一般的な転職理論について

転職したい薬剤師だけど辞めさせてくれないと悩む人へ

 

今の職場を辞めたいと考えている薬剤師で、実際に辞めることを会社に伝えているのになかなか辞めさせて貰えない人もいます。

 

しかしあなたが悩む必要は全くありませんので、今回は辞めたいけれど辞めさせてくれない薬剤師の悩みを見て行きたいと思います。

 

今の職場を辞めたい薬剤師で、どうしても辞めさせてもらえない事に頭を悩ませている方はぜひ参考にしてみてください。

辞めさせてもらえない薬剤師Gさん

 

【年齢】30歳
【職場】薬局
【年収】500万円
【休み】少ない
【人間関係】普通
【家庭】あり
【備考】退職したいと告げている

薬剤師G
薬剤師G

薬局で管理薬剤師をしているが今転職を考えている。

と言うのも休みが少ない。

管理薬剤師という事もあり細かな仕事も任されているため、日々の残業や会社の集まりなどには土曜日も参加しないといけない事もある。

さらに勉強会も積極的に行っているために自分の自由な時間が少ない。

正直この労働量では年収に合わないと感じている。

ざっとネットで検索した所、半径数キロ圏内にはもっと給料の良い職場も見つかった。

そのため会社の方に退職を希望する旨を告げたのだが、代わりが来るまでいてくれと泣きつかれてしまった。

しかし、なかなか新しい人は見つからず2か月が過ぎようとしている。

一体いつになったら辞めれるのだろうか。

辞めさせてくれない薬剤師への解決策

会社からすれば問題なく仕事をこなして管理薬剤師を行ってくれるあなたに辞めてもらっては非常に困ります。

ですから会社としては、ぜひあなたに残って欲しいという雰囲気を醸しだしている事でしょう。

そしてあなたもそれをひしひしと感じているのではないでしょうか。

 

あなたはしっかり仕事をこなすために、会社からの評価は高く少しでも長くいて欲しい存在なはずです。

 

しかし残念ながら会社側が欲しているのは「薬剤師」であって、最悪あなたである必要はありません。

それでも会社側には2つの不安があるためにあなたに辞めてもらっては困ります。

 

その2つの不安とは以下の2点です。

・薬剤師が来てくれない事

・問題を起こすような薬剤師がきてしまう事

 

もちろんできる薬剤師が入ってくれるにこした事はありませんが、それによって会社の売り上げが大きく上がる仕事でもありません。

すると会社的には「変化」を嫌い、できれば今の安定した体制を保ちたいと考えるのは至極当然の事でしょう。

 

もし本当にあなたが替えの効かない必要な人材であるならばあなたの辞職を阻止するために強制的にでも休みを設けたりパートの薬剤師を入れたり給料を上げたり、あなたのために大きな便宜を図るはずです。

 

それらの動きが最低限である場合、あなたはただ都合が良いから引き留められている可能性が高いです。

あなたはなかなか仕事を辞めさせて貰えませんが、それはあなたである必要は本当にあるのでしょうか。本当はただ「無難な薬剤師にいて欲しい」という事が本心ではないでしょうか。

 

「次の薬剤師が入るまで」というテンプレート

十中八九あなたは「次の薬剤師が決まるまでお願いだから続けてくれないか」と言われる事でしょう。

そしてあなたは思うはずです。

「今まで何だかんだ働かせて貰った職場だし、ここでスパッと切るのは良くない。周りの職員にも迷惑をかけるし最後の頼みくらいは聞いて円満退社しよう」と。

 

おそらくあなた以外にも、多くの人がそう思ってズルズル仕事を続ける事になると思いますが、これは大きな間違いです。

 

まず会社側にとってはそもそも「辞める」こと自体が迷惑な話し

これをあなたが次の薬剤師が入るまで続けてくれた事に本当に心から感謝する事はありませんし、あなたが感じている以上に相手は感謝していません。

あなたが辞めたらそれっきりです。

 

それをあなたの善意に付け込んで「お互いのため」といった気持ちにさせる事は賢明とはいえませんし騙されてはいけません。

そもそも新しい薬剤師がそう簡単に入る訳でもありませんので「次の薬剤師が入るまで」という安易なテンプレートに乗らないようにしましょう。

辞めると告げる事がゴールになっていないか

しかしあなたは「辞めると告げた事」で内心ホッとした部分があるのではないでしょうか。

 

やはり辞めると告げるのは勇気が必要なことです。

おそらく1~2日考えて出した結論ではなく、ずっと溜まっていた事をようやく吐き出せたのではありませんか?

 

そうなると、辞める事を告げる事が目的となり、結果辞めるに至らない状況でもあなたの溜飲はかなり下がったはずです。

「思っている事を伝えれた。これで環境が変わるかもしれない。それにやはり自分は必要な存在だったんだ」と確認できたことでしょう。

 

しかし待ってください。

 

あなたの目的は辞めることです。

それを先延ばしにされる事でのあなたへの機械的損失は大きく、給料の面や休みの面など様々な事に本当は影響を及ぼしています。

 

例えばあなたが今より年収の高い職場に転職できるとするならば今のこの時間はその年収の差額分だけ無駄にしていることになります。

もちろん会社側はその補填はしてくれません。

 

おまけに「今薬剤師を一生懸命探している」と口では言うだけで、ハローワークに求人を出すだけのやる気ゼロの一生懸命を演出している可能性も十分に考えられます。

 

なぜならあなたを引き留めていれば、どうせ辞めないだろうと思っているからです。

辞めるのはあなたの権利

しかしいきなり辞めるという事に抵抗がある場合はしっかり期限を決めて辞める事を伝えてください。

例えば「もう少しだけ残って欲しい」と言われたとしても「あと2か月後には辞めます」と期限を決めて辞めることをおすすめします。

 

仮にあなたが辞めてしまったら仕事が周らないと言われても全く問題ありません。

それ以上は薬剤師を確保できなかった会社の責任です。

 

はっきり言ってあなたには一切関係ありませんし、あなたが辞めたくなるような環境にした会社側の責任であり自業自得です。

 

それに数カ月新しい薬剤師が見つからない職場が、1年経てば見つかるかと言えばそれは全く補償のない話しであり、あなたは永遠とその職場で働かされる可能性だって出てきます。

 

そして何より仕事を辞めるのは薬剤師であるあなたの権利になります。

薬剤師が辞めれないからと言って悩む必要はゼロ

あなたが辞めると決め時の最終目標は会社を辞めることです。

決して辞めると口にする事ではありません。

 

しっかり期限を決めて2~3か月の猶予を持って絶対に辞めるという事を告げましょう。

それにより会社側も本腰を入れて薬剤師を探し始めるはずです。

 

「自分が辞めたら仕事が回らない」と考える薬剤師の方も安心して辞めましょう。

残念ながらあなたがいないと仕事が回らない事は99%ありません。

詳しくはこちらもどうぞ。

あわせて読みたい
薬剤師を辞めたい
薬剤師が人手不足で退職できない!そう思っているあなたの負けです 薬剤師の職場は少人数で仕事をこなしている所も多いです。 するといざ仕事を辞めようと考えていても 「自分が辞めたら仕事...

 

もし辞める事を話している過程で、給料の話しや休みの改善の話しがあったのであればそれに乗っかるのも自由。

しかし下手に待遇の改善を主張するのもナンセンスで、それがあなたの印象を悪くする可能性もありますので、無理に粘らずにその時はさっと身を引きましょう。

何の変化もない場合はキッパリ辞めるようにしてください。