新人薬剤師だけど先輩にいじめられて薬剤師辞めたい

先輩薬剤師に嫌われる新人薬剤師Vさん

【年齢】24歳
【職場】薬局
【年収】400万円
【休み】普通
【人間関係】問題あり
【備考】新卒薬剤師

今年薬剤師国家試験に合格したばかりの新人薬剤師として薬局で働いている。勉強が飛びぬけて出来る訳ではないが、要領は良い方で成績は大学でも中の上であり浪人も留年も卒留もせずに実務実習もそつなくこなしストレートで薬剤師になる事ができた。しかし社会人になって働き始めて早速洗礼を受けている。それは先輩薬剤師からの風当たりが非常に強い点だ、と言葉を選んで言えばそうなるが、砕いて言えばいじめられると言ったニュアンスが近い
その先輩薬剤師はかなり年配の薬剤師で、昨年薬局に転職してきたばかりらしい。どうやら定期的に転職を繰り返しているようだ。そして新人の自分に対して指導する事にストレスを感じており、また思い通りにならない事があるとすぐに激怒する。常に重箱の隅をつつく様な指摘もしてくる。正直薬剤師国家試験に合格したあの瞬間の「立派な薬剤師になろう」と言うモチベーションは今はない。できることなら今すぐにでも薬剤師を辞めたい。

いじめられている新人薬剤師の解決策

新人薬剤師がぶつかる壁

新人の薬剤師は大変です。なぜなら国家試験に通ったからと言って現場で活かせる程の薬の知識が備わっているかと言えばそうとは言えませんし、第一ストレートに薬剤師免許を取得した人もで実習を行ったのは5年次。

つまり1年以上は実践経験の間隔が空いている事になります。

すると現場に出る頃は薬関係の基礎的な知識は備わっているだけの「素人」である事に違いありません。

 

では現場で必要な知識をひとつひとつ学んでいく必要がありますが、それに費やす勉強も一苦労。

大学で習った一般名を商品名へシフトする作業だったり、今ではジェネリックも普及していますので平行してジェネリック銘柄も把握する必要も出てきます。

もちろんそれ以外にも服薬指導をするのであれば指導できるだけの薬に関する知識なども学ばなければなりません。

 

また一番下の立場であるうちは職場内の雰囲気においても気を遣う必要性が出てきますし社会人として、そして一人の薬剤師として大変な労力を消費するでしょう。

 

ただ薬に関する知識に関しては個人のやる気でどうにでもなる話しですが、職場の雰囲気に関しては先輩薬剤師との関係がこじれてしまったならばどうしようもありません。

それにただ業務上の指導してくれないならばまだしも、中にはあなたが受けているように人格否定やいじめの様な事も起きる場合があります。

 

いきなりその状況ならばせっかく薬剤師国家試験に合格して晴れてなれた薬剤師であっても、気持ち的に全く前向きなビジョンを見いだせなくなってしまうのも自然な事でしょう。

 

新人の薬剤師価値

あなたはきっと思うはずです。

「今の自分は大したスキルもない。知識も新人と変わらない。先輩薬剤師にも嫌われてもう薬剤師辞めたい」と。

 

しかしあなたが3年経った時には市場的にあなたの方が、その年配の先輩薬剤師よりも需要は確実に高いです。

それはなぜか。

 

理由はあなたの方がコストがかからず将来性が高いからです。

 

おそらく年配薬剤師は薬剤師の仕事を一通り把握していると思いますが、実際に薬局の収入となる「処方箋をさばく枚数」で言えば、3年目の薬剤師と1年目の薬剤師に差があるかと言われればそこまで違いはないでしょう。

しかし年収で言えばおそらく数十万以上、下手をすれ百万円以上は高い給料を支払っているはずです。

 

実際に服薬指導の内容が年配の薬剤師の方がかなりきめ細かな指導をしていたとしても(しないとしても)、薬局として患者から得られる金額は同じです。

しかし会社としては年齢に応じてそれなりの給料を支払う必要が出てきます。

ただ仮に1年目の薬剤師が一通りの仕事をきちんとこなせていれば、年配の薬剤師よりも安い給料で済み、なお且つ将来性も高いです。

そうなった際に市場的な需要がどちらにあるのかと言えば一目瞭然でしょう。

 

しかし市場価値があなたの方が高かったとしてもあなたがどうにかしたいのは「今」ですよね。

ですからあなたが今やるべきことは先輩薬剤師のいびりに耐えると同時に

将来の自分の為にその先輩薬剤師を最大限利用しましょう

 

従順なふりをして吸収できるものを全て吸収してみてください。

辞める事は簡単ですが、どうせならば転んでもただは起きぬ精神で臨みましょう。

今の様な理不尽な経験をするのも実は悪い事ばかりではありません。

最初に強烈な体験をしておくと後から何をしても楽になりますから「なんで自分だけ」など思わずに前向きに考えましょう。

 

薬剤師を辞めたい新人薬剤師への最終結論

しかしあまりにも辛い時は話は別です。

その時はあなたの心と身体が最優先。絶対に無理はしないでください。

 

無理かなと思った時は取りあえず転職サイトを検索してみるのもおすすめす。心の負担を軽くしてくれます。

 

ほぼ新人薬剤師でも需要は十分にありますし、今の職場よりも良い待遇の職場もきっと見つかるはずです。

ですから転職する・しないは別として一度サイトで薬剤師の求人を検索してみる事をおすすめします。そうすると「いつ辞めてもいいんだ」という事が分かり、気分的にもかなり楽になるはずです。

新卒薬剤師歓迎の求人が山ほど見つかりますよ。

 

特に薬キャリの求人は新人薬剤師の求人も取り扱っており薬剤師の登録者数NO1。

おまけに転職エージェントもプロの方になりますので「1年目で転職が可能なのか?」などの不安にも答えてくれます。



薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

しかし中には「辞め癖が付いてしまったらどうしよう」と不安な人もいると思います。

そんな新人薬剤師の方はこちらもぜひ参考にしてみてください。

薬剤師が辞め癖が付かない様にする究極な方法

「辞め癖がついてしまうからツラくても辞めれない」と考えている薬剤師の方は今すぐ考えを改めましょう。

 

スポンサードリンク