に告ぐ

薬剤師がつまらないのは当たり前!そんな人こそ金を求めよ!!

 

「薬剤師の仕事がつまらない」

この言葉は非常に多く耳にすることがあります。これは薬剤師になって間もない1~2年目の新米薬剤師の方だけでなく、いわゆる中堅以降の薬剤師からも度々耳にします。

ではどうして薬剤師がつまらないと思えてしまうのか?今回はこのテーマについ触れていきたいと思います。

世の中には仕事を楽しむためのハウツーに溢れていますが、これを薬剤師に当てはめてみてもピンとこないものばかり。

ではどうすれば薬剤師がつまらないと思わないで済むのか、そもそも解決する事が可能なのか、と言う事について具体的に見ていきます。

もし薬剤師がつまらなくてどうしようもない人はぜひ参考にしてみてください。

 

薬剤師が仕事がつまらないと感じる理由

同じ毎日の繰り返し

薬剤師A
薬剤師A
薬剤師の仕事は同じことの繰り返しなのにミスが許されない。こんな仕事をずっとやらなければいけないと考えるともう嫌だ

薬剤師の仕事は1つのプロジェクトをみんなで達成すると言うものではなく、個々の薬剤師が個々の患者に対応するものであるため、目に見える成果が分かりずらい部分があります。すると薬剤師の仕事は同じことの繰り返しになり、おまけにミスが命に繋がる可能性もあることから「つまらない」「やりがいないがない」「割に合わない」と言われます。

 

結局医者のいいなり

薬剤師B
薬剤師B
薬剤師は結局医者の処方箋を受けるだけで医者と対等に薬の議論などできやしない。面白味もなにもない。

薬剤師は調剤や服薬指導を行いますが処方権はありません。また疑義照会をすることもありますが処方箋の不備に対しての疑義をすることも多く、むしろ薬学的な知識を活用しての疑義照会は少ないでしょう。すると結局薬剤師は医者ありきの仕事であり、薬剤師はつまらないと感じてしまいます。

 

周りの薬剤師が真面目過ぎる

薬剤師C
薬剤師C
周りの薬剤師はとにかく真面目。自分とはタイプが合わないため話をしてもつまらない。

薬剤師の人柄は十人十色でしょうが、基本的には真面目な人が多いです。もちろん仕事に対するスタンスが真面目である場合は素晴らしい事ですが、根が真面目であるためそもそも会話が楽しくない・人として合わない場合があります。一言で言えば「タイプが違う」ということです。このため業務中のちょっとした時間も会話がなく、仕事自体がつまらないと感じてしまう事があります。

 

薬剤師がつまらないと感じたら普通を考える

もしあなたが薬剤師はつまらない仕事だと感じ、毎日が憂鬱になってしまっているのであれば次の事を考えてみてください。

・「普通」を目指す

・つまらないと思いながら割り切って薬剤師をする

・薬剤師をやめる

では簡単にみていきましょう。

 

薬剤師はやりがいではなく「普通」を目指す

では仕事がつまらない薬剤師はどうすればいいのか?

その答えは薬剤師は普通を目指せばいいんです。

 

最近世の中には「仕事は楽しくないといけない」と言う思想がスタンダートになってきた風潮があります。しかしもともと仕事はつまらないものです。

仕事が楽しいと言う薬剤師も毎日仕事が楽しいと思っているわけではありません。むしろ楽しいと思える瞬間よりもつまらないと感じる瞬間が多いはずです。ただそれを表に出さないだけです。おそらく大半の薬剤師が「楽しい」よりも「普通」と感じていると思います

 

それなのに薬剤師は楽しい仕事を目指すべきと言うのはおかしな話しでありせめて「普通」を目指すべきなんです。

もっと言えば「楽しい」「つまらない」の両極端で考えるのではなく楽しい時もあり、つまらない時もあると言った「普通」を目指せばいいんです。

仕事は楽しむものであるならば、楽しくない人は仕事をする価値がないのでしょうか。そんな事は絶対にありませんよね。仕事に対するスタンスは自由でいいんです。

仕事はあなたを成長させるためにあるのではありませんし、あなたを幸せにするためにあるわけでもありません。仕事イコール楽しいものと考えること自体が間違いになります。

 

薬剤師は転職して変われる可能性は低い

では「転職して自分の環境を変えればいいのか」と言えば、無理に転職する必要はないと思います。

なぜなら転職して環境が変わればあなたが生まれる可能性もあります。しかしあなたはおそらく薬剤師という仕事自体につまらなさを感じているはずです。すると働くフィールドが変わっても薬剤師そのものの仕事は大きく変わりませんので劇的な変化には繋がりません。

 

ただもしあなたが職場の人間関係によって薬剤師がつまらないと感じるのであれば転職はかなり大きな影響を与える可能性があります。

薬剤師転職
「この薬局で働くのは限界」と思った薬剤師がやるべきこと転職しても人間関係で悩んでしまう薬剤師は多いですが実はその理由は必然になります。それはあなたが必要とされていない人間だからです。ですからあなたがやるべきことはあなたが必要とされる職場に転職する方法です。具体的にその方法を紹介します。...

つまらないを受け入れて薬剤師を行う

薬剤師という仕事に無理に楽しさややりがいを見出す必要はありません。

楽しくなくて当たり前、つまらなくて当然と言うスタンスでいるともっと楽に生きられます。つまりつまらない事を受け入れて薬剤師を行う方向に全力で舵を切るのも良い選択だと思います。

 

ただその際にはなるべく給料の高い職場に転職すべきです。

この理由は大きく2つあります。

 

1つはどうせつまらないと感じているのであれば高い給料を貰うに越したことはないからです。薬剤師がつまらない原因の1つにルーティンワークであることが挙げられますが、残念ながらルーティンであるがゆえに、どれだけ頑張っても昇級に繋がらない事が現状です。

これはつまりあなたが仕事が楽しくてもつまらなくても、結局同じことをやる必要性が出てきますので、それならば給料を貰いながら「薬剤師ってつまらない」と感じた方が遥かにマシだからです。

「給料が年収350万円で薬剤師の仕事がつまらない」と言うのと「給料が年収750万円で薬剤師の仕事がつまらない」と言うのでは後者の道を歩いた方が絶対にいいでしょう。

 

そしてもう1つの理由は高い給料を貰って仕事以外を充実させれば、たとえ薬剤師がつまらないとしても割り切って働くことができるためです。

 

「毎月の家賃と生活費と奨学金を返しているとお金がなくてプライベートを謳歌できない。おまけに仕事はつまらない」と言うような状況に陥っているのであれば薬剤師の仕事そのものに1つや2つの不満が出てくるのは当然です。それにプライベートに余裕を見出すことも難しいでしょう。ですから無理に仕事に喜びや楽しみを見出さなくてもそれ以外の所であなたが幸せになればそれでいいんです。

楽な薬剤師の職場
薬剤師が給料が高くて楽な職場に転職する方法 今回は薬剤師が楽な職場でおまけに給料の高い職場に転職する方法を紹介したいと思います。 薬剤師の中には「バリバリ仕事をして給...

参考までに蛭子能収さんが女性自身の人生相談の記事で「働く意欲がなくなった方にアドバイスした言葉」を紹介します。

仕事でやりがいや生きがいを見つけようとするのが間違い。働くことに意欲を求めるのがおかしいんです。仕事で輝くという人生は変。人は、競艇場で輝くために働くんです。蛭子能収のゆるゆる人生相談

 

競艇はともかく、仕事とそれ以外をきっぱり切り離して生きる人生も賞賛されるべきです。

 

薬剤師をやめることも考える

薬剤師がつまらないものと受け入れる事がどうしてもできない人は薬剤師を一旦やめてしまいましょう。「他にやりたい事がない」と言う人も辞めて結構です。仕事を辞めている間に自分がやりたいことが見つかるかもしれません。

 

薬剤師免許は所詮免許です。おまけに免許の更新もなければ余程の事をしない限り免許取り消しもありません。

つまり使ってもいいし使わなくても良いものなんです。

しかし薬剤師免許を持っていると「自分は薬剤師として働かないと」と言った自己暗示をかけてしまいます。自動車運転免許があるからと言って車に乗らないといけない理由はないように、薬剤師免許があっても薬剤師として働く理由はありません。

 

もちろん薬剤師の資格は世間一般的に見てもそこそこ価値がある資格と言えるでしょう。ただ、だからと言って無理に薬剤師をやる必要など1ミリもありません。

薬剤師辞めたい
薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません薬剤師を辞めたいと考えている人は無理に薬剤師として働く必要はありません。ここでは薬剤師として働きたくない人のセカンドキャリアを紹介し、より広い視野で「働く」ことについて考えていきます。...

 

世の中のアドバイスは薬剤師には使えない

「薬剤師ですが仕事がつまらないんです。どうしたらいいでしょうか」と言う質問によくある答えは「環境を変えてみよ・自分で仕事に楽しさを探せ」と言われます。具体的には

・患者に喜んでもらえる事を考えて行動してみよう

・もっと医師に認められるように勉強しよう

・やりがいのある職場に転職しよう

等があげられます。しかしこの答えがあなたに響くかははっきり言って微妙です。

効果がゼロとは言いませんが一時的なカンフル剤で終わるでしょう。なぜならあなたは「もうランニングはやりたくない」と言っているのに「ランニングの中で楽しみをみつけましょう」と言われている様なものだからです。走る場所を変えただけではモチベーションは一時的に上がっても再び元に戻ってしまいます。

 

ですからもしあなたが仕事がつまらないと感じているならば

・「普通」を目指す

・つまらないと思いながら割り切って薬剤師をする

・薬剤師をやめる

この3つの中で自分にあった選択を行ってみてください。

 

繰り返しになりますが薬剤師がつまらないと考えてしまうのは当たり前です。そしてそもそも仕事はつまらないものになりますので、どれだけ自分が受け入れられるのかの度合いの問題です。どうしても無理な時は薬剤師をやめるまで考えてみてください。