薬剤師の年収VS看護師の年収【2017年7月版】

何かとお金の面で比較されやすい薬剤師看護師ですがその給料の違いが気になる人も多いですよね。

そこで今回は薬剤師と看護師の年収の比較を行ってみたいと思います。

 

比較方法はそれぞれ求人サイトを利用して共に病院・クリニック等で検索。

より高い年収の求人を見て行きたいと思います。

 

求人の場所としては日本で最も人口が多い東京と、最も人口が少ない鳥取県で探していきます。

なお今回は薬剤師・看護師両方に求人サイトを持つマイナビを使って検索しました。
マイナビ薬剤師

薬剤師の年収VS看護師の年収~東京~

薬剤師

薬剤師の求人で最も高額だったのがこちら。

療養型の病院の求人で年収600万円の求人になります。

ヒットした件数は300件を越えました。

 

看護師

看護師の求人で最も高額だったのがこちら。

年収612万円~の病院になります。

 

そして看護師の東京の病院は何と1800件を越える検索ヒット数でした。

では次は鳥取県の高額求人を見てみましょう。

 

薬剤師の年収VS看護師の年収~鳥取~

薬剤師

鳥取の高額薬剤師求人は月収22万円の求人でした。

 

ただ鳥取の病院薬剤師の求人自体が5件しかなく、そのうちの4件が給与非公開でありはっきり言って選択肢がない状態でした。

ちなみに東京で検索した時は300件以上の求人がヒットしたので、その求人数の差は歴然と言えますね。

 

看護師

鳥取の看護師の高額求人はこちらの最高年収が601万円(手当込み)になっています。

求人数は薬剤師よりも多かったのですが、やはり給料の面では東京と比較してかなりダウンしています。そしてスタートから500万円を越える高年収と言える求人はありませんでした。

 

薬剤師と看護師の年収の総評

薬剤師は一般的に程よい地方の方が給料が高く高額求人も多数存在します。

一方で看護師は都市部にいく程給料が高くなっており薬剤師とは逆転しています。

 

しかし病院に関して言えばそれらは一切関係ありません。

 

これはもはや需要と供給のバランスと言うよりも単純に絶対的な病院数の違いと言えるでしょう。

看護師はもちろん、薬剤師も給料の面では都会の方が病院数が多いため高い給料を設定している医療機関が多かったです。

そして都会の病院で言えば看護師も薬剤師も給料に大きな差はないと言う結果でした。

 

地方で病院薬剤師として働く方法

一方の地方ですが、こちらは都会よりも求人数が少ないのは当然ですが、特に薬剤師の求人数が少ないことは驚きです

看護師は求人数はそこそこあるもののやはり経営的な問題もあるのでしょうか、給料で言えば遥かに都会に劣る給与設定になっていました。

 

しかし薬剤師の中では

「地方の地元で病院薬剤師として働きたい」

「だけど給料は安いのは困る」

と言った人も多いと思います。そんな時はどうすればいいのか?

その方法を紹介します。

 

公務員薬剤師として働く

公務員・準公務員の薬剤師として働くと生涯賃金としてはおすすめです。

初任給こそ安い公務員薬剤師ですが安定した昇給によって生涯年収で言えば地方でも十分な給与を貰う事が可能です。

 

ただし公務員として働くのであれば薬剤師の最大のメリットである「どこでも働けていつでも辞めれる」という心のゆとりを失うことになりますので、最初から高年収の病院薬剤師で働きたい人は求人サイトを利用する方がベターでしょう。

 

薬剤師求人サイトを利用する

今後地方の地元に帰ろうと考えている人や地方に帰る予定の人でも、帰る前の段階から薬剤師の転職サイトに登録しておけば、年収が高めの病院薬剤師の求人を探せる可能性は格段に高くなります。

むしろそうする以外には地方の高年収の病院薬剤師を見つけるのはほぼ不可能です

 

今回はマイナビを利用して検索しましたが、薬剤師においては高額年収を多く扱っている求人サイトがあります。

中でもおすすめはファルマスタッフになります。病院薬剤師でも高額求人が多数存在します。

 

例えば東京で年収650万円からの求人で、おまけに週37.5時間の勤務で夜勤も当然なしの求人もあります。

 

島根県でも年収550万円からの求人もありました。

鳥取薬剤師

 

つまり薬剤師が地方で高年収の病院を探す場合には求人サイトを使い、さらにその求人サイトも吟味する必要があるでしょう。

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

スポンサードリンク