薬剤師のお金事情

薬剤師の世間のイメージが気になる方へ。嫌われてもいいじゃない。

 

薬剤師が世間一般的にどう思われているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はネット上のあらゆる情報を収集し薬剤師に対するイメージについて紹介していきたいと思います。

メインとしては薬剤師の仕事・薬剤師の人間性・薬剤師のお金事情・薬剤師へのネガティブイメージを紹介し、総括して薬剤師のイメージついて書きたいと思います。

 

薬剤師の世間のイメージについて

薬剤師の仕事に関するイメージ

仕事のイメージ
仕事のイメージ

仕事は棚から持ってくるだけで楽そう

これからも将来安泰

薬の事なら全部知っている

 

薬剤師の仕事に関するイメージで最も多いのが「楽そう」というイメージです。

このイメージが根付いている理由はやはり相対的な忙しさが影響しているからでしょう。つまり同じ医療従事者である医者や看護師と比較された結果、薬剤師は何だか忙しそうなイメージがないし客観的に見てもハードなイメージがない事から「楽そう」だと言う印象が強いのではないでしょうか。

後は薬の専門家と言うイメージで薬には当然詳しいと言うこと。そして手に職があれば取りあえず安泰だろうと言うイメージが多いです。

 

薬剤師の人間性に関するイメージ

人間性のイメージ
人間性のイメージ

男性薬剤師は変わった人が多い

年配の女薬剤師は気が強い

頭がいい

医者より身近で親切

 

薬剤師の人間性に関するイメージは大分主観的なものが強く「男性薬剤師は変わり者」「女性薬剤師は気が強い」などの比較的ネガティブなイメージから「優しい」「親切にしてくれる」と言ったポジティブなイメージまであります。当然ながら色んな薬剤師がいるためイメージも十人十色です。

ただし若干顕著なことは、同じ薬剤師同士で見た時にはネガティブなイメージが先行し、薬剤師対患者の場合は比較的にポジティブなイメージが多いように思われます。

一方で薬剤師の人間性のイメージで一番多いのは実は「よくも悪くもない普通の人」と言うイメージが実は一番多いのではないかと思います。

 

薬剤師のお金に関するイメージ

男性の口コミ
男性の口コミ

パートでも高時給

子育てしながら十分なお金を稼げてうらやましい

6年も大学に通わせるくらいだから親が金持ちなんだろう

薬剤師は給料が高くお金を持っている

 

薬剤師のお金に関するイメージはもっぱらお金持ちのイメージが優勢です。

もちろん薬剤師が決してお金持ちではない事は明らかですが、20代で年収500万円は普通である事やパートでも時給2000円以上は担保されている事は一般的に考えると普通ではありません。これは民間企業の会社員の平均年収が450万足らずであることを考えれば明らかですよね。

もちろん一般企業の会社員に40代・50代で逆転されるわけですが、どこでも働けて年収が500万円以上は保証されている事を考えると、やはり世間的なイメージは薬剤師はお金持ちだとみられるのでしょう。

 

薬剤師に対するネガティブなイメージ

ネガティブイメージ
ネガティブイメージ

薬を棚からとってくるだけなのに高いお金を払わされてムカつく

薬剤師のくせに毎回体調を聞かれるのが面倒

お薬手帳・お薬手帳うるさい

医者へのコンプレックスが半端ない

AIにとって代わる存在

薬剤師のくせに薬のことを大して知らない

 

薬剤師に対するネガティブイメージの筆頭としては「薬を棚から取ってくるだけならば誰にでもできる」と言うイメージです。そして薬局で待たされること、薬剤師に色々と聞かれること、お薬手帳を出せと毎回しつこく言われることがより一層不満を募らせています。

これらの件に関しては薬剤師側も反論したい気持ちも大きいでしょうが、やはり世間一般的に薬剤師が一体どういう事を調剤室で行い、何のために色々と話を聞いてくるのかを知られていないことが一番の要因でしょう。

ただ実際に薬を棚から取ってくるだけの薬局もあることから、一概にこれらのネガティブイメージは的を射ている所もあるでしょう。

 

薬剤師の世間のイメージについて思う事

今回はあらゆる薬剤師の情報を収集しましたが、実際に一般人を対象とした薬剤師イメージ調査があります。

そしてこの研究結果において薬剤師はこういったイメージを持たれています。

薬剤師は社会的評 価・専門性が高い仕事であり,医師などと同様に理知的なイメージであると評価されたが,対人面では他の医療職(医師・ 看護師)とは異なり,対人親和性が低く,対人関係の重要性 については低く評価されていた  一般人を対象とした薬剤師イメージ調査

 

この調査の結果を見てもわかる通り、やはり薬剤師の評価と言うのは絶対的な1つの職業としてのイメージとしては弱く、それ故に医師や看護師などの同じ医療従事者との相対的な評価が下されると言うことです。そしてやはり医師や看護師と比べると対人業務のイメージが少ないです。

 

ひと昔と比べると遥かに薬剤師は顔の見える存在になったとは思いますが、それでも患者と薬剤師の触れ合う機会が少ない点、そして依然として「薬を渡すだけ」と言ったイメージの面が大きいのではないかと考えます。

ただし現実がどうであれ、薬剤師のイメージが大きく変えるには長い時間と仕組みが変わる必要があり、そして何より「薬剤師の仕事の明確なイメージが他の職種に比べて圧倒的に薄い」つまり「ほとんど理解されていない」というのが根源にあるのではないでしょうか。

それもそのはず、病院によく行く人はまだしも健康な人はそもそも薬剤師と接する事もなければドラマの主役になることもありませんからイメージすらなくても当然です。

 

しかし個人的に薬剤師のイメージは無理に変える必要はないと考えます。

そもそも薬剤師のイメージはポジティブイメージもあればネガティブイメージもあり、間違っている所もあれば痛い所を突かれる所もあるでしょうが、それを変えれるのはまずは薬剤師としての仕事を認知してもらう必要があるでしょう。ただ薬剤師と言う職業柄、それらのイメージを全て知ってもらうことはまず不可能です。

 

一方で薬剤師という職業の利点は患者1人1人と接するチャンスがあるということ。

この半径数メートルの人達に影響を与えるイメージが変わり半径数メートルの人に認められれば、それで一人の薬剤師としては十分はないでしょうか。