新人薬剤師に告ぐ

薬剤師がつまらないと感じてしまう人へ!非常識な解決法

 

「薬剤師の仕事がつまらない」

この言葉は非常に多く耳にすることがあります。これは薬剤師になって間もない1~2年目の新米薬剤師の方だけでなく、いわゆる中堅以降の薬剤師からも度々耳にします。

ではどうして薬剤師がつまらないと思えてしまうのか?今回はこのテーマについ触れていきたいと思います。

世の中には仕事を楽しむためのハウツーに溢れていますが、これを薬剤師に当てはめてみても本当に正しいと言えるのか、どうすれば薬剤師がつまらないと思わないで済むのか、そもそも解決する事が可能なのか、と言う事について具体的に見ていきます。

もし薬剤師がつまらなくてどうしようもない人は参考までにどうぞ。

 

薬剤師が仕事がつまらないと感じる理由

同じ毎日の繰り返し

薬剤師A
薬剤師A
薬剤師の仕事は同じことの繰り返しなのにミスが許されない。こんな仕事をずっとやらなければいけないと考えるともう嫌だ

薬剤師の仕事は1つのプロジェクトをみんなで達成すると言うものではなく、個々の薬剤師が個々の患者に対応するものであるため、目に見える成果が分かりずらい部分があります。すると薬剤師の仕事は同じことの繰り返しになり、おまけにミスが命に繋がる可能性もあることから「つまらない」「やりがいないがない」「割に合わない」と言われます。

 

結局医者のいいなり

薬剤師B
薬剤師B
薬剤師は結局医者の処方箋を受けるだけで医者と対等に薬の議論などできやしない。面白味もなにもない。

薬剤師は調剤や服薬指導を行いますが処方権はありません。また疑義照会をすることもありますが処方箋の不備に対しての疑義をすることも多く、むしろ薬学的な知識を活用しての疑義照会は少ないでしょう。すると結局薬剤師は医者ありきの仕事であり、薬剤師はつまらないと感じてしまいます。

 

周りの薬剤師が真面目過ぎる

薬剤師C
薬剤師C
周りの薬剤師はとにかく真面目。自分とはタイプが合わないため話をしてもつまらない。

薬剤師の人柄は十人十色でしょうが、基本的には真面目な人が多いです。もちろん仕事に対するスタンスが真面目である場合は素晴らしい事ですが、根が真面目であるためそもそも会話が楽しくない・人として合わない場合があります。一言で言えば「タイプが違う」ということです。このため業務中のちょっとした時間も会話がなく、仕事自体がつまらないと感じてしまう事があります。

 

薬剤師がつまらないと考える薬剤師の解決法

世間一般に言われる解決策は薬剤師にも当てはまるのか

「薬剤師ですが仕事がつまらないんです。どうしたらいいでしょうか」と言う質問によくある答えは「環境を変えてみよ・自分で仕事に楽しさを探せ」と言われます。

 

しかしこの答えがあなたに響くかははっきり言って微妙です。

効果がゼロとは言いませんが、環境を変えてもつまらないから脱却できるとは限りませんし、部署移動しても仕事内容が同じであれば根本的には変わりません。一時的なカンフル剤で終わってしまうことでしょう。それに仕事が楽しくなったとしても大切な事はそれを持続する努力になります。つまりこれらの対策は小手先の手段でしかなく十分な効果は一時的なものだと考えていた方がいいでしょう。

 

薬剤師が目指すのは「普通」でいい

では仕事がつまらない薬剤師はどうすればいいのか?

その答えは薬剤師は普通を目指せばいいんです。

 

なぜだか分かりませんが世の中には「仕事は楽しくないといけない」と言う思想がここ数年スタンダートになってきた風潮があります。しかし薬剤師がつまらないと考える人にとって

つまらない⇒楽しい 

となるためのこのふり幅はかなり大きいです。そしてこれを一気に埋めるのは相当困難です。何より持続する事が難しいでしょう。

 

ですから「楽しい」「つまらない」の両極端で考えるのではなく楽しい時もあり、つまらない時もあると言った「普通」を目指せばいいんです。

仕事は楽しむものであるならば、楽しくない人は仕事をする価値がないのでしょうか。そんな事は絶対にありませんよね。仕事に対するスタンスは自由でいいんです。

仕事とは本来あなたを成長させるものでもなければ、あなたの幸せな生活を手助けするために存在しているのではない事を忘れてはいけません。

 

薬剤師は転職して変われるのか

では「転職して自分の環境を変えればいいのか」と言えば、無理に転職する必要はないと思います。なぜなら転職して環境が変わればあなたの考え方に変化が生まれる可能性もあるでしょうが、おそらく次は別の悩みを抱える事になると思うからです。

 

もちろん転職を否定するわけではありません。ただし転職と言うカンフル剤を入れるのであれば必須条件があります。

 

それはなるべく給料の高い職場に転職すべきだということです。

この理由は大きく2つあります。

 

1つはどうせつまらないと感じているのであれば高い給料を貰うに越したことはないからです。薬剤師がつまらない原因の1つにルーティンワークであることが挙げられますが、残念ながらルーティンであるがゆえに、どれだけ頑張っても昇級に繋がらない事が現状です。

これはつまりあなたが仕事が楽しくてもつまらなくても、結局同じことをやる必要性が出てきますので、それならば給料を貰いながら「薬剤師ってつまらない」と感じた方が遥かにマシだからです。

「給料が年収350万円で薬剤師の仕事がつまらない」と言うのと「給料が年収750万円で薬剤師の仕事がつまらない」と言うのでは後者の道を歩いた方が絶対にいいでしょう。

 

そしてもう1つの理由は高い給料を貰って仕事以外を充実させれば、たとえ薬剤師がつまらないとしても割り切って働くことができるためです。

 

「毎月の家賃と生活費と奨学金を返しているとお金がなくてプライベートを謳歌できない。おまけに仕事はつまらない」と言うような状況に陥っているのであれば薬剤師の仕事そのものに1つや2つの不満が出てくるのは当然です。それにプライベートに余裕を見出すことも難しいでしょう。ですから無理に仕事に喜びや楽しみを見出さなくてもそれ以外の所であなたが幸せになればそれでいいんです。

 

参考までに蛭子能収さんが女性自身の人生相談の記事で「働く意欲がなくなった方にアドバイスした言葉」を紹介します。

仕事でやりがいや生きがいを見つけようとするのが間違い。働くことに意欲を求めるのがおかしいんです。仕事で輝くという人生は変。人は、競艇場で輝くために働くんです。蛭子能収のゆるゆる人生相談

 

競艇はともかく、仕事とそれ以外をきっぱり切り離して生きる人生も賞賛されるべきです。

 

薬剤師免許は自動車運転免許と一緒

薬剤師免許は所詮免許です。おまけに免許の更新もなければ余程の事をしない限り免許取り消しもありません。

つまり使ってもいいし使わなくても良いものなんです。

しかし薬剤師免許を持っていると「自分は薬剤師として働かないと」と言った自己暗示をかけてしまいます。自動車運転免許があるからと言って車に乗らないといけない理由はないように、薬剤師免許があっても薬剤師として働く理由はありません。

 

もちろん薬剤師の資格は世間一般的に見てもそこそこ価値がある資格と言えるでしょう。ただ、だからと言って無理に薬剤師をやる必要など1ミリもないんです。薬剤師はつまらないからと言って辞める必要もないと思いますが、そこまでつまらないならば一度離れてみるのも1つの手段だと思います。

薬剤師辞めたい
薬剤師免許があっても薬剤師として働く必要性はありません薬剤師を辞めたいと考えている人は無理に薬剤師として働く必要はありません。ここでは薬剤師として働きたくない人のセカンドキャリアを紹介し、より広い視野で「働く」ことについて考えていきます。...

 

それにあなたも気づいていると思いますが、薬剤師の仕事は「楽しい」「つまらない」と言う瞬間はあるとしても9割は普通の時間を占めると思います。8時間働いたとしたら、その中で楽しいや嬉しいと言ったポジティブな感情に揺れる時もあれば、逆に「つまらない」「あきた」等のネガティブな感情を感じる瞬間もあるでしょうが、多くの時間を特に何も考えずに過ごすと思います。

一度自分が働いている時間に何回感情の起伏が生まれたかカウントしてみください。きっとそう多くの回数を数えることにはならないと思います。

しかし自分でつまらないと日常的に思い込んでしまうと、それが頭の中の割合を多く占めてしまい、常に薬剤師はつまらないと感じてしまうでしょう。ですから下手に意識しない事も重要だと思います。

 

では最後に薬剤師の仕事がつまらないと考える人への改善策をまとめます。

・楽しくなくていい、つまらなくてもいいので普通を目指すべき

・仕事を仕事と割り切るべき

・転職するならお金を重視すべき

・それでもダメならいったん離れてみる