一般的な転職理論について

20代薬剤師が平均年収を見ても結局不安は解消されません

 

あなたが20代の薬剤師ならば自分と同じ20代の薬剤師の給料・年収はどの位のなのか非常に気になりますよね。

そして自分は周りと比べて給料が高いのか低いのかさらに気になる所だと思います。

 

そこで今回は20代薬剤師の年収について考えてみてみたいと思います。

・20代薬剤師の年収は周りと比べてどうなのか

・自分の年収は平均と比べると高いけど友達の薬剤師はもっとも貰っている

・もっと高い年収が欲しいけど20代で高年収を求める転職をしてもいいのか

 

これらの悩みを感じている方はぜひ参考にしてみてください。

 

20代薬剤師の年収は平均を見ても意味がない

このご時世、ネットで「20代 薬剤師 年収」と検索すればおおよその年収の目安がすぐに分かります。

しかし20代の薬剤師は給料の平均を見てはいけません

その理由を紹介していきます。

 

平均年収は「お金」しか反映していない

薬剤師の平均年収は当たり前ですが年収の平均しか反映されていません。

例えば

「調剤薬局の20代薬剤師の平均年収は○○万円」

「ドラッグストアの20代薬剤師の平均年収は○○万円」

と言ったように働く場所に応じて薬剤師の平均年収に関する情報ネット上に公開されています。

 

しかしそこには今後の昇給や福利厚生等が一切反映されていません

 

薬剤師の仕事は基本的に昇給が低いことで有名ですが、何年勤めても昇給が全くない職場もあれば少しずつですが確実に昇給がある職場もあります。

これを一緒くたにして貰っている給料の平均だけを取ってもあなたは本当の意味で自分が貰っている給料の多寡を判断する事はできないはずです。

具体例を挙げると年収500万円の調剤薬局ならば20代ならば十分かもしれませんが、もし昇給がほとんどないならば全然安心しませんよね。逆に年収500万円でも昇給も福利厚生もしっかりしている場合では比較的心に余裕があると思います。

 

薬剤師1年目と20代後半では全然違う

20代薬剤師の平均年収と言っても「薬剤師になりたての1年目の薬剤師」と「29歳の薬剤師」とでは給料は全く異なります。

 

29歳の薬剤師の場合では管理薬剤師としてバリバリ働いている人も多いため役職手当なども付いて必然的に給料も高くなっているケースが大半です。かたや薬剤師1年目は薬剤師として働く上で最も年収が低い所からのスタートになりますので、平均を下げる層になります。

つまり年収としては一番低い層が入り混じっている20代薬剤師の年収において一口に年収と言っても薬剤師1年目なのか20代後半の薬剤師なのか求める情報は異なるものと言えます。

薬剤師1年目で調剤経験なしの20代薬剤師と管理薬剤師経験ありの20代薬剤師では市場の需要としては全く異なります。つまりそれだけ給料に差が生じるのは当然のことです。

 

薬剤師の年収は地域によっても全然違う

薬剤師の平均年収は全国の平均になると思いますが、当然ながら薬剤師の給料は都道府県によって大きな差が生じてしまいます

例えば2018年度もっとも高額な平均年収だったのが奈良県の777万円となり、もっとも低額だったのが三重県の437万円になっています。ちなみに全国平均が543万円です。

参考:都道府県別 薬剤師年収ランキング(2018年版)

 

もしあなたが三重県で薬剤師として働き年収が600万円ならば20代で全国平均よりも高くホッとするかもしれませんが、もし奈良県で年収が600万円なおかつ昇給が一切ない職場ならばいくら20代で600万円貰っていても周りと比べてしまう人もいると思います。

 

20代薬剤師は身近な人のリアル年収と比べてしまう

20代薬剤師が平均年収を探す理由として自分の年収は他の20代薬剤師と比べてどうなのか?という事に対して知りたいと思いますが、そこでいくら平均的な20代の薬剤師の年収が分かったとしてもおそらく満足はしないと思います。

 

なぜならあなたが無意識に比べてしまうのは全国の平均ではなく

〇大学の同期の年収
〇あなたが住んでいる地域の薬剤師の給料の相場
〇今後の自分の年収に対する不安

これらを今の自分、そしてこれらの自分の年収と比べてしまうからです。

 

しかしこれは同時に毒でもあります。

と言うのも現時点で申し分ない年収を貰っている20代薬剤師ならばまだしも、おそらく多くの薬剤師は不安を抱えてしまうからです。

●周りに転職した友人がいて年収は100万円上がったらしい。
●これからの自分の年収は一体どうなっていくのか?
●今はよくても将来的に昇給のないこの給料でやっていけるのか?

そしてこれらの不安は上を見ればきりがありませんし、今の自分が将来的な安全圏にいるのかと言えば自信をもってイエスと言える人はおそらくそう多くないはずです。

つまり20代の薬剤師の平均年収を探している時点ですでに今のあなたは多少なりとも不安を感じているのではないでしょうか。

 

薬剤師が20代で給料目的での転職はアリか

ではあなたはより安全圏を目指して高い給料の職場に転職を考えるかもしれませんが、果たしてそれは正しい選択なのでしょうか。また中には「転職のカードをお金目的で使ってもいいのか?」と不安な人も多いかと思います。

 

しかし結論から言えば20代で転職する薬剤師はかなり多く不安を抱く必要は一切ありません。

 

そもそも20代で転職する薬剤師は全く珍しくありませんし、20代で転職したからと言って転職に不利なることなどほぼ皆無。

 

そして何よりお金の問題は転職する以外にベストな解決策はなく、あなたがいくら悩んでも自分でどうにかできる話しではないからです。

ちなみに日本調剤の2018年度の平均勤続年数は5.8年です。大手の調剤薬局でも全然転職していますよね。

 

またお金目的の転職はいけないのではないか?と思うかもしれませんが、病院薬剤師に就職した人が転職する1番の理由が給料が安いという事を考えてもお金目的の転職は悪いことではありません。また基本的には20代薬剤師の年収が低い人は30代でも低いままのケースが大半です。

 

あなたは就職する前から現在の年収はある程度分かっていた事だと思います。

しかし薬剤師として働き始めてあなたの優先すべきものが変わってきたと思います。やりがいを追求する人、休みを重視する人、そしてお金を重視する人。

それぞれが求めるものが薬剤師として働く上で変わってきて当然ですし、それが仮にお金だとしても全く問題ありません。現に周りが思っている以上にお金目的で転職をする人は山ほどいます。

 

薬剤師の年収は20代のうちにどこで働くか、そして何ができる薬剤師なのかが非常に大切なことになってきます。これは30代・40代になっても響いてきます。そのためにもどこで働くかを選ぶ事はとても大切になってくるんですね。

ちなみに転職に失敗する人は転職サイトの使い方と選び方を間違っている方が大半です。

薬剤師は転職サイトを選んではいけない理由
【悲報】薬剤師転職サイトを選んでも無駄だった薬剤師が転職サイトをネットで探して、少しでもいい転職サイトを探しても残念ながら意味がありません。薬剤師が転職サイトランキングは根拠不明、使った事のない非薬剤師の紹介、そもそもあなたがどの様な転職をしたいのかビジョンがゼロでは意味がないからです。そこでここではあなたが転職サイトを選ぶ方法を紹介します。...

ですから20代のうちに後悔のない様な選択をぜひ行ってみてください。